蛇口から水漏れ

状態

蛇口のレバーを止めるところから、水漏れが発生している状態でした。それほど激しく水漏れは発生していませんでしたが、ポタポタと流れている状況だったので、放置していると被害が拡大する恐れがあります。

少しの水漏れも、被害拡大の恐れがあるので、些細な水漏れも一度業者に相談した方が良いでしょう。

またポタポタ水漏れが続くと、水道代が高くなってしまう可能性が高いので、早めに対応する方が賢明です。

原因

蛇口のレバーからの水漏れは、切り替えのレバーの中に入っている切り替えユニットという部品が古くなっていることが原因でした。

部品が古くなった箇所から水漏れが発生しているので、早めの交換が必要になります。

蛇口の内部部品などは、経年劣化によって破損することから、寿命が来る前に交換するか、定期的に点検して交換時期を業者に判断してもらうことが大切です。

修理方法

今回の修理方法としては、消耗品の切り替えユニットを交換することで、水漏れを防ぐことができました。

経年劣化によって破損した箇所の部品を交換することで、これ以上の水漏れを防ぐことに成功しています。

蛇口の内部部品は、交換するために一度蛇口自体を分解しないといけないので、技術や慣れが必要です。そのため、業者に相談して部品交換してもらうことが大切です。

修理の時のポイント

切り替えユニットを外す時に、圧力で引っ張り出すことができない時があります。強引に引っ張り出そうとすると、取れなくなってしまう可能性が高いので、慎重に取り出し作業を行うことで、無事に新しい物に交換することができました。

一般家庭では、切り替えユニットを外すことや外した後の交換に苦労することがあるので、早めに業者に相談するようにしましょう。

お客様の声

今まで続いていた、蛇口からのポタポタという水漏れが無くなってよかったです。少し修理を依頼するのが遅れましたが、無事に水漏れをなくすことができたので、水道代も元に戻るので安心しました。

「たうん水道修理センター」さんは、連絡してすぐに駆け付け、劣化した部品の箇所を交換してくれたので、早めに依頼してよかったです。

担当からの一言

蛇口のレバーを止める部分からの水漏れは、切り替えユニットの破損が原因で発生していました。内部的なことは、一般家庭で原因を判断することが難しいので、よくわからない水漏れトラブルについては、「たうん水道修理センター」に連絡してみてください。

少しの水漏れも放置すると、水道代が高くついてしまうこともあるので、早めに対策を講じておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA