蛇口の水漏れ

状態

蛇口のレバーを下におろしたとしても、水が止まりきらずに、少し水漏れが発生していました。本来であれば、レバーを下げることで水が止まるように設計されていたのですが、内部部品の劣化によって水漏れが発生している状態です。

少しの水漏れであれば、問題ないと放置していると、後から被害が拡大したり、水道代が高くついてしまうことがあるので、早めに対応を心がける必要があります。

原因

蛇口のレバーをおろしても水漏れが発生していたのは、本体の胴体の中に入っているカートリッジが破損していたのが原因です。

蛇口の内部部品も、経年劣化によって破損してしまうことがあります。予防としては、内部部品の寿命を把握しておき、早めに交換しておくか、定期点検を実施して問題がないか確認しておく方法が大切です。

修理方法

今回の修理方法としては、古いカートリッジを取り除き、新しいカートリッジに交換する対策を行いました。

この時に、内部が傷ついてしまうと、蛇口の他の部分から水漏れが発生してしまうことがあるので、内部に傷がつかないように慎重に対応させて頂きました。

一般家庭で蛇口を交換するのは、手順を間違えると大変なことになるので、業者に依頼して速やかに新しい部品に交換してもらうようにしましょう。

修理の時のポイント

蛇口の内部パーツを交換する際には、慎重に他のパーツを傷つけないように、慎重に交換する作業を実施しました。

蛇口の内部パーツを綺麗に交換するためには、技術と経験が必要になってくるので、困った時には業者に依頼することも肝心です。

お客様の声

蛇口のレバーをおろしても、なぜか水漏れが発生していたので、不安に思っていました。水道代も高くついてしまうので、何が原因かわからなかったので、対策の施しようもなかったです。

そんな時に「たうん水道修理センター」さんに相談したところ、すぐに駆け付けて、カートリッジを交換してくれて、水漏れがなくなりました。

新しい物に交換したので、ハンドルがとても軽くなり、使い勝手もよくなったのが嬉しいです。

担当からの一言

蛇口のレバーをおろしても、水漏れが止まらないといった水漏れトラブルは、家庭ではよくある問題の一つです。

内部部品が主な原因として考えられますが、部品交換するためには、一定の技術や慣れが必要になってきます。

「たうん水道修理センター」であれば、熟練のスタッフが蛇口からの水漏れトラブルなどに、素早く対応させて頂くので、安心してご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA