横浜市保土ヶ谷区仏向町でトイレ修理を行いました!

5月11日 横浜市保土ヶ谷区仏向町市でトイレ故障が発生

5月11日、横浜市保土ヶ谷区仏向町のお宅でトイレの水が止まらなくなったと連絡を受け、現場へ急行しました。
ご自宅にお伺いしたところ、タンクのないタイプの洋式トイレで、排水のために取り付けられているフラッシュバルブと呼ばれる部品の不良によって水が止まらなくなっている状態でした。

横浜市のトイレつまり・トイレ修理はたうん水道修理センターにお任せ下さい。
その他事例や出張サービスエリアや料金を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

本体を交換することで水の流れを正常にしました

フラッシュバルブは和式トイレで見かけることが多いですが、洋式でも使われ、レバーを捻ることで水が流れるようになっています。
このフラッシュバルブが老朽化のために機能が悪くなり、水が流れっぱなしになってしまっていました。
内部の部品を清掃するだけで直る場合もありますが、今回は経年劣化と考えられましたので、本体ごとの交換になりました。
止水を行い、古いフラッシュバルブのレバー部分を取り外し、新品と交換します。
取り付け後は、動作テストを行い、きちんと水が止まるか、水漏れしていないかを確認。
問題がなく水が流れるようになり、1時間の作業で修理完了となりました。

お客様の声の一部を紹介します

水が止まらなくなったときは本当に慌てましたが、すぐに駆け付けて、修理していただけて感謝しています。
水道修理の業者さんに頼んだのは今回が初めてだったので、きちんと直してもらえるかどうか不安もありましたが、丁寧な仕事で見ていてとても安心してきました。
もし水回りが壊れることがあったら、また、たうん水道修理センターさんにお願いしたいと思います。
今回は本当にありがとうございました。