トイレの水が流れない3つの原因と対処法

トイレの水が流れないトラブルでお困りではありませんか?
本記事では、トイレの水が突然流れずに止まる理由と直し方について紹介します。

主な原因や解決法を理解していれば、自分で直せるか業者に連絡すべきかの判断もできます。
急にトイレの水が流れなくなりお困りの方は、ぜひチェックしてください。

トイレの水が流れない3つの原因

トイレの水が流れなくなる原因は、大きく分けて下記の3つがあります。

  1. 水圧や水量
  2. つまり
  3. 故障

上記3つがなぜ水が流れない原因になるのか、詳しく説明します。

原因①水圧や水量

トイレの水を流すにあたって十分な水量・水圧が必要になります。
水量が足りなかったり、水圧が弱かったりすると、うまく流れません。

原因②つまり

大量の汚物・トイレットペーパー・トイレクリーナーを流して、トイレをつまらせてしまった方も多いのではないでしょうか。
残飯や猫砂、おむつや生理用品などの異物も水流を止める原因になります。

古い家屋のトイレでは、長年蓄積した尿石がつまる理由になるおそれもあります。

原因③故障

急なトラブルが起こるケースにありがちなのがトイレが壊れている場合です。
使用頻度の高いレバーをはじめ、フロートバルブ、浮き球に不具合がないかチェックしてみましょう。

上記の3つの原因の中に思い当たるものがなければ、業者に連絡した方が良いでしょう。

トイレの水が流れない時の対処法

続いて、トイレの水が流れない時に自力で可能な直し方を解説します。

  1. 止水栓とタンクの水量を確認する
  2. 勢いよく水を流す
  3. トイレつまり解消用の道具を使う

一つずつ見ていきましょう。

対処法①止水栓とタンクの水量を確認する

とくにトイレの点検後など、トイレの止水栓が閉まっており水が流れないケースがあります。
まずは止水栓が閉まっていないかをチェックしてみましょう。
閉まっている場合は、マイナスドライバーで開けてください。

同時に、タンク内の水量もチェックしましょう。
止水栓が開いているにもかかわらず水が少ない場合は、故障のおそれがあります。
フロートバルブや浮き球に異常がないかどうかも見ておくと良いです。

対処法②勢いよく水を流す

水圧の弱さや軽度のつまりが問題で水が流れない場合は、バケツから大量の水を一気に注ぎます。
高い位置から勢いをつけて流し込むのがポイントです。

トイレットペーパー・汚物が流れを止めた原因であれば、50~60℃のお湯を流し込む方法でも対応できます。
熱湯はトイレが壊れる要因になりかねませんので、ぬるめのお湯にします。

対処法③トイレつまり解消用の道具を使う

つまりが理由で水流が止まった場合は、ホームセンターで手軽に買えるラバーカップ、真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシなどを活用しましょう。

目に見える範囲でのトイレつまりは、ゴム手袋を着用したうえで取り出せます。

上記の方法を試しても水の流れが止まった場合は、業者に連絡しましょう。
故障は自力でも直せますが、業者に頼んだ方が安心で確実です。

また、水が流れない症状を繰り返す場合も、速やかに業者に連絡しましょう。
根本的な原因を放置していると、悪臭が広がったり、汚水が逆流して溢れたりするおそれがあります。

とくに、集合住宅では周りの部屋の住人にも迷惑をかけてしまうおそれもありますので、早めに業者に見てもらった方が良いでしょう。

トイレの水が流れない時は自分で対処するか業者に連絡しよう

いかがでしたでしょうか。
トイレの水が突然流れなくなったら、焦らずに原因を特定しましょう。
異変に気付いたら速やかな対処が重要です。

万が一、水が流れない原因が特定できなかったり、自分では対処できなかったりする場合は、「たうん水道修理センター」へご連絡ください。
「たうん水道修理センター」では24時間365日、あらゆる水回りのトラブルに対応しています。
困った時はお気軽にお問い合わせください。