排水溝に物を落とした時の対処法とは?注意点や予防策を解説

トイレ

日々の生活の中で一度は排水溝に物を落とした事がある方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事では排水溝に物を落とした時の対処法や注意点、その際に対応を業者に頼むべき理由から、同じミスを起こさないための予防策について詳しく解説します。

排水溝に物を落とした時の対処法

排水溝に物を落とした時に最初にする事は、物を落とした時に水を流さないようにすることです。

排水溝の奥の排水管には異物などを止める水たまりがあります。(排水トラップとも言われています)大抵は中に入った異物がそこで止まっているケースが多いので、間違えて水を流してしまわないように気を付けましょう。

最初の注意点を守りつつ、排水溝に物を落とした時に出来る対処法として以下の方法が挙げられます。

素手で取る

ゴム手袋を使って素手で取るという方法があります、目で確認できるくらい近くにあれば取れる可能性もあります。

しかし排水溝の構造によって取れない事もあります、それに排水溝自体、そこまで綺麗ではないので清潔かどうか気になる方にはあまりお勧めできません。

排水管を分解して取り除く

排水溝につながっている排水管のネジやナットを工具で分解して取り除く事で排水トラップに残っている場合もあるのでやってみる価値はあるでしょう。ホームセンターで買えるモンキーレンチやドライバーで取り外す事ができます。

注意点として分解中に水がこぼれることがあるので、床が水浸しにならないようにタオルなどを準備しておきましょう。

また、下水道の方につながっている配管は異臭を放つことが多いので、タオルを配管に押し込むか、マスクをしてから作業に取り掛かると良いでしょう。

そして分解後もちゃんと元に戻しておかないと、水漏れの原因になってしまう事もあります。そのため分解する時は、外した部品を無くさずに元の状態に戻しておきましょう。出来れば、再度水を流してみて大丈夫かどうか、確認してみると良いでしょう。

掃除機で吸い込んでみる

小さい物を落とした時なら掃除機で吸い込んで取り除く事もできます。その際にホースの先にストッキングなどをつけておくと、そのまま掃除機の中に吸い込んでしまうことなく、落としたものを取る事ができます。

しかし、水分や他のごみも一緒に吸い込んでしまい、掃除機自体が壊れたり、掃除機のエンジン部分に水が入りショートしたりといった二次被害が起きる事があるため注意が必要です。

上記の方法でも取れない場合には、業者に連絡してみましょう。多少お金がかかりますが、確実に取ってもらえる方法です。

割りばしと両面テープを使う

割りばしに両面テープを貼りつけて、溝に入れてから引き上げるという方法です。割りばし以外にも針金でも代用する事も出来ます。

ただこの方法は目に見える場所でないと、さらに割りばしごと落としてしまうなど失敗してしまう可能性が高いので、目に見えてわかりやすい場所にある時にだけにしておきましょう。

物を落とした時の注意点

最初に挙げたとおり、中に落としてしまったことに気づいた時点ですぐに水を止める事を心がけましょう。他にも、針金やお箸など長い棒などで確認はしない方が良いです。

間違えて、針金などを落としてしまう事で落としたものを奥の方に押し込んでしまう事、排水溝や排水管に傷をつけてしまう事もあり得ます。

いらない物であればそのまま放置してしまう方もいるかもしれませんが、放置しておくと排水ポンプが詰まって水が流れなくなります。

いらない物であったとしても今後のためにも放置せずに取れるかどうか試して、厳しければ業者に頼みましょう。

業者に頼む方が良い理由

自力で解決した方が金銭的にも助かりますが、業者に頼む方が良い場合の方が多いです。その理由として、以下のようなことが挙げられます。

自力で解決するより早く解決する

自力で解決するという事は準備が必要です。さらに取れるまで何度か挑戦していく内に時間が過ぎる事を考えると、プロに頼む方が早く解決する事が多いです。

不安が解消できる

取り除こうとしてもうまくいかない場合、だんだんと不安が募ってきます。

また不安からの焦りで使っていた道具を落としてしまう事や、排水管の分解をしたものの元に戻せなくなるといった不安を増幅させる前に業者に頼むべきです。

特に目に見えない場所にある物ならなおさら、どこに物があるのかを調べて貰い、ちゃんと取り除けるのか確認してもらった方が心理的にも安心できます。

出費がさらにかさむ可能性も有り

自力で取り出そうとして排水管を傷つけてしまい、水漏れが起きる原因を作ってしまう事で、さらに修理費までかかってしまう可能性があります。

出来るだけ出費を抑えるためにも業者に頼む方が良いケースが多いです。

リスクが少ない

自力で取る場合は成功すれば良いですが、いざやってみると失敗してしまうことが多いです。

水回りのトラブルに詳しい業者に頼む事で失敗してしまう事もなく、手早く丁寧に解決してもらえる可能性が高いでしょう。

物を落とした時の予防策

同じミスをしない事が一番大事ですが、ミスをしないための予防策を立てておくべきです。

小さい物は洗面台など水回りの近くに置かない

排水溝に落としてしまう物は小さい物が多いです。小さいものは排水溝の中に落としやすいので、水回り関係では小さい物(アクセサリーなど)は置かない、そして触らないようにしましょう。

道具を使う

排水溝の近くにいらないタオルを置いておくか、他にもヘアキャッチャーといった小物などを落としてもそこで止めてくれる道具なども売っているので、予防できる道具を積極的に使いましょう。

業者の人に対策を聞いてみる

詰まりを直してもらった後も、今後、同じ事が起きないようにどうしておくべきか聞いてみるのもひとつの手段でしょう。出来る限りの予防策を提案してくれる可能性が高いです。

まとめ

特に水回りはよく物を落としやすいです。無事に物を回収出来た後でも、また同じミスをしてしまう事は多々あります。

そのためアクセサリー系などの小さい物を扱う時は、タオルやヘアキャッチャーなどの予防できる道具を使用しておきつつ、落としそうな小さい物は出来る限り注意して扱うようにしたほうが良いでしょう。

たうん水道修理センターではどんな水回りのトラブルにも対応しています。水漏れ以外にも物が詰まってしまった場合や、放置して悪化した場合でもすぐに直す事が出来ます。また密着型会社として地域最安値で、対応しております。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索