横浜市神奈川区六角橋でトイレ修理を行いました!

6月14日 横浜市神奈川区六角橋でトイレつまりが発生

6月14日、神奈川区六角橋の戸建て住宅のお住まいのお客様から「トイレがつまってしまった」とのご依頼を受け、現場に急行いたしました。

お客様によると「トイレ用洗剤の蓋を便器内に落としたかもしれない」とのことで、便器内の水が正常に流れない状態でした。

横浜市のトイレつまり・トイレ修理はたうん水道修理センターにお任せ下さい。
その他事例や出張サービスエリアや料金を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

便器を取り外しつまりの原因となるものを取り出しました

トイレットペーパーや生理用品など柔らかいものはローポンプでつまりを解消できる場合が多いのですが、今回のような硬いものの場合は、排水口の途中に引っかかることが多いために便器を取り外す作業が必要になります。
お客様の了解を得て便器を取り外し、排水口の奥に引っかかっているプラスチック製の蓋を取り除くことで正常に水が流れるようになりました。
こうしたトイレ洗浄用の用具だけでなく、お子様がいらっしゃる場合はおもちゃなどをつまらせてしまうケースも多く、その場合も今回と同様の作業が必要となる場合があります。

お客様の声の一部を紹介します

トイレ掃除を行う際、誤って洗剤の蓋を落としてしまいました。
慌てて電話したところ、すぐに駆けつけてくれたおかげで1時間後にはトイレが使えるようになり助かりました。
作業も非常に手際がよい上に、説明も分かりやすく、安心して任せることができました。
応対も丁寧で、不安な気持ちが吹き飛びました。
この度は本当にありがとうございました。