排水溝には熱湯を流すべきではない?お湯を捨てるときに注意すること

キッチン

キッチンの排水溝に熱湯を流してはいけないと言われたことがありませんか。料理をするときは、煮たり、茹でたりと熱湯をつかうことが多いと思います。料理をつくるのに急いでいるときなどは、そのままシンクに熱湯を捨ててしまうこともよくあるでしょう。では、排水溝に熱湯を流してもよいのかそれとも流してはいけないのか、本当はどちらが正解なのでしょうか。

そこでこの記事では、排水溝に熱湯を流してもよいのかについて調べて見たいと思います。

排水溝に熱湯を流してはいけません

結論から言いますと、排水溝に100度近い熱湯を流してはいけません。

排水溝は水を下水に流すために排水管につながっています。この排水管は塩化ビニル樹脂製であることがほとんどです。一般的に排水管に使われている塩ビ管の耐熱性は60度~70度程度と言われています。この温度を超えるとパイプが変形したり破損したりする危険性があります。

耐熱の管を使用している場合でも90度が上限と言われており、100度近い熱湯を流してしまうと排水管が軟化したり変形したりする危険性があるのです。破損したら水漏れするのは当たり前ですが、変形した場合もパイプにゆがみが出て詰まりやすくなります。水を流したときにうまく水が流れていかず、水漏れが起きるといったトラブルにつながることがあります。

パスタを茹でたり、インスタント焼きそばを作ったりするときに、何気なく熱いお湯をそのまま捨ててしまうことも多いと思います。しかしパスタを茹でた直後の熱湯などを流した場合、明らかに耐熱性の上限を超えています。パイプが破損したり変形したりする可能性が非常に高くなるので、熱すぎるお湯を排水溝に流すことはやめた方がよいでしょう。

それでは、熱すぎるお湯とは具体的に何度なのでしょうか。これは塩化ビニル樹脂製の排水管の耐熱温度である60度~70度を超える温度のお湯のことです。つまり、お風呂のお湯の温度ぐらいなら問題はないのですが、沸騰したお湯となると100度近くまで温度が上がっているので、そのまま流してしまうと危険です。

実際は、お湯は流れながらどんどん冷えていくので、多少の熱湯を流しても問題が起こることは少ないのですが、大量の熱湯を流すと、お湯が冷え切らずに排水管が破損する恐れがあります。お湯を捨てるときは、水を入れて温度を下げてから排水溝に流すか、別の容器などに移し替えて温度が下がるまで待ってから流すとよいでしょう。

排水溝掃除には適度なお湯が便利

熱湯を排水溝に流してしまうと、塩化ビニル樹脂製の排水管が変形したり破損したりするので、たとえ急いでいても避けるべきです。お湯を捨てるときは、水を入れたり、捨てるのをしばらく待ったりして温度を下げてから捨てるようにしましょう。

このように書いてあると、どんなときもお湯を捨ててはいけないような気がします。しかし、適度な温度のお湯はキッチンの掃除にとても役に立つのです。

また、排水管には調理中や食器を洗ったときの料理の残りかすや洗剤のかすなどの油成分が大量に流れていきます。油は排水管の中で冷えて固まってこびりついていき、このこびりついた油がトラブルのもとになるのです。排水溝の嫌な臭いのもとになるだけでなく、放っておくと詰まりの原因になることもあります。

排水管を詰まらせないためにも、こまめに排水管の掃除をする必要があるのですが、皆様はどのように掃除しているでしょうか。

たいていの人は、排水管をきれいにするために洗剤を使ったり、パイプクリーナーを使ったりしていると思います。しかし、これらの方法よりも簡単にできる掃除の仕方があるのです。

それは、排水管にお湯を流すことです。お湯を流してはいけないと言ったばかりですので、奇妙に感じる方もいると思いますが、これはとても簡単な理屈なのです。

さきほど説明したように、排水管が詰まる原因は、料理や洗剤などの残りかすに含まれた油です。この油が排水管の中で固まるのを防ぐことができれば詰まることはありません。

皆様もご存じのように、油は温度が低いときは固体ですが、温度が高くなると液体になる物質です。つまり、お湯を流して油を溶かしてしまうことで詰まることを防ぐことができるのです。毎日寝る前に洗面器1杯のお湯(45度~50度)を排水溝に流してください。そうすると、油が完全に固まる前に流れ落ちてくれますので汚れが溜まりにくくなります。

割と簡単にできる方法なので、排水管の汚れに困っている方は試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

排水溝に熱湯を流すのは、排水管の変形や破損につながりますのでやめた方がよいでしょう。60度を超えるお湯を捨てると、塩ビ管でできている排水管に悪影響を与える可能性があります。お湯を捨てるときは、十分に冷ましてから捨てるか、水を入れてお湯を冷ますなど注意するようにしてください。

たうん水道修理センターでは、お風呂場・キッチン・トイレでの水漏れや詰まり、あらゆる水回りトラブルに対応しています。横浜・神奈川県全域への出張修理も行っています。水漏れなどのトラブルが発生してしまったら、たうん水道修理センターまでご相談ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索