【横浜市金沢区修理事例】給水管が折れて玄関先に水たまりができた

キッチン

状態

玄関前に水たまりが出来ており、穴を掘ってみたところ給水管が折れていたことで水漏れが発生していました。給水管の破裂は、速やかに対処しないと、水道代が余計にかかってしまうだけでなく、周囲が水浸しになってしまいます。

速やかに対処する必要があるため、様子がおかしいと感じた場合は、水道業者に連絡することが大切です。

原因

地中にあった給水管が破損した原因は、塩ビ給水管と鉄管の老朽化でした。老朽化した結果、給水管が折れてしまい、水漏れしたと考えられます。

給水管が折れてしまった場合、すぐに処置を施さないと水漏れが解消されることがないため、速やかに対応が肝心です。

修理方法

地中にある給水管の修理は、傷んでいる箇所を切り離し、新しい水道管と繋げることで、水漏れを解消することができました。

一度折れてしまった給水管は、折れた箇所を修復しても、老朽化が進み、他の部分で水漏れが発生してしまうことがあります。

そのため、折れてしまった給水管は交換してしまった方が対応としては早いでしょう。

修理の時のポイント

戸建て住宅の口径サイズは、13ミリ・16ミリ・20ミリ・25ミリが一般的になります。作業している間は、断水になってしまうため、断水の時間をなるべく短くするために、事前にサイズを確認して作業に取り掛かりました。

作業は、多少時間がかかることが予想されるので、時間をかけすぎてしまうと、生活に支障をきたしてしまうことがあります。そのためにも、早急な対応に臨みました。

お客様の声

気付けば、自宅の玄関前が水たまりになっており、穴を掘ったら給水管が折れていました。初めてのことだったので、かなり焦っていたことを覚えています。

すぐに水道業者に連絡しようと、知人に紹介してもらった「たうん水道修理センター」に依頼しました。

担当者の方は、連絡してすぐに駆け付けてくれたので感謝しています。給水管を交換するまでは、断水するという話だったのですが、意外と早く作業を完了してもらうことができたので、よかったです。

今では快適に水を使用することができ、濡れていた玄関先も水たまりがなくなってスッキリしました。

素早い対応に、格安料金での対応を実現してもらうことができたので、今後も「たうん水道修理センター」に依頼させて頂きたいと思っています。

担当からの一言

戸建ての玄関先で水たまりができたと話を聞き、急ぎ駆け付けました。原因は、地中の給水管が折れていることでしたが、速やかに対応することで、無事に作業を終えることができました。

給水管が折れたというトラブルは、すぐに対応しないと、被害が拡大してしまう恐れがあります。早めに水道業者に連絡することが肝心です。

「たうん水道修理センター」であれば、24時間受付しているので、水トラブルの際は気軽にご相談ください。

 

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索