【横浜市神奈川区修理事例】洗面台の配管のヒビ

洗面所

状態

洗面台の配管にヒビが入ってしまった場合、水漏れが発生する恐れがあります。速やかに対応しないと、家の中が水浸しになってしまう可能性があるでしょう。

原因を特定し、速やかに水道業者に修理してもらう必要があります。

原因

 

洗面台の配管にヒビが発生した場合、考えられる原因として、配管の老朽化が考えられます。通常は長持ちする配管ですが、長期の利用や井戸水を引いている場合は、老朽化が早い傾向にあるのです。

水道水よりも、井戸水の成分の方が配管を痛めやすく、劣化を早めてしまう傾向にあるので、井戸水を引いている家庭では洗面台の配管の老朽化が進んでしまう可能性があります。

井戸水は雨水が時間をかけて地中に浸み込んだ水であるため、様々なミネラル成分が含まれているのです。

ミネラル分は、人間にとって有用な水であっても、配管にとっては劣化を早めてしまう結果に繋がるため、利用する際には十分注意が必要になります。

 

修理方法

 

洗面台の配管にヒビが入ってしまった場合は、化粧台と配管を交換することが望ましいでしょう。

老朽化している場合は、修理をしたとしても、他の部分で劣化が進行し、何度も修理を行う必要が出てきます。

そのため、早めに化粧台と配管をセットで交換し、被害の拡大を防ぐことが肝心です。

 

修理の時のポイント

洗面台の修理を行い際、修理のポイントとしては、オスねじが折れて、メスねじの中にオスねじが残ったというケースには、内径レンチを使用してオスねじを取り除くといった対処法が有効です。

ただ水回りの修理は、個人で対応すると、被害を拡大させてしまうことに繋がる可能性があります。

自分で対応することが難しい場合は、早急に水道業者に対応してもらうことが重要です。

お客様の声

洗面台の配管からヒビ割れが発生し、水漏れがひどかったので、かなり焦っていました。急いで業者に連絡したところ、速やかに対応してくれると回答してくれたのが「たうん水道修理センター」でした。

地域密着型と言われているだけあって、連絡してすぐに駆け付けてくれたので助かりました。

対応も素早く、あっという間に洗面台からの水漏れを防いでくれて感謝しています。恒久的には、化粧台と配管を交換することで、今では普段通りに使用することが可能です。

 

担当からの一言

洗面台の配管にヒビが発生した場合、まずは止水栓などを締めて、水漏れを防止することが大切です。その後、配管のヒビを解消するためには、化粧台と配管を交換する必要があります。

「たうん水道修理センター」では、24時間水回りのトラブルに対応しているので、気軽に相談して頂くことが可能です。

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索