トイレのレバーが動かない!自力で交換する方法とは?|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレのレバーが動かない!自力で交換する方法とは?

突然トイレのレバーが動かなくなると、どう対処すればよいか慌ててしまうことがあります。

しかし、実はトイレのレバーは一般の人でも交換が可能な部品の一つです。

この記事では、

・トイレのレバー交換が必要となる状況

・交換作業を行う前に確認すべきポイント

・具体的な交換手順

上記について詳しく解説します。

トイレのレバー交換が必要となる状況

トイレのレバーは日常的に使用する部分であり、何らかのトラブルが発生すると大きな不便を感じます。

レバーが動かない、戻らない、回しても水が流れないなどの症状が現れた場合、レバー自体の交換が必要になることがあります。

しかし、レバーに問題があるように見えても、実際には他の部品が原因であることも少なくありません。

以下では、トイレのレバー交換が必要となるケースについて詳しく見ていきます。

レバーの劣化が原因の場合

トイレのレバーが劣化している場合は、交換が必要です。

レバーに軽度のサビがある場合は、汚れを取り除いたり潤滑油を差したりすることで改善することができることもあります。

しかし、レバーが完全にサビついていたり、腐食が進んでいたりする場合には、新しいレバーに交換することが適切です。

フロートバルブや鎖が原因の場合

レバーの問題に見えても、実際にはフロートバルブや鎖が原因である場合があります。

フロートバルブは、タンク内の水位を制御し、水が便器に流れ続けるのを防ぐ装置です。

フロートバルブの位置がずれていると、レバーを回しても水が正常に流れなくなります。

また、鎖の長さが不適切であったり、物が絡まっていたりすると、レバーが正常に動作せず、水が流れないやレバーが戻らないなどのトラブルが発生します。

新しいレバーを購入する前に、フロートバルブや鎖に問題がないかを確認することが重要です。

トイレのレバーに関するトラブルに遭遇した場合、まずはレバー自体だけでなく、フロートバルブや鎖など他の部品にも問題がないかを確認することが大切です。

それでも解決しない場合には、レバーの交換を検討しましょう。

適切な対処を行うことで、トイレの快適な使用を維持することができます。

トイレレバーの交換作業を行う前に確認すべきポイント

トイレのレバーを交換する際には、水漏れを防ぐためにいくつかの重要な点を確認する必要があります。

特に、タンクから水が溢れることを防ぐために、止水栓を閉めることが重要です。

以下では、トイレのレバーを交換する前に確認すべきことについて詳しく説明します。

止水栓の確認

止水栓の位置を確認する

トイレの止水栓は、通常、タンクにつながっている給水管に取り付けられています。

タンクの周辺をよく見て、止水栓を探しましょう。

止水栓を閉める

止水栓が見つかったら、マイナスドライバーを使用して時計回りに回し、しっかりと閉めます。

中にはハンドル式で調整するタイプの止水栓もあるので、その場合はハンドルを回して閉めます。

元栓の確認

止水栓を閉めても不安が残る場合は、さらなる安全策として、家全体の水の供給を停止する元栓も閉めるとよいでしょう。

元栓は、通常、水道メーターの近くに設置されています。

元栓を閉めることで、万が一止水栓が完全に閉じていなかった場合でも、水漏れのリスクを最小限に抑えることができます。

トイレレバーの具体的な交換手順

トイレのレバーを交換する際には、適切な手順で作業を行うことが重要です。

以下では、トイレのレバー交換の手順を詳しく説明します。

新しいレバーの購入

レバーの選定

交換が必要な場合は、まず新しいレバーを購入します。

価格はメーカーや商品の種類によって異なりますが、おおよそ1,500円から2,500円程度が目安です。

互換性の確認

購入するレバーが現在のトイレに適合するかを確認しましょう。

タンクのフタを外す

フタの取り外し

タンクのフタを真っすぐ上に持ち上げて取り外します。

陶器製のフタは割れやすいため、交換作業中は安全な場所に置いてください。

古いレバーの取り外し

水抜き

タンク内の水をすべて抜きます。

レバーの取り外し

レバーに付いている鎖を外し、ナットを反時計回りに回して外します。

ナットが固い場合は、モンキーレンチを使用してください。

新しいレバーの取り付け

レバーの向きの確認

新しいレバーの向きを確認し、正しい位置に差し込みます。

ナットの取り付け

内側からパッキンを取り付け、ナットを締めます。

ナットを強く締めすぎないよう注意してください。

レバーに鎖を取り付け

鎖の取り付け

先に取り外した鎖を新しいレバーに取り付けます。

水の流れの確認

止水栓を開け、レバーを回して適切な量の水が流れるかを確認します。

タンクのフタを閉めて水が飛び散らないようにしましょう。

水量の調整

水量が多い場合は鎖を長めに、少ない場合は短く調整します。

タンクのフタを閉じる

水位の確認

タンク内の水がオーバーフロー管の「WL」の線の位置まで溜まっているかを確認します。

商品によっては線がない場合もあるので、その場合はオーバーフロー管の高さの2~3cm下を目安にしてください。

フタの取り付け

問題がなければ、タンクのフタを閉じます。

以上がトイレのレバー交換の手順です。

適切な手順で作業を行うことで、トイレのトラブルを迅速に解決することができます。

トイレのトラブルでお困りなら『たうん水道修理センター』へ

ここでご紹介したように、トイレのレバーは自力で交換することができます。

しかし、

「自分でトイレレバーの交換作業を行う自信が無い。」

という人もいるかもしれません。

また、交換のために、

「必要な工具が無い。」

という人もいることでしょう。

そのような場合は、無理をせずにプロの水道修理の専門業者への修理依頼を検討しましょう。

『たうん水道修理センター』は、神奈川県・横浜市を筆頭に、東京都と千葉県の全域エリアで、お客様の水回りのトラブルを解決している水道修理のプロです。

もちろん、トイレのレバー交換にも対応させていただきます。

お困りの際には、是非、お気軽にご相談ください。

24時間・365日、お電話受付中です。

横浜市のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

東京都・神奈川県・千葉県の全域対応
トイレつまり・キッチン・お風呂、
水道のトラブル即解決
たうん水道修理センター

今すぐ相談/無料見積

0120-991-43424時間365日受付中

0120-991-434

今すぐ相談/無料見積 24時間365日受付中

タップで
無料電話
無料電話
お気軽に
お電話下さい

神奈川県の対応エリア

  • 横浜市(青葉区・都筑区・港北区・緑区・戸塚区・瀬谷区・鶴見区・港南区・保土ケ谷区・神奈川区・西区・中区・南区・旭区・磯子区・金沢区・栄区・泉区)
  • 川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)
  • 相模原市(緑区・中央区・南区)  
  • 横須賀市
  • 鎌倉市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 茅ヶ崎市
  • 秦野市
  • 伊勢原市
  • 小田原市
  • 南足柄市

東京都の対応エリア

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 町田市
  • 多摩市
  • 八王子市
  • 立川市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 青梅市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市

千葉県の対応エリア

  • 千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)
  • 柏市
  • 市川市
  • 市原市
  • 浦安市
  • 船橋市
  • 習志野市
  • 四街道市
  • 八千代市
  • 野田市
  • 流山市
  • 松戸市
  • 成田市
  • 富津市
  • 南房総市
  • 八街市
  • 大網白里市
  • 旭市
  • 我孫子市
  • 山武市
  • 茂原市
  • いすみ市
  • 印西市
  • 勝浦市
  • 香取市
  • 鎌ケ谷市
  • 鴨川市
  • 木更津市
  • 君津市
  • 佐倉市
  • 白井市
  • 匝瑳市
  • 袖ケ浦市
  • 館山市
  • 銚子市
  • 東金市
  • 富里市