蛇口の老朽化

状態

古いタイプの水とお湯が別々の蛇口から出る物だったのですが、老朽化が激しくなっていました。そのため、新しい蛇口と交換して、使い勝手が良い蛇口に変更することに。

蛇口の寿命は平均10年程度と短い傾向にあり、使い方によっては平均寿命よりも短くなってしまうこともあります。

そのため、老朽化によって破損する前に、新しい物に交換することは、被害を抑制するためにも肝心です。

原因

古いタイプの蛇口で、老朽化も激しかったのですが、水漏れが発生するなどのトラブルはありませんでした。ただお客様の要望が、現在の蛇口では不便に感じることが多いことから、新しいタイプの蛇口に交換してほしいとのことでした。

蛇口は、内部部品が劣化しただけで水漏れが発生することがあるので、早めに新しい物に交換する判断は大切です。

利用年数が経っている場合は、故障していなくても早めの交換を行うようにしていきましょう。

修理方法

今回は古いタイプから、新しい蛇口に交換する流れとなっています。現在の蛇口の場所に取り付ける際に、適切な蛇口をお客様と話し合いながら決めていきました。

そのため、お客様が納得して頂ける内容で、蛇口を取り付けることが出来てよかったです。

修理の時のポイント

今回の修理の時のポイントとしては、蛇口下にある観音開きの棚から作業を実施しました。この時に、何らかの衝撃やトラブルで水漏れが発生しないように、慎重に交換作業を行うことが出来てよかったです。

蛇口交換の際に、無理に古いタイプの蛇口を引っ張ったりすると、水漏れの原因になってしまうことがあります。

そうならないためにも、出来るだけ慎重に蛇口交換を実施させて頂きました。

お客様の声

故障はしていなかったのですが、以前の古いタイプの蛇口は、使い勝手が悪かったので、交換したいと思っていました。

そこで、新しい蛇口に交換したことで、とても使い勝手がよく、綺麗な蛇口になって嬉しいです。

「たうん水道修理センター」さんの対応は素早く、納得いく形で蛇口の交換を実施してもらうことが出来て感謝しています。

今後も何かあった時には相談させて頂きたいです。

担当からの一言

蛇口にも使用年数が設けられており、平均寿命を過ぎると、破損リスクが高くなってしまいます。そのため、今回のように、早めに蛇口を新しい物に交換する対策は重要です。

故障してしまい、水漏れが発生してからでは、対応が後手に回ってしまうことがあります。

事前に、トラブルを予防するためにも、新しい蛇口への交換を検討することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA