横浜市港北区新横浜でトイレ修理を行いました!

4月20日 横浜市でトイレつまりが発生

4月20日に横浜市港北区新横浜の一戸建ての二階のトイレで、トイレつまりが発生したと連絡を受け、すぐに現場に行きました。
ラバーカップを使ってみたそうなのですが、改善に至らなかった様子でした。

横浜市のトイレつまり・トイレ修理はたうん水道修理センターにお任せ下さい。
その他事例や出張サービスエリアや料金を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

圧力ポンプでトイレットペーパーを押し出しました

昨夜からトイレつまりがあり、夜と朝の2回に分けてラバーカップを使って試してみたとのことです。
詰まっている状態から察するに、スポンジやブラシなどの異物混入の可能性も考えましたが、現場を確認し、まずは圧力ポンプを試してみました。
圧力ポンプの押し引きのストロークを最大限にし、加圧と負圧を行ったところつまっていたものが押し出されました。
こちらのお宅のトイレは、超節水型と呼ばれるトイレで、一度に流れる水が少なくて済む仕様になっています。
サイフォン式とも呼ばれ、近年増えているトイレのタイプです。
サイフォン作用で効果的に排泄物を流し出す方法なのですが、便器の中が長く細い作りになるため、ラバーカップでは力が弱く効果が出にくいのでしょう。
そのため、このタイプのトイレは従来のラバーカップではつまりを取り除けないケースが多く、業者用の圧力ポンプで圧をかける必要があります。
圧力ポンプでしっかりと力をかけてあげることで、詰まってしまったトイレットペーパーなどの固形物を押し流すことが可能です。

お客様の声の一部を紹介します

夜にトイレが詰まってしまい、朝になっても改善しないのでどうしたら良いのか困っていまいした。
連絡後すぐに駆けつけてくれ、丁寧で迅速な対応をしてくださりとても感謝しています。
もし、またトイレで問題が起きた時は、ぜひお願いしたいです。
ありがとうございました。