【横浜市西区修理事例】尿石が原因のトイレのつまり

トイレ

状態

いつもと変わらず、トイレを使用していたところ、トイレでつまりが発生したそうです。簡単には、つまりが解消できないか対策したものの、改善される様子もなく、「たうん水道修理センター」に連絡されました。

原因

今回のトイレつまりの原因は、下水の配管つまりが関係していました。配管内に、尿石がへばりつき、滑りが悪くなったことから汚物が溜まってしまっていました。

長期的に使用しているトイレの場合、汚れが蓄積されていき、つまりが発生することがあります。

トイレつまりは、早々に対応しないと、下水から臭いが上がってきたり、汚水が溢れてしまうきっかけになるため、速やかに水道業者に連絡することが大切です。

修理方法

トイレつまりの原因は、下水の配管つまりであったため、なかなか簡単には解消することが難しいと判断しました。まずはマスを開けて、12mmの電動トーラーを使用して貫通しました。

マスとは、住宅内にあるもので、排水管の合流部や湾曲部、勾配が変わる地点に設置されるものです。清掃や点検を実施する際に使用されることがあるため、今回のトイレつまりの原因を除去する際に使用しました。

電動トーラーとは、ワイヤーの先端にヘッドというブラシがついているもので、配管内にぶつけながら汚れやつまりを除去するものです。

多少時間はかかりましたが、綺麗に除去することで、問題なくトイレのつまりを解消することができました。

修理の時のポイント

マスを開けて電動トーラーを使用する際に、電動トーラーは絡まるとワイヤーがつぶれてしまうことから、絡まないように慎重に作業することを心がけました。

細かい力加減は、専門的な技術がないと難しく、雑に扱ってしまうと、配管の劣化や破裂を招く恐れがあります。

汚物を貫通するだけでなく、元凶の尿石も削るように丁寧に作業することを意識しました。

お客様の声

唐突に、トイレがつまってしまい、水が溢れてしまうほどでした。簡単につまりを除去する方法を実践したのですが、一向に排水される気配がなかったので、「たうん水道修理センター」に相談することにしました。

原因は、トイレの配管内に尿石がへばりついていることが関係していると言われ、すぐに対応してもらえるように依頼しました。

修理をしてもらった瞬間に、綺麗に排水されるようになったので、業者の方に感謝しています。

担当からの一言

今回のトイレつまりの原因である尿石は、長年使用しているトイレに発生することがあります。頑固にこびりついている場合は、個人での対応ではつまりを解消することが難しい傾向にあるでしょう。

「たうん水道修理センター」では24時間、水漏れやつまりなどの対応を受け付けています。気軽にご相談ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索