マンションで水が出ない!その理由についてわかりやすく解説

洗面所

マンションに住んでいていきなり水が出なくなるのであれば、かなり焦ってしまうのではないでしょうか。水が出なくなれば、お風呂やお手洗いなどが使えず、生活に支障が出てくることになります。

今回はマンションに住んでいて水が出なくなる原因を紹介すると共に、あらかじめ水を備えておくことの大事さも解説しています。

マンションに住んでいて水が出ない主な原因

水道代の滞納が無いかどうか確認する

マンションに住んでいて水が出ないのであれば、まず疑うのは水道代の滞納が無いかどうかです。もし水道代の滞納があれば水道局から何らかの連絡があるはずですので、そこできちんと滞納した分の支払いを済ませてください。適切に対応をしていないと水が出なくなることにもなりかねません。

滞納したからと言ってもすぐに水が出なくなることはありませんが、水道局から督促状などが来ることは十分にあります。何か月も滞納している状態であれば、さすがに水が出なくなる可能性が高くなります。

断水の予定がないかどうか確認する

元栓が開いているにもかかわらず水が出ないのであれば、もしかすると断水の可能性があります。マンションであれば棟の入り口近くにその旨の張り紙があらかじめ掲示されているでしょうし、張り紙に断水の予定があれば予定時間を過ぎれば間違いなく水が出ます。マンション入り口の掲示物には重要なことが記載されていたりしますので、よくチェックしておいてください。

断水の予定が無くても、地震などの自然災害が影響して断水に陥ることがあります。自然災害による断水の場合は、復旧するまで待つ必要があります。復旧状況については管理人に尋ねてみたり、張り紙をチェックしたりすることで確認をすることが可能です。

元栓が閉まっていないかどうか確認する

水回りのトラブルの場合や引っ越ししてきた直後の場合であれば、元栓が閉まっているかもしれません。周りの家は水が出るけれども、自分たちの家は水が出ない、というのであれば間違いなく元栓をチェックした方がいいでしょう。

元栓が閉まっていれば当然ながら蛇口をひねっても水が出ませんので、元栓を開ける必要があります。マンションの場合は玄関を出たところのボックスにある水道メーター近くに元栓が存在しますので、それを開けてください。

家の中にある特定の蛇口だけ水が出ないのであれば、止水栓が閉まっている可能性があります。下の方にある止水栓を開けると水が出てくるはずです。

水道管が劣化しているかどうか確認する

マンションが建って10年以上経つと、経年劣化により水道管が劣化することがあります。築年数が経っていくにつれて劣化の可能性があるということです。逆に10年以内であれば、自然災害に遭ったことを除いて水道管が劣化することは考えづらいでしょう。

この場合、解決する方法は水道管を修理することですが、ここで安易に自分たちが責任を持つ必要はありません。水道管が劣化していることが原因で水が出ない可能性があるのであれば、管理人に連絡をするべきです。

水道管が凍結しているかどうか確認する

冬場で氷点下近くになると、水道管の凍結の可能性が出てきます。

また、水道管の凍結がきっかけで水道管の破裂が起こりやすくなりますので、二次被害にも注意をしてください。実際に破裂が起こったのであれば管理人にすぐさま伝えるべきです。

実際に凍結していたのであれば、凍結した水道管や蛇口に対してタオルをかぶせて、その上にぬるま湯をかけることで溶かすという方法があります。凍結した水道管や蛇口に直接お湯をかけると破損する可能性がありますので、絶対にやらないでください。

そもそもの水道管の凍結を防ぐために、あらかじめ元栓を閉めて水を抜くことが有効です。水が流れていなければ凍結することはありません。また少量の水を水道管に流し続けることでも凍結を予防することが可能です。

給水設備のトラブルが起きているか確認する

マンションでは、水をきちんと各家庭に供給するために、あらかじめ貯水槽に水を溜めてから給水ポンプから配水します。水道管に問題がないのであれば、これらの給水設備のトラブルによって水が出ないことが考えられます。給水設備は電気で稼働することになりますから、停電にも注意してください。

なお、給水設備のトラブルが起きた場合には、マンションの住人に非は全くありません。

水が出ないトラブルは管理人に連絡する

水道料金の滞納や元栓を締めっぱなしになっているなど、本人のミスの類であればすぐに解決できるはずです。しかし中にはマンション自体の問題もあり、自分たちだけではどうにもできないこともあります。

とくに排水管や給水設備の問題であれば、これはマンション全体の問題になりますので、何かあったならば管理人に連絡を行うべきです。自分たちでいきなり修理業者に連絡してしまうと責任の所在がはっきりしなかったりしますので、管理人に連絡をしてから適切な対処を行うことになります。

日頃から断水に備えておく必要がある

一戸建てに比べると、マンションのほうがあらゆる理由で水が出なくなる可能性が高くなります。水が出なくなる可能性があるならば、あらかじめ備えておくことが肝心です。とくにタワーマンションの上の方に住んでいるのであれば、断水した時にエレベーターが使用できないことも考えられますので、そういう事態に陥った時でも水の備えがあれば安心できます。

水の備えの仕方としては、あらかじめ予備のミネラルウォーターを準備することはもちろん、台風などの予兆があれば何かに使えるように風呂場に水を貯めておくなどがあります。

まとめ

マンションに住んでいて水が出ない原因はいくつか考えられますが、まずは元栓が開いているのかどうか確かめることから始めましょう。元栓が開いているならば、別の原因を順番に探っていけばいいでしょう。中には自分たちに原因が無いこともありますので、何かあれば管理人に連絡をするようにしたほうがいいでしょう。

管理人と話をつけた上で水が出ないということであれば、たうん水道修理センターまでご連絡ください。水回りのトラブルを多数解決してきた実績がありますから、ぜひともお任せください。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索