大和市近郊地域密着・迅速な対応
0120-991-434
キービジュアル 男性キービジュアル 男性キービジュアル 円キービジュアル 円即解決

大和市トイレつまり・水漏れ

トイレのトラブルお任せください
トイレのトラブルお任せください水道修理・水漏れ・つまり
最短30分で到着基本料金1000円から
36524時間受付対応中!大和市近郊地域密着・迅速な対応ならたうん水道

タウン水道修理センター

3つの強み
3つの強み
  • 1

    明瞭会計


    明瞭会計
    事前お見積り、追加費用なし
  • 2

    スピード


    スピード
    365日24時間迅速に対応
  • 3

    修理実績


    修理実績
    月間300件以上の修理実績

まずはお気軽にご相談ください。

365日24時間受付対応中

電話からのお問い合わせはこちら
0120-991-434

\トイレつまり・水漏れはお任せください/

  • 大和市近郊の水回りトラブル

    トイレの他にもキッチン・お風呂場など、ご自宅の水回りトラブルには全て対応可能。月間300件以上の修理実績による確かなノウハウを持っています。

  • 地域密着の緊急対応

    年中無休24時間受付。現場まで最短30分でスタッフが駆け付けます。早朝・深夜いつでもご連絡ください。

  • 時短対応&地域最安値

    大手には真似できない格安修理を実現。またスタッフの技術力が高いため短時間での修理・丁寧な後片付けまでを可能にします。

出張サービス対応エリア

出張サービス対応エリア

大和市の区・町村名一覧

上草柳 | 上和田 | 下鶴間 | 下和田

中央林間 | つきみ野 | 鶴間 | 深見

深見台 | 柳橋 | 大和市東 | 大和市南

桜森 | 他大和市全域

上草柳 | 上和田 | 下鶴間 | 桜森 | 下和田 | 中央林間 | つきみ野

鶴間 | 深見 | 深見台 | 柳橋 | 大和市東 | 大和市南 | 他大和市全域

大和市内での修理実績

大和市内での修理実績

  • トイレのパッキン交換

    今回は神奈川県大和市でのトイレのパッキン交換事例を紹介します。 トイレのタンクと便器の間から水漏れが発生していたため確認したところ、「密結パッキン」が破損しており、交換することにしました。
    トイレのタンクと便器は一体となっているわけではなく、パッキンを介してボルトで繋がれています。 このパッキンが経年劣化している場合、堅くなり割れた部分から水漏れを起こしてしまいます。
    あまり頻繁に交換するものではありませんが、10年以上使っている場合は劣化が進んでいることも少なくないため、業者に相談し点検してもらうほうが良いでしょう。 パッキンを交換するためには重い陶器製のタンクを外す必要があるので、かなり力を使います。
    また、メーカーによりパッキンのサイズも異なるうえ、同じメーカーでもサイズに種類があり、そのトイレに合うパッキンを用意できる専門知識が必要です。 トイレのメーカーによっては修理に追加の部品が必要になることもあるため、素人の方が自力で修理することはおすすめできません。
    パッキンを交換しても隙間が空いてしまってはそこからまた水漏れが発生してしまいますので、サイズの合ったものをしっかりと装着します。
    床に水たまりができていた場合や濡れている様子を発見したら、たうん水道修理センターにご連絡ください。

  • トイレの悪臭問題

    神奈川県大和市での事例です。 お客様からトイレ掃除をしっかり行っているのに悪臭が消えないとご連絡をいただきました。
    便器を確認した瞬間はきれいに掃除されている印象でしたが、便器のフチを確認すると尿石が付着していました。 ここは死角になるので汚れに気づきにくく、尿にほこりが混合することで雑菌を増殖させるのです。
    臭いは非常に正直ですので、悪臭が存在するということはどこかに原因があります。 尿石といえば男性の尿はねをイメージするかもしれませんが、洋式トイレに関しては男性・女性は関係ありません。
    アンモニア臭は鼻をつくような刺激臭で、ひどくなると目がしみることもあります。 今回の対策では見えない部分の尿石をきれいに掃除させていただきました。 清掃・換気を行ったところ、悪臭はかなり軽減しました。
    ただ完全に臭いが消えたわけではなく、これは壁に付着した臭いが原因だと考えられます。 実は壁紙にも耐用年数があり、臭いを吸着する性質があるので、定期的に張り替えをしたほうが良いのです。
    お客様に事情を説明すると、まだ交換はしなくても大丈夫とのことでしたので、消臭対策としてアンモニア臭対策のスプレーを紹介させていただきました。 このスプレーはホームセンターでも販売していますが、壁紙の種類によって相性があるので確認しておいてください。

  • トイレつまりの修理

    神奈川県大和市から、流した水が便器からあふれ出たとのご依頼を受けて大急ぎで修理に向かいました。 トイレがつまった原因は一度に大量のトイレットペーパーを流したことによるもので、以前にもトイレがつまったことがあるそうです。
    しかしそのときはラバーカップを使ったところ、無事につまりが解消したとのことでした。 ところが今回はラバーカップではつまりが解消できず、水がどんどんあふれてくるのが前回と異なっていた点です。
    そこで詳しくお話をお伺いしたところ、トイレを1日に2~3度清掃していらっしゃるとのことでした。 その際はトイレクリーナーを使い、使用後は便器に流されていました。
    トイレクリーナーは基本的に水に溶ける成分でできているため、便器に流すことができます。 ただし厚みがあるクリーナーを一度に何枚も流すと、溶け切る前につまってしまうことが少なくありません。
    今回のご依頼では大量に流したトイレットペーパーによってつまりが発生しましたが、実際には日々の清掃で流していたトイレクリーナーのつまりが原因とわかったのです。 特殊な形をしているトイレの配管のどこでトイレクリーナーがつまっているかがわからなかったため、便器を取り外して中の配管を掃除しました。
    配管の中には溶け切れずに残っていたトイレクリーナーがあり、これが原因でトイレのつまりを引き起こしたようです。 便器を取り外して配管をすっきりさせたことで、つまりは解消いたしました。

  • トイレつまりの修理

    神奈川県大和市のお客様よりご依頼を承ったときの対応事例を紹介します。 そのお客様からは電話にて「便器の中の水の様子がおかしい。水を流そうとしても流れが悪い。」とご相談をいただきました。 水の流れが悪くなった原因はいくつかありますが、その中でも多いのはやはり排水管のつまりです。
    今はまだ時間をかければ水は流れていくようですが、このまま放置しておくと状況はより悪化していき、やがて排水管が完全につまって水が逆流しかねません。 もし、トイレの様子がいつもと違うと感じた際は、すみやかにたうん水道センターにご連絡ください。
    電話を頂戴したお客様のもとへすぐさま駆けつけました。 現場の様子を確認し、施工内容やその見積もりを提示し、お客様の了承を得た後に作業の開始です。
    専用の器具を使うことおよそ1時間、便器の奥からプラスチック容器が出てきました。 お客様に伺ったところ、もともとトイレの脇に置いていたもので、いつのまにかなくなっていたので探していた品とのことです。
    固形物がトイレの中に落下し、それに気づかぬまま水を流してしまうケースは稀にあります。 トイレがいきなり壊れてしまうことはあまりなく、大抵は小さな兆候がまず現れます。
    もしそれに気づいたときは早めに当社へご連絡ください。 トラブルが大きくなる前に対処しておけば日常生活への支障も最低限に抑えられます。

  • トイレの水漏れ事例

    大和市のトイレ水漏れの現場で対応したときの実例をご紹介します。 今回、止水栓のところから水漏れがしていて休日のためどう対応して良いかわからないとのことで現場へ急行いたしました。
    止水栓を拝見したところ、確かにずっと水漏れをしている状態で雑巾を入れ替えてもポタポタと落ちている状況でした。 便器を取り付けてからすでに10年ちょっと経過されていると仰ってましたので部品の劣化だろうなと思いましたのですぐに確認させていただいたのです。
    するとやはり止水栓に使われる、水漏れしないように取り付けるゴムパッキンが劣化していました。 当店には対応できるパッキンの在庫がなく、メーカーに問い合わせたところ、まだ部品が供給できるとのことでしたのですぐに取り寄せをして後日伺い、ゴムパッキンを新しいものに取り換えさせていただきました。
    しかし、パッキンの部品は10年以上経つと部品の製造が終了してしまうことがほとんどです。 今回はたまたま在庫がございましたが、メーカーですでに在庫がない場合は新しく止水栓ごと交換しなければならなくなります。
    もし部品が供給できない場合は部品の交換を行うことをおすすめさせていただいております。 もしくは部品を変えるならまるごとトイレを新しくしたいという方もいらっしゃいましたら、新しいトイレにも交換させていただきます。
    作業は2時間程度になりますのでそのようなときはお気軽にご用命ください。

  • トイレの水漏れの修理

    今回は神奈川県大和市で起こったトイレの水漏れの事例を紹介します。 ご連絡をいただいたのは午前中のこと、「便器と床の間から水が漏れて床がびしょびしょになっている」とのことでした。
    すぐさまお客様のもとへと駆けつけ、トイレの状況を確認しました。 通常の場合だと便器と床の間はフランジやガスケットなど、特殊な部品にてしっかりと固定されています。
    しかし経年劣化が進むとそれらが緩んだり割れたりして、結果として水漏れを起こすことがあります。 このお客様のトイレも経年劣化で部品が割れていました。 水道配管の位置はどこか、トイレのタイプは何かなどを確認したうえで施工についてお客様と相談しました。
    トイレは生活必需品であるがためにその種類は豊富で、水タンクの方式や排水管の位置などもそれぞれによって異なるため、知識をしっかりと持ちさらに技術力もある業者に修理を相談することが重要です。 今回のお客様はできるだけ予算を抑えたいとのことでしたので、亀裂が入った部品の交換のみでご了承をいただけました。
    幸いにも固定用の部品以外は問題がなかったため、作業はつつがなく進みました。 紙や便を洗い流すために排出される水の量は多いですが、最近のタイプは技術が進み、一度に流れる水の量も3分の1程度です。
    新しいトイレは水漏れが起こった際の被害が少なくなるだけでなく、日々使う水の量も少ないため非常にエコロジーです。 便器の交換も承っておりますので、興味がある方は一度当社にご相談ください。

電話 アイコン

電話でお問合わせ

たうん水道修理センターなら
365日24時間受付対応

0120-991-434
メール アイコン

フォームでお問合わせ

たうん水道修理センターなら
365日24時間受付対応

問い合わせる