トイレの凍結の予防法はどうすればいい?原因や症状について解説|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレの凍結の予防法はどうすればいい?原因や症状について解説

トイレの凍結は、寒い地域だけの問題に限らず、多くの場所で起こり得る現象です。

寒冷地以外でも、使用状況に応じてトイレが凍結するリスクがあり、適切な凍結防止策を講じることが大切です。

しかし、凍結防止の方法を知らない方も多いかもしれません。

この記事では、トイレが凍結した際に生じる問題点や効果的な凍結防止方法、注意すべきポイントについて詳しく解説します。

凍結防止策についてお悩みの方は、是非この情報を参考にして下さい。

この記事では、トイレの凍結防止が特に重要な環境や凍結の原因について詳しくご紹介します。

トイレ凍結の原因

油断していると、思わぬタイミングでトイレの凍結トラブルに見舞われる可能性があります。

特に自分の住む地域が安全だと過信するのは危険です。

トイレが凍結する主な原因は以下の通りです。

・環境的要因
・排水管や給水管の凍結
・長期間の使用停止

どのような環境で凍結防止が必要か?

気温が氷点下4℃以下になると、トイレの凍結防止対策が必要です。

氷点下2℃で注意が必要であり、氷点下8℃では凍結リスクが格段に高まります。

しかし、氷点下4℃を下回らない場合でも安心できません。

以下のような条件がある場合、トイレが凍結するリスクが高まります。

・強風
・水道管が外部に露出している
・水道管が日光に晒されない
・自宅の標高が高い
・長期間家を空ける
・雪が降り続く日々

例えば、氷点下2℃で風が強い日は、トイレが凍結する可能性があります。

寒冷地ではより一層の注意が必要ですが、環境条件によっては他の地域でも凍結が起こりえます。

排水管や給水管の凍結

気温の低下により排水管や給水管が凍結すると、トイレも凍結する可能性があります。

リビングから離れた場所にあるトイレは、温かい空気が届きにくく、凍りやすい環境にあります。

排水管や給水管のどちらが凍結するかによって、症状が異なります。

長期間の放置

長期間トイレを使用しない場合も凍結リスクが高まります。

水の流れが止まることで凍結しやすくなります。

長期出張や旅行、または別荘などの非常用住居では、特に注意が必要です。

トイレが凍結したら起こる不具合

トイレの凍結は様々なトラブルの原因となります。

以下では、トイレが凍結した場合に生じる一般的な問題をご紹介します。

トイレの使用不能

凍結により、水の流れが止まるためトイレが使用できなくなります。

これは日常生活に大きな支障を及ぼします。

また、凍結したトイレを無理に使おうとすると、さらなるトラブルに繋がる可能性があります。

特に、排水管が凍結している場合は、水が溢れるリスクがあります。

排水管や給水管の破損

凍結により水が膨張し、排水管や給水管が破損する恐れがあります。

これは、氷が水よりも体積が大きいため、配管に圧力がかかるためです。

さらに、配管の接続部分やパッキンなどにも圧力がかかり、破損すると水漏れや悪臭の原因になることがあります。

便器の破損

便器内の水が凍結し、排水トラップ内で膨張することにより便器が破損することがあります。

便器が破損すると交換が必要となり、修理には時間と費用がかかります。

ウォシュレットの破損

凍結はウォシュレットの破損にもつながります。

部品や接続部が壊れやすくなり、修理費用が高くなることがあります。

トイレタンクの不具合

トイレが凍結すると、トイレタンク内の部品が劣化する恐れがあります。

ボールタップ、オーバーフロー管、フロートバルブなどが凍結により劣化し、水漏れや水の流れが止まるトラブルが発生する事があります。

これらの部品が劣化した場合は、速やかに交換が必要です。

トイレの凍結の予防法

トイレの凍結を予防するためには、以下のような対策を講じる事が効果的です。

断熱材の利用

配管やトイレタンクに断熱材を巻くことで、冷気による温度低下を防ぎます。

市販されている断熱材を使用すると良いでしょう。

定期的な水の流し

定期的にトイレを流すことで、配管内の水が滞留せず、凍結を予防できます。

特に長期間家を空ける場合には、出発前に忘れずに行ってください。

室温の維持

トイレの室温を少し高めに保つことも重要です。

小型のヒーターを使用するか、暖房が効いている部屋からの温かい空気がトイレに流れ込むようにしてください。

水道管の位置の確認と改善

トイレの水道管が外壁に近い場合、外気の影響を受けやすいです。

可能であれば内部に移設するか、さらに断熱を強化してください。

トイレの使用頻度を保つ

長期間使用しないトイレは特に凍結しやすいので、定期的に使用することが望ましいです。

専門家の助言を求める

家全体の断熱状態や配管の配置に問題がある場合は、プロの助言を求めることが最善です。

これらの予防策を実施する事で、厳しい冬の寒さによるトイレの凍結リスクを大幅に減らす事ができます。

トイレの凍結の予防法はどうすればいい?原因や症状について解説まとめ

トイレの凍結防止は、特に氷点下4℃を下回る低温環境で非常に重要です。

しかし、気温がこの基準を下回らなくても、長期間家を空ける場合や水道管が日光に晒されないような特定の条件下では、トイレの凍結が発生する可能性があります。

凍結したトイレは多くの問題を引き起こす可能性があります。

これには、トイレ自体の使用不能、排水管や給水管の破損、便器のひび割れや破損、ウォシュレットの故障、トイレタンクの機能不全などが含まれます。

これらの問題は、修理費用が高額になる可能性があるため、予防措置を講じる事が非常に重要です。

凍結予防の基本的な方法としては、水抜きが効果的です。

しかし、水抜きだけでなく、断熱材の使用、暖房器具の設置、定期的な水の流し方など、様々な方法があります。

それでも、なお凍結が発生し、その程度が重い場合は、プロの水道の専門の修理業者に依頼する必要があります。

たうん水道修理センターは、水道修理のプロフェッショナルです

プロの水道修理の専門家、たうん水道修理センターでは、見積もりや出張費が無料で、365日24時間の対応を強みとしています。

トイレの凍結を含む、水回りのトラブルが発生した場合、迅速な対応が可能です。

お気軽に、お問い合わせ下さい。

神奈川県エリア、東京都エリア、千葉県エリアは、地域密着型ですので、素早く対応させていただきます。

横浜市のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

東京都・神奈川県・千葉県の全域対応
トイレつまり・キッチン・お風呂、
水道のトラブル即解決
たうん水道修理センター

今すぐ相談/無料見積

0120-991-43424時間365日受付中

0120-991-434

今すぐ相談/無料見積 24時間365日受付中

タップで
無料電話
無料電話
お気軽に
お電話下さい

神奈川県の対応エリア

  • 横浜市(青葉区・都筑区・港北区・緑区・戸塚区・瀬谷区・鶴見区・港南区・保土ケ谷区・神奈川区・西区・中区・南区・旭区・磯子区・金沢区・栄区・泉区)
  • 川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)
  • 相模原市(緑区・中央区・南区)  
  • 横須賀市
  • 鎌倉市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 茅ヶ崎市
  • 秦野市
  • 伊勢原市
  • 小田原市
  • 南足柄市

東京都の対応エリア

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 町田市
  • 多摩市
  • 八王子市
  • 立川市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 青梅市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市

千葉県の対応エリア

  • 千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)
  • 柏市
  • 市川市
  • 市原市
  • 浦安市
  • 船橋市
  • 習志野市
  • 四街道市
  • 八千代市
  • 野田市
  • 流山市
  • 松戸市
  • 成田市
  • 富津市
  • 南房総市
  • 八街市
  • 大網白里市
  • 旭市
  • 我孫子市
  • 山武市
  • 茂原市
  • いすみ市
  • 印西市
  • 勝浦市
  • 香取市
  • 鎌ケ谷市
  • 鴨川市
  • 木更津市
  • 君津市
  • 佐倉市
  • 白井市
  • 匝瑳市
  • 袖ケ浦市
  • 館山市
  • 銚子市
  • 東金市
  • 富里市