【横浜市緑区修理事例】トイレのつまり

トイレ

状態

トイレがつまったと、相談が入りました。トイレのつまりは、症状が確認されてから、すぐに確認しないと汚水が溢れるといったトラブルに発展する可能性があるため、速やかに水道業者に相談することが大切です。

原因

今回のトイレつまりの原因は、トイレの中に子供がおもちゃを落としてしまったために発生しました。

トイレの排水管は構造上、排水管が狭いことから異物が入り込むと、すぐにつまってしまうことが考えられます。

子供のおもちゃのように、大きい物はトイレつまりの原因になるので、注意が必要です。

トイレットペーパーでも、大量に流してしまうと、つまりの原因になることがあるので、対応には十分気を付けましょう。

修理方法

今回のトイレつまりは構造上、便器を外さないと取り外すことができないため、トイレを一度外しておもちゃを取り除きました。

軽度なつまりであれば、ラバーカップなども除去することができますが、おもちゃのような大きさの物は、奥に入ってしまうと除去するのが困難になってしまいます。

そのため、便器を外してでも、取り除く必要がありました。

修理の時のポイント

修理のポイントとしては、便器は投機性であったため、割れないように慎重に作業を進めました。取り外す時も、どこかにぶつけないように、十分に作業スペースを確保した上で実施しました。

おかげで、便器にも傷をつけずに、スムーズに作業を完了させることが出来てよかったです。

お客様の声

子供がトイレをしている時に、不注意でおもちゃが流れてしまい、トイレつまりが発生してしまいました。何とかしようと思っても、奥に入ってしまったようなので、自分で対応することができませんでした。

そこで「たうん水道修理センター」に、トイレつまりについて相談しました。連絡すると、すぐに家まで足を運んでくれたので助かりました。

便器を取り外さないといけないと言われた時は驚きましたが、あっさりとつまりを解消してくれたので、早めに依頼してよかったです。

調べたところ、他社よりも安い金額で対応してくれたので、「たうん水道修理センター」に依頼してよかったと思います。

今後も、何か水トラブルが発生した時には依頼させて頂きたいです。

担当からの一言

おもちゃが入ってしまい、トイレがつまったと聞き、初めから便器を取り外すことを念頭に入れて現場を確認させて頂きました。

大きい物がつまってしまった場合、取り除くには便器を取り除く必要があります。

今回のように、少し浅い場所でつまりが発生していた場合は、比較的楽に除去することが出来るので、想定よりも早く対応することが出来てよかったです。

「たうん水道修理センター」であれば24時間、受付を実施しているので、水トラブルでお困りの際は気軽にご連絡ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索