川崎市多摩区登戸でトイレ修理を行いました!

7月2日 川崎市の多摩区でトイレの水トラブルが発生

2月2日 川崎市多摩区登戸にお住まいのお客様よりお電話がありました。

突然便器の中に水が溜まらなくなってしまったので、見に来てほしいとのご相談を受けました。

お宅にお伺いし、すぐに確認させていただいたところ、レバーを回すと通常通り水は流れますが、ゴボゴボと音がしてほとんど水が溜まらない状態でした。

川崎市のトイレつまり・トイレ修理はたうん水道修理センターにお任せ下さい。
その他事例や出張サービスエリアや料金を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

つまりを解消して封水を戻しました

点検をさせていただいたところ、紙や汚れが原因で配管が詰まっていることが原因ということが分かりました。

今回は便器の奥につまっているものを取り除くため、高圧ポンプを使用して排水作業を行ないました。
お客様に伺うと数か月前からこの状態だったとのことで、高圧ポンプを使用しても通常の状態に戻すまで少し時間がかかってしまいましたが、無事につまりが解消され作業終了となりました。

便器の中に溜まっている水は「封水」と言い、排水管から虫や臭いが上がってくるのを防ぐ役割があります。
深さや設置場所が決められているものなので、気になることがあった際はお早めにご相談ください。

お客様の声の一部を紹介します

数か月前から便器の中に水が溜まらなくなり、暑くなってからは臭いまで気になるようになったので相談させていただきました。
作業前はこちらが理解できるまで説明してくださり、作業後も一緒に確認していただけたので本当に言うことなしです。
たうん水道修理センターさんにお願いして本当によかったです。
ありがとうございました。