【横浜市旭区修理事例】トイレがつまり逆流したケース

トイレ

状態

トイレがつまってしまい、水が逆流してしまったと相談が入りました。確認すると、トイレの便器の中が満水となっており、今にも溢れそうな状況でした。

トイレのつまりは、簡単に解消できるものであれば、ラバーカップなどで除去することができます。それでも除去できない場合は、個人で対応することが難しいことがあるので、水道業者に相談することが大切です。

原因

トイレつまりの原因は、便と大量の紙を流したことが原因でした。便器の排水管は、細い形状でつまりやすい形になっていることから、大量のトイレットペーパーを流すことでも、つまりが発生することがあります。

簡単に除去できるケースもありますが、奥で詰まっている場合は、なかなか除去することが難しいので、早々に対応することが大切です。

修理方法

今回のトイレつまりが発生したことにより、汚水を汲み出し、ローポンプと薬剤を使用し、洗浄するといった対応を実施しました。

まずは汚水を汲み出さないと、便器から汚水が溢れてしまうため、最初に汚水を汲み出すことにしました。

ローポンプにより、排水管でつまっている物を押し出し、つまりを解消する方法を取りました。

修理の時のポイント

今回の修理時のポイントとしては、水面が便器ギリギリまで上がってしまっていたため、その状態でローポンプを入れると水が溢れてしまいます。

そのため、水が溢れないように汲み出し、作業することを行いました。灯油用のポンプが使用しやすいことから、この時に利用しました。

お客様の声

トイレを済ませた後に、水を流すと、全く流れないどころか、溢れそうになっていたので困ってしまいました。つまりが発生したことは明白でしたが、対応することができず、「たうん水道修理センター」に連絡しました。

連絡してすぐに駆け付けてくれて、状況を見て、適切な対応を実施してもらうことが出来て感謝しています。

今にも、汚水が溢れそうだったのに、しっかり汚水を除去してから排水管のつまりを解消してくれたので、早々に依頼してよかったです。

自分では、どのように対応すればよかったのかわからなかったので、「たうん水道修理センター」に相談してよかったと思います。

担当からの一言

トイレがつまったと連絡を受け、確認したところ、汚水が今にも溢れそうだったので、灯油用のポンプを使用し、汚水を汲み出しての作業になりました。

作業は問題なく実施することができ、お客様にも喜んで頂くことが出来てよかったです。

今回のトイレつまりは、個人で対応してしまうと、便器から水が溢れてしまいそうだったので、対応が難しい場合は水道業者に連絡して方がいいでしょう。

「たうん水道修理センター」であれば24時間、水漏れやつまりのトラブルに関して対応しています。気軽にご相談ください。

 

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索