排水溝からポコポコと音が鳴る?原因と対処方法

キッチン

自宅のキッチンや洗面台、トイレからポコポコという異音を聞いたことがある方は、意外と多いのではないでしょうか。しかし一時的なものだからと特に対処はせずにそのままにしている方もいらっしゃると思います。この音がなぜ鳴るのか?鳴った時にどうすべきか?説明していきます。

音の原因

初めに、音の原因について考えましょう。異音にはいくつかのパターンがありますので、今までご自身が経験した状況の特徴と照らし合わせてみてください。思い当たるものや、当てはまるものがあるかもしれません。しかし専門的な判断は個人では難しいので、ご自身で決めつけずにあくまで参考程度に考えてください。

つまりの予兆

一番多い原因はやはり「つまり」です。これはすべての場所で考えられる要因です。排水管や下水管のどこか一か所でも狭くなると、水がいつも通りにそこを通れずに空気を上に押しあげます。その空気が排水溝に溜まっている水を動かして異音を立てるのです。特に何か大きなゴミを捨てるわけでもなく、日常的に使用しているだけでも日々汚れは蓄積してしまうため、定期的な清掃は必要不可欠です。

まず、キッチン汚れの代表は「油、生ごみ(食品)」です。油をそのまま流すことがなくても、調理に使用した油はそのまま流れてしまっています。油は冷えると固まって排水管の中に付着します。また、油がそのまま流れていけば下水処理施設の機能を低下させてしまったり、生物や自然にも甚大な被害を及ぼしたりする可能性があります。出来る限り流さない工夫が必要でしょう。その他にも、誤って流してしまった小さな食器や調理用具が詰まってしまう事もありますので、キッチンではネット等を活用して固形物は出来る限り流さず回収するようにしましょう。

トイレのつまりも多くは清掃不足や異物の混入です。長年掃除を怠っていれば、汚れはこびりつきますので、定期的な清掃を行う習慣を付けましょう。また、意外に多いのがトイレの中に異物を落としてしまう事例です。トイレの中に持ち込んだものや、ポケットの中からの落下物など、思わぬものが排水溝につまってしまう場合があります。自分の不注意で思わぬ事態を招いてしまわないように、日常生活の中でも少し気をつけてみてください。

雨量の増加

近年はゲリラ豪雨や台風などの大雨が頻発しています。そのため低い土地の地域などでは、雨量が増加したことでこのような音が出る場合もあります。これは特に下水施設に問題があるわけではなく、大量の雨水が汚水管に流れ込むことにより、汚水管の中の空気が上に押し出されることが原因です。

ポコポコという音は空気が立てる音なので、必ずしも逆流の予兆というわけではありません。しかし長時間の大雨によりこの音が鳴っている最中には、入浴や洗濯やトイレを流す事は控えた方が良いかもしれません。もしトイレの流れづらさに気付いたり水位が上がってきた時には、逆流が起こる可能性もあります。多くの場合は時間とともにおさまりますが、もしも不安を感じた場合は簡易的な水のうでトイレや排水溝をふさぎましょう。

その他の原因

一時的な音の原因は他にもさまざまにあります。例えば集合住宅の場合は、単純に他の部屋の住人が水を使っているという場合があります。これは多数の部屋の住人が大量の水を流した時に、排水トラップという場所に溜まった水が吸い込まれる音です。

排水トラップとは排水管の途中にある、下水の悪臭やガスや害虫が室内に入るのを防ぐ構造(装置)のことを指します。排水トラップは常に水の蓋により悪臭等の遮断をしているので、一時的にその水位が下がり下水の臭いが戻ってくることがあります。そのときには水を流すことで臭いが防げますので、夜中の不意のポコポコ音には試してみてください。

また、構造上の問題で排水がスムーズでない場合にも音が鳴ることがあります。一例として1階と2階のトイレの排水が合流する仕組みだと、一方を流すとその水の流れに水と空気が引っ張られます。そして防臭の役割をしているトイレの水たまり部分の水面を引っ張ろうとしてしまいます。すると排水管に負担がかかり、管内の空気が引っ張られてしまい、他の部分の排水トラップにも影響を及ぼしてしまうのです。こういった排水管内の空気がスムーズに流れない場合は、「通気弁」という部品を取り付ければ解決することが多いです。

異音を放置するとどうなる?

上記のように、異音の一番の原因は「つまりの予兆」です。音自体は一時的でも、決して放置していいものではありません。「予兆」を放っておくと、いずれは必ず排水溝はつまってしまいます。音がするのはあくまで第一段階で、排水溝の流れまで悪くなってきたら要注意です。もしも排水溝がつまってしまったら、下水の逆流だけでなく水漏れなどの二次被害を生む場合もありますので、一刻も早く対処をして下さい。

まず、「つまり」の一番の解消方法は掃除です。排水管や下水管をきれいにすることで、ほとんどの「つまり」は解消されます。自分で掃除をする場合は市販の清掃グッズを試してみましょう。しかし、洗浄剤やパイプクリーナー、ワイヤーブラシなどを使用しても「つまり」が解消されない場合は、業者を呼んで清掃を依頼した方がよいでしょう。

排水溝の中は目視で汚れを確認することができません。どれほどの汚れが溜まっているのか、洗浄によってどれくらい綺麗になったのかが分からない状態での清掃は大変難しいです。また、排水管、下水管のどちらの汚れが原因かも判断がつきません。場合によっては自分の清掃自体が無意味だったということもあり得ますので、原因がわからない時や、現状に不安を感じた場合は専門の水道業者に洗浄を依頼することをおすすめします。まず状態をきちんと伝えたうえで、高圧洗浄などの適切な対応をしてもらいましょう。

また、排水管や下水管の老朽化から不調が生まれる場合もあります。これを個人で判別することはとても難しいでのすが、老朽化した排水管は「つまり」を引き起こすのも非常に早いです。どちらにせよ、流れの悪さに気が付いたら早急に対処するに越したことはありません。

まとめ

排水溝が立てる音について、少しでも知ってもらえたでしょうか?知識があれば、いざという時も慌てずに対処が出来るかと思います。また清掃を行う習慣がない方も、これを機に定期的な排水溝の清掃を実行してみてください。日常生活を送っているだけで、誰にでも起こりえるトラブルなので、できる限り事前に対策をしておくようにしましょう。しかし目に見えない部分の異常は個人ではどうしても手が出しにくいものです。無理して自分で対処しようとせずに、業者に相談しつつ落ち着いて対応してください。

「たうん水道修理センター」では、ありとあらゆる水回りのトラブルを解決しています。短時間修理を得意とし、専門業者だからできるプロフェッショナルな仕事に定評があります。排水溝音が気になる方は、一度たうん水道修理センターへご連絡ください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索