トイレの詰まり、放置で解消されるものとされないものは?対処法も説明

トイレ

洋式トイレ

トイレが詰まってしまった場合、慌てて対応しなくても時間と共に解決するケースと、時間がたっても解決できないケースがあります。そこでこのコラムでは、放置して良い場合と悪い場合の見分け方や、それぞれの対処方法をまとめます。

注意!放置では解消されないトイレ詰まりの原因

ここではまず放置しても解消されないケースを解説しましょう。

スマホやスポンジなどの固形物を流してしまった

スマホやメガネなどの小物、またはスポンジなどを流してしまった場合、放置しても事態が改善する可能性はありません。またスマホであればダメージが少ないうちに取り出したいと思う人がほとんどでしょうから、まずはゴム手袋をして手で取りだせるか試してみることをおススメします。無理な場合は早めに業者に相談しましょう。

吸水性のあるものを流してしまった

吸水性がある紙おむつやパッド類は放置するのは厳禁です。これらは水を吸って膨れ上がるため、時間と共に事態が悪化するからです。紙おむつなどが見えている場合や比較的手前にある場合は手で引っ張り出せるかもしれませんが、それ以外は素早く業者に相談しましょう。

放置で解消される可能性があるトイレ詰まりの原因

ここでは、放置することで時間と共に解消できるケースを紹介しましょう。

トイレットペーパーや排泄物

トイレットペーパーや便などの排せつ物を大量に流したことが原因で詰まった場合は、放置すれば水に溶けて流れることが多いです。目安としては2~3時間程度あれば解消できるでしょう。

ただし海外製のトイレットペーパーは水に溶けにくい性質のものがあるので注意が必要です。極端に安い商品に飛びつくと詰まりの原因になることもあるので、生産地やメーカーを確認して買うことをおススメします。

「トイレに流せる」系のグッズ

「トイレに流せる○○」といった種類の商品は、基本的には水で分解するように作られていますが、トイレットペーパーに比べると溶けにくい素材です。そのため量が多いと詰まることがあります。

これが詰まった場合は半日から1日程度待てば解消されます。

放置による解消を早めるための方法

上の項目で紹介した、トイレットペーパーや便などの排せつ物、トイレに流せる○○などの時間がたてば解消できる詰まりを、早く解消する方法を紹介しましょう。

ラバーカップを使う

ラバーカップ(スッポン)を使う方法もあります。ラバーカップには和式用と洋式用があるので注意してください。先端のゴム部分がおわん状なら和式用、おわん状の先に一段細くなった円筒型の突起がついているのが洋式用です。ラバーカップはホームセンターなどに行けば数百円程度で入手できます。

使用する際は、ラバーカップが埋まる程度の水量になるよう調節してください(多ければ汲み取り、少なければ水を足してください)。ラバーカップを押し当ててゆっくりカップ部をつぶすように力を入れ、一気に引きます。押して圧力で流すのではなく、引いて真空を作って詰まりを解消するのがコツです。

お湯や洗濯洗剤を流してみる

トイレットペーパーやトイレに流せる○○などはお湯を流すと溶けやすいので、60℃程度のお湯を1リットルくらい流して30分程度放置してみましょう。お湯は熱すぎると便器や配管を痛めるので注意しましょう。詰まっている状態で大量のお湯を使うと、便器から溢れてしまうことがあるので、様子を見て流しましょう。

また、便で詰まった場合は、お湯と一緒に洗濯用の液体洗剤や、食器洗い洗剤を100cc程度一緒に使ってみましょう。これらの洗剤は便のたんぱく質を溶かしてくれるので、流れやすくなります。

放置せずに業者を呼んだほうがいいケース

以下では放置せずに業者を呼んだ方が良いケースを紹介します。

「放置では解消されないもの」を流してしまった

スマホなどの水に溶けない固形物は放置しても解消されません。また、流してしまったものを取り出したい場合も放置することに意味はありません。素早く業者を呼んで取り出してもらいましょう。

放置で解消されるものでも、いつまでたっても解消されない

トイレットペーパーや便、トイレに流せる○○などは放置していればいずれ解消する、と書きましたが、まれに時間がたってもなかなか解消しないこともあります。

実質的に1日中トイレが使えないとなると生活上不便ですし、においなども気になります。早く解消したいと思う場合は速やかに業者に相談しましょう。

賃貸物件で詰まってしまった

賃貸物件や集合住宅の場合、うっかり詰まったまま水を流したりすると水が溢れて階下に迷惑をかける可能性もあります。また、配管に損傷を与えてしまうこともありますから、賠償責任が発生するなどのリスクにつながります。早めに業者に連絡を取って解消を依頼しましょう。

トイレ詰まりを放置するポイントまとめ

トイレの詰まりについて、放置すれば解消することがあるケースをまとめました。時間と共に解消するとありがたいですが、無理に詰まりを解消しようとするとかえって事態を悪化させてしまい、水を溢れさせて階下の人に迷惑をかける可能性もあります。そんな時は、ぜひたうん水道修理センターにご連絡ください。

当社はトイレやキッチン、お風呂の詰まりなどのトラブルに対する無料の電話相談を年中無休で24時間受け付けています。詰まりだけでなく、水漏れやにおい対策など水回りのことなら何でも対応出来ます。

横浜・東京近郊であれば、最短30分で現場を訪問し、状態に応じた対策や、掛かる費用をお知らせします。また、たうん水道修理センターはお見積もり、出張費用は一切いただいていませんので、水回りのトラブルはまずたうん水道修理センターにご相談ください!

水漏れ、つまり修理ならお任せ!

たうん水道修理センターでは、トイレ・お風呂場・キッチン・洗面所での水まわりトラブルを専門に取り扱っております。
神奈川・東京都全域対応、最短30分でお伺いします。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

検索