地域最安値!横浜市でのトイレつまり・水漏れ修理

トイレ

トイレつまり・水漏れはお任せください!

たうん水道は、横浜市近郊でのトイレのつまりなどの水回りのトラブル対応を積極的に承っております。トイレの水漏れ・つまりなど、何でもお任せください。

たうん水道は地域密着型でしか実現できない緊急対応を得意としており、ご連絡いただいてから最短30分で指定場所に駆け付けます。

また、プロフェッショナルならではの短時間対応と、確かな購買力で、地域最安値をお約束しています。

横浜市内の修理実績

トイレ排水管の異物つまり

まず、横浜市港北区でのトイレに物を落としてしまった際の対応事例をご紹介します。

お客様から電話をいただき以下のような相談を受けました。
「100円ショップで購入した掃除用のプラスチックブラシの先端が、水洗の便器の穴の中に吸い込まれたので、すっぽん(ラバーカップのことですね)で取り出せるか教えて欲しい」

当社としては、ラバーカップで押したり吸引したりしても、落下物は取り出せないと判断して現場へ急行しました。到着後現場の様子を確認した上で、便器の脱着作業を提案し、金額も提示。お客さまの了承を得た上で、作業を開始しました。

およそ1時間程度で、上の画像の通り、便器の穴の出口に見事にブラシの先端が出てきましたので、手作業で取り除いて無事解決、トイレを復旧して作業完了です。

ちなみに、汚物とトイレットペーパー以外がつまっているかも? といった心当たりがある場合、ラバーカップなどで押しても、余計につまるケースが多くみられます。トイレが詰まったままだと日常生活に支障をきたしますから、早めに水道修理屋さんを呼びましょう。

トイレの形状や使用年数によって修理時間は変わりますが、この種類の作業であればおおむね1時間程度で解決できます。

トイレ下水排水管とマスつまり

次は横浜市鶴見区で、トイレのつまりに対応した際の実例をご紹介しましょう。

トイレがつまっているという連絡をいただいたので、まずは迅速に現場に急行しました。現地の状況を調査すると、屋外の排水マスに問題がある事がわかりました。

上の画像にある通り、屋内のトイレから外部の道路にある下水排水管と排水マスが、汚物とトイレットペーパーで流れが停滞している状態でした。

そこで当社のスタッフは排水管と排水マスの清掃を提案し、内容と金額にご理解をいただいてから作業に取り掛かりました。今回は屋外にある排水マスと排水管を、高圧洗浄機を使って丁寧に洗わせて頂きました。

このようなケースだと、まず一般の方には原因の特定は不可能なので、プロでなければ対応できません。

見分け方としては、外のマスから汚物がこぼれている、トイレが頻繁に詰まる、などがあります。

この場合、ラバーカップで対応すると少しの時間は良くなることもありますが、原因が解決できたわけではないのでまたすぐ再発します。

頻繁にトイレが詰まるような状態が見られたら、下水がつまっている可能性があると考えても良いでしょう。原因が特定できたとしても、清掃は一般の方には難しいですから、早めに水道修理業者に相談しましょう。

たうん水道ですと、つまり具合や下水管の経路・長さなどにもよりますが、二時間程度の作業でつまりを解消いたします。

当社は状況に応じて複数の高圧洗浄機を使い分けるなどして、可能な限り素早い対応を心がけています。

トイレ詰まり

ローポンプ

横浜市都筑区のトイレつまりの現場に駆けつけた際の実例です。

この時はつまりの状況がひどく、ラバーカップなどでは解決が難しいと判断して、「ローポンプ」(上の写真を参照してください)という強力な水圧力を発生させる装置を使いました。

また、素早く的確に作業を終わらせるために「ピーピースルー」という薬剤も併用しました。ピーピースルーは、強力なアルカリ分でつまりの解消を促してくれる顆粒状の薬剤です。

便器の上側からローポンプで発生させた強力な水圧力を掛け、ピーピースルーを使用すると、20分程度の作業でつまりを解消することができました。

たうん水道では、ローポンプなどの専門的な道具を多数所持しており、ピーピースルーなどの薬剤の使用方法にも精通していますので、あらゆる水回りのトラブルに素早く対応することができます。

トイレタンクの水漏れ

ボールタップ

次は横浜市金沢区のトイレ水漏れ現場に駆けつけた時の作業例です。

お客さまから「トイレのタンクに入る水が止まらず、ずっと流れ続けている」という連絡をいただいて、現地に向かいました。

到着後、トイレのタンク内部を拝見させて頂きましたところ、「ボールタップ」という部品が劣化して機能していなかったために水が止まらなくなっていることが分かりました。

ボールタップはタンクの中の水面の位置が変わることを利用して、タンクに補給する水を決まった量で止める装置です。この部分が劣化していると、水が止まらなくなって、たらたらと便器に流れ続けることがあります。

この時は使用されているボールタップと同じ規格の物を持っていたので、新品と交換して確認などを行い、作業時間はほぼ40分程度でした。

画像のような構造のボールタップは、ホームセンターなどではほとんど店頭に置かれていることはありません。

たうん水道では取り寄せが可能ですが、部品注文してから中3日位お時間を頂くことが一般的です。そのため、水が止まらない状況が見られれば、状態がひどくなる前に、早めに修理依頼を頂く事をおすすめしています。

トイレの水漏れ

トイレセット

ここで紹介するのは、横浜市港北区のトイレ水漏れ現場に駆けつけた時の実例です。

お客様から「水漏れがあるけどもう20年使っていて古いから、修理ではなくてトイレ自体を取り替えたい」という相談をいただきました。

さっそくお客様のご自宅を訪問し、水道配管の位置などを確認した上で、タイプや金額などを相談しました。

トイレの交換は、現在の水タンクの方式や、排水の位置などで使用できる便器のタイプが異なりますから、しっかりとした知識や技能がある業者に相談することが重要です。

調査の上で今回のお客さまのお宅に合う便器を提案したところ、予算的にあまり余裕がない、という話を伺いました。そこでコストを下げるために便座部分は現在の物を外して使用することで、お客さまのご了解をいただけました。

上の画像のように新しい便器に交換し、給排水などをしっかり接続して、きれいに外しておいた便座を取り付けて作業は無事完了しました。

今回の作業は2時間程度で終了し、お客様にも「思ったより早かった」と喜んでいただきました。

古いトイレは水の流れる量で紙や便を洗い流す傾向がありました。しかし、現在は技術が進んでおり、水が一回に流れる量が古いトイレに比べて約三分の一程度なのに、それでもきれいに流れます。

お客さまにとっては、きれいで気持ちよく使える上に水道料金の低減になりますし、地球環境にも優しいことは私たちにも大きな喜びです。

たうん水道にご依頼いただければ、トイレ交換の作業時間は約二時間程度が標準で、お取り替えは即日に出来る場合も多いです。

「来客の予定があるのでトイレをキレイにしたい」、「新しいトイレで気持ちよく用を足したい」など、便器交換をお考えの方は当社にお気軽にご相談ください。

まとめ

たうん水道が実際に行ってきた、トイレのトラブル対応や部品交換の実例を紹介してきました。

当社は横浜周辺を中心として、水回りのトラブル対応、部品交換などを行っています。

ご連絡いただいてから最短30分で現場に到着する緊急対応、誠意あるお見積もり、水回りのプロフェッショナルとしての的確な作業などが当社の特徴です。

水回りのトラブルは、何でもたうん水道修理センターにお任せください!/

 

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索