【横浜市中区修理事例】タンク内の水が流れ続けて止まらないケース

トイレ

 

状態

トイレのタンク内で水が流れ続けてしまい、便器の中にも水が止まらないといった状況になった場合は、速やかに対処しないと、水道代が高くついてしまう可能性があります。

状況を素早く確認し、水道業者に修理を依頼することが大切です。

原因

トイレの水が流れ続けて止まらないといった症状が出ている場合、原因はタンク内の部品が傷んでいる、故障している可能性があります。

トイレの水が止まらない場合、故障が懸念される部品は「排水弁」と「ボールタップ」です。排水弁は、レバーに反応して、水を便器の中に送り込むといった部品ですが、故障してしまうと、常に水が流れるといった現象が起きます。

ボールタップは、一定の水位までタンク内の水が下がると、弁が開いてタンク内に給水が始まるといった状態になるのが特徴です。

どちらも故障してしまうと、水が止まらなくなってしまう原因になるので、早々に新しい物に交換する必要があります。

修理方法

トイレの水が流れ続けており、発生原因が排水弁やボールタップにある場合、それぞれ新しい部品に交換することで、修理を完了させることができます。

下手に触ってしまうと、より被害が拡大する恐れがあるため、部品が故障していることがわかった場合、速やかに水道業者に依頼する方がいいでしょう。

修理の時のポイント

トイレ修理の時のポイントとしては、部品がプラスチック製が多いことから、丁寧に扱わないと割れたり、亀裂が入ってしまうことがあります。

その点に注意し、慎重に修理を実施しました。

交換する際は、慎重に対応しないと、被害が拡大してしまう恐れがあるため、専門知識と技術が必要になります。

お客様の声

トイレの水が流れ続けている状態が続き、対応に困っていました。自分では何が悪いのかわからなかったので、すぐに「たうん水道修理センター」さんに連絡することに。

担当者の方は、連絡してすぐに駆け付けてくれたので助かりました。

中の部品が故障していたとのことで、速やかに新しい部品に交換してもらい、今では普段通りに使用することが出来ています。早めに依頼してよかったです。

担当からの一言

トイレの水が流れ続けて困っていると相談を受け、速やかに現場に駆け付けました。排水弁が故障していたことが原因で、トラブルが発生していたので、速やかに新しいパーツに交換させて頂きました。

トイレの水トラブルは、放置すると厄介なので、早めに「たうん水道修理センター」までご連絡ください。

24時間、水トラブルの相談を承っているので、安心してご相談頂くことができます。

今回のように、トイレの部品交換でも、慎重に対応しないと、被害が拡大してしまう恐れがあるので、専門スタッフにご連絡ください。

 

 

 

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索