小田原市近郊地域密着・迅速な対応
0120-991-434
キービジュアル 男性キービジュアル 男性キービジュアル 円キービジュアル 円即解決

小田原市トイレつまり・水漏れ

トイレのトラブルお任せください
トイレのトラブルお任せください水道修理・水漏れ・つまり
最短30分で到着基本料金1000円から
36524時間受付対応中!小田原市近郊地域密着・迅速な対応ならたうん水道

タウン水道修理センター

3つの強み
3つの強み
  • 1

    明瞭会計


    明瞭会計
    事前お見積り、追加費用なし
  • 2

    スピード


    スピード
    365日24時間迅速に対応
  • 3

    修理実績


    修理実績
    月間300件以上の修理実績

まずはお気軽にご相談ください。

365日24時間受付対応中

電話からのお問い合わせはこちら
0120-991-434

\トイレつまり・水漏れはお任せください/

  • 小田原市近郊の水回りトラブル

    トイレの他にもキッチン・お風呂場など、ご自宅の水回りトラブルには全て対応可能。月間300件以上の修理実績による確かなノウハウを持っています。

  • 地域密着の緊急対応

    年中無休24時間受付。現場まで最短30分でスタッフが駆け付けます。早朝・深夜いつでもご連絡ください。

  • 時短対応&地域最安値

    大手には真似できない格安修理を実現。またスタッフの技術力が高いため短時間での修理・丁寧な後片付けまでを可能にします。

出張サービス対応エリア

出張サービス対応エリア

小田原市の区・町村名一覧

穴部 | 飯泉 | 井細田 | 板橋

扇町 | 江之浦 | 鬼柳 | 上曽我

川匂 | 北ノ窪 | 国府津 | 清水新田

曽我大沢 | 曽我谷津 | 他小田原市全域

穴部 | 飯泉 | 井細田 | 板橋 | 扇町 | 江之浦 | 鬼柳 | 上曽我 | 川匂

北ノ窪 | 国府津 | 清水新田 | 曽我大沢 | 曽我谷津 | 他小田原市全域

小田原市内での修理実績

小田原市内での修理実績

  • トイレのタンクに水が給水されない

    小田原市にお住まいのお客様から、水を流した後、タンクへと水が入らなくなったとお困りの電話が入りました。
    タンクの上に付いている手洗い管から水が出ないトラブルは、手が洗えないといった問題よりも、貯水ができなくなるため、次に使う際に水が流せなくなるのが問題です。
    原因はいくつか考えられますが、今回のケースはボールタップの不具合であることがわかりました。 タンク上に付いている手洗い管は、直接給水管と繋がっておらず、ボールタップの動きを通じてじゃばらホースを経由して給水される仕組みです。
    トイレへの給水や流水がタンク内にある極めてアナログな道具によってコントロールされているのをご存知ない方も少なくありません。
    ボールタップの浮き球を下げても水が出ない場合はボールタップの給水弁の故障となりますが、今回は浮き球を下げてみたところ給水が始まったため、浮き球か浮き球に付属しているアームが故障しているのが原因だとわかりました。
    ボールタップの故障の調査はタンクを開け、じゃばらホースをボールタップから外した状態で行います。 今回はボールタップの浮き球を支えるアームが弱っていることがわかったため、部品を交換することで修理が完了しました。

  • トイレの便器交換

    神奈川県小田原市のお客様から連絡があり、トイレの便器交換をさせていただくことになりました。 トイレは20年ほど使用されているそうですが、友達の自宅に遊びに行ったときに最新トイレを見かけて、その機能性に感動して交換を考えたとのことです。
    便器は割れなどの外傷がなければ使い続けられますが、当社では15年くらいでの交換をおすすめしています。 最新トイレは節水効果が高いですし、汚れを落としやすい陶器が採用されています。
    ほかにも便器交換に伴って給水管・排水管を一新し、水漏れの防止が可能です。 便器交換に伴って、クッションフロアの交換も行いました。
    便器の形状が変わりますので、フロアも交換しないと目立つ跡が残ってしまうのです。 便器交換においては止水栓を閉める、トイレタンク・便器内の水抜き作業などが必要になります。
    これらはお客様自身で行うと失敗するリスクがあるのでご注意ください。 たとえば新品便器を割ってしまうケースは意外と多く、これは陶器で作られているためです。
    トイレの便器交換は便器の種類によって、必要となる工具・部品が異なってくる場合があります。 今回の作業では温水洗浄便座の交換も行いました。
    購入してから20年ほど経過するそうですが、問題なく作動していました。 ただパネル部分の内部に摩耗・腐食が見られましたので、交換するべき時期だったと思います。

  • トイレつまりの解消作業

    神奈川県小田原市のお客様宅に伺いました。 トイレつまりが発生しているそうですが、トイレットペーパーは大量に流していないとのことです。
    さっそく現地出張・調査をしたところ、お客様がトイレ掃除のときに使用したスポンジが出てきました。 つまりが深部に到達していれば作業が大変になりましたが、比較的浅い場所でつまりが発生していたので作業は楽でした。
    トイレの排水管は直線だけではなく、カーブ状態になっている部位が少なくありません。 そのためスポンジやスマホ・眼鏡などの不溶物を無理に流すと、余計につまりがひどくなるケースがあります。
    つまりが深部まで到達していれば、高圧洗浄やワイヤーブラシなどによる作業が必要になりますが、今回は便器本体を取り外すだけでつまりを解消できました。 スマホや眼鏡など高価なものが深部でつまってしまった場合は、取り出すときに破損してしまうケースがあります。
    ズボンのポケットに物を入れておく習慣のある方だと、便座に座ったときに落としてしまうことが多々あります。 こうしたトラブルを回避するためには、流す前に確認することが大切ですね。
    今回の作業では高圧洗浄は不要でしたが、お客様から便器の臭いも気になるとのことで、別途洗浄作業を行わせていただきました。

  • 便器のひびからの水漏れ修理

    小田原市のお客様より、便器にひびが入って水が漏れてしまったと焦って連絡をいただきました。 トイレは強度の高い陶器製なので簡単にひび割れることはないのですが、かなり古いタイプであったうえ、用を足して立ったときにスマホを落とし、当たり所が悪くひびが入ったようです。
    用を足した直後でしたので、汚水も含まれた不衛生な水が床に流れているので緊急対応が必要です。 まずは止水栓をマイナスドライバーで回して止め、便器の中の水を汲み出す作業を行いました。
    ひび割れた隙間からの水漏れを一時的に抑えるためにも、ひび割れ箇所より水位を下げることが必要だからです。 給油ポンプを使って汲み出し、水漏れを抑えたところで、便器を交換するご提案をさせていただきました。
    突然のことで予算が限られるとのことでしたので、在庫があるシンプルな便器をご提案し、ご了解いただきました。 緊急事態に備え、常に国内トップメーカーの在庫をご用意しているのが当社の強みです。
    トイレは1日でも使えないと困りますので、即日交換ができて喜んでいただけました。
    汚水で汚れた床洗浄を行って状態を整えた後で、新しい便器に交換し、ウォシュレットの使い方などをご案内して作業は完了です。

  • トイレつまりの対応

    先日、神奈川県小田原市にお住まいのお客様から「トイレがつまってしまった」というご相談を受けました。 じっくりとお客様からお話を伺ってみたところ、便器内にアクセサリーを落としそのまま流してしまったとのことでした。
    お客様自身でラバーカップを使用して落としてしまったアクセサリーをなんとか吸引できればと試してみたそうですが、取り出すことはできなかったとのことです。 そこで当スタッフがお客様の元へ迅速に足を運び現状を確認させていただきました。
    その結果、便器内に流してしまったアクセサリーは、ラバーカップで取ることは難しく、当社ならではのノウハウを駆使して丁寧に手作業で取り出すこととなったのです。 1時間ほどの作業時間を要しましたが、無事にアクセサリーを取り出すことができ、スムーズにトイレのつまりを解消することに成功いたしました。
    トイレがつまってしまうと日常生活にも支障を来してしまうこともあるため、トラブルが発生した際には早急に対策することが欠かせません。
    当社では、スピード解決を目指し昼夜問わずご相談を承っております。 お客様のお悩みを迅速に解消できるようサポートいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • トイレの水漏れ修理

    小田原市にお住まいのお客様から水を流した際に水がポタポタと落ちている気がするので、心配だから見に来てほしいとのお電話をいただきました。
    水漏れの原因はさまざまな場所や原因が考えられますが、ポタポタと水が漏れている場合、トイレの配管部の緩みや内部のパッキンが劣化している場合が少なくありません。 お客様宅に到着し、すぐに水を流してみて配管部を確認してみました。
    配管の緩みであればナットを締めれば済みますが、今回は内部のパッキンが割れてしまったのが原因でした。 パッキンが割れたことで生じた隙間の部分から、水漏れが生じてしまったのです。
    修理方法は単純でパッキンを新しいものに交換してあげれば大丈夫です。 お客様にご案内したところ、極めて簡単な修理で済むことがわかり、大事に至らずに済んだとホッとされたようでした。
    あらかじめお電話でお使いのトイレのメーカーや型番を伺っておりましたので、サイズの合うパッキンも持参しており、すぐに交換ができました。 パッキンは2ヶ所の交換が必要です。
    止水栓を閉めてから、止水栓側とトイレタンク側の2ヶ所を交換し、再び止水栓を開けて、水を流し、漏れがなくなったことを確認して修理は完了です。

電話 アイコン

電話でお問合わせ

たうん水道修理センターなら
365日24時間受付対応

0120-991-434
メール アイコン

フォームでお問合わせ

たうん水道修理センターなら
365日24時間受付対応

問い合わせる