【横浜市鶴見区修理事例】洗面台のつまり

洗面所

状態

洗面台がつまってしまい、水が流れない場合、そのまま使用してしまうと水が溢れてしまうことがあります。

洗面台のつまりは、早々に対応しないと、排水管に負担をかけてしまい、劣化や破裂の原因になってしまう恐れがあるため、早急に水道業者に依頼することが大切です。

原因

今回、洗面台のつまりが発生した原因は、普段使用している洗剤やお子様の習字の墨を流してしまったことが関係していました。2日に1回程度は、習字の墨を流しているということもあり、頻度が高いことが洗面台のつまりを誘発した可能性があります。

また洗面台に、髪の毛も流していたということもあり、墨と髪の毛が絡まったことで、排水管の中でヘドロになったことがつまりの原因として考えられるでしょう。

修理方法

洗面台のつまりを解消するため、修理に「ローポンプ」を使用しました。ローポンプは、圧力ポンプとも呼ばれるもので、圧力をかけることで、排水管の中につまっている物を押し出すことができます。

ローポンプを使用すれば、軽度のつまりであれば、簡単に除去することが可能です。

修理の時のポイント

洗面台のつまりを修理した際のポイントとしては、洗面化粧台をローポンプで貫通する場合に、真空状態を作り出す必要があるところです。

最近の洗面所は、水が溢れないようにするため、オーバーフローの穴があるケースがほとんどになります。この時、ローポンプで真空状態に使用としても、穴から圧力が逃げてしまうことがあるのです。

そのため、修理する際に穴を塞いで作業を実施しました。穴を塞ぐための手段としては、雑巾などを使用して、簡易的にオーバーフローの穴を塞ぎます。

オーバーフローの役割は、洗面台に水を溜めても溢れないようにするためですが、今回の修理の際には邪魔になってしまうため、穴を塞ぐ必要がありました。

お客様の声

いつも通りに洗面台で水を使用していたところ、水が流れずに溢れてしまうくらい、つまってしまい困っていました。

「たうん水道修理センター」さんに連絡したところ、すぐに駆け付けて、髪の毛や墨がつまっていると、原因を特定してくれて安心しました。

対応も早く、速やかに洗面台のつまりを解消してくれたので、とても信用できる水道業者です。

担当からの一言

今回の洗面台のつまりは、頻繁に習字の墨を流したことが原因であると考えられます。そのため、できるだけ墨の対処法は、別の手段に切り替え、洗面台がつまらない工夫が必要になってくるでしょう。

今回は、軽度なつまりであったことから、速やかにつまりの原因を排除し、問題を解決することが出来てよかったです。

「たうん水道修理センター」では、水漏れ・つまりに対応しているので、気軽にご相談ください

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索