自宅で簡単にトイレつまりを解消!?オキシクリーンの効果や使い方|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

自宅で簡単にトイレつまりを解消!?オキシクリーンの効果や使い方

「トイレが急に流れなくなった」といった事態は、どの家庭でも起こり得ます。
しかし、トイレの修理費をできる限り抑えたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで、自宅で簡単にトイレつまりを改善できるアイテムが、オキシクリーンです。

本記事では、オキシクリーンの性質やトイレつまりの改善効果・使い方を解説します。
トイレつまりにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

オキシクリーンとは

オキシクリーンとは、アメリカ製の酸素系漂白剤のことを指します。
日本でもドラッグストアやホームセンターなどで、気軽に購入できます。

オキシクリーンの主成分は、弱アルカリ性の過炭酸ナトリウムで、酸性の汚れに効果的です。
お湯で溶かすと酸素の泡が発生し、汚れを浮かせます。
脂汚れや汗染み・黄ばみ・黒ずみなどさまざまな汚れにアプローチし、衣類や食器類・キッチン・浴槽・洗面所など幅広いシーンで活躍します。

オキシクリーンは、塩素系漂白剤のような強烈なニオイがありません。
除菌・消臭効果もある上、最終的には酸素や水などの無害物質へと分解されるため、安全性も高いです。

また、オキシクリーンにはアメリカのオリジナル版と日本版があります。
オリジナル版には界面活性剤が含まれており、油と水のように本来混じり合わない物質を混ぜ合わせる力を持つため、洗浄効果が高いと言われています。
ただし、手荒れやかぶれなどの健康被害を引き起こす恐れもあるため、扱いには注意が必要です。

オキシクリーンでどんなトイレつまりを直せる?

汚れ落としに万能なオキシクリーンは、トイレつまりの応急措置としても使えます。

オキシクリーンで解決可能な汚れは、水に溶ける物質です。
例えば、トイレットペーパーやティッシュペーパー・水で流せるトイレブラシ・排泄物や嘔吐物などです。
反対に水溶性が低い物質は、オキシクリーンでの解決は難しいでしょう。
スマートフォンやおもちゃ・オムツや生理用品などの固形物や尿石がつまりを引き起こしている場合、違う方法でのアプローチが必要です。

トイレつまりにおけるオキシクリーンの使い方

では実際に、オキシクリーンを使う際に用意するアイテムや手順を見ていきましょう。

用意するアイテム

トイレつまり解消にオキシクリーンを使う際は、以下のものを用意しましょう。

つまり解消に必要なアイテム

  • オキシクリーン
  • お湯
  • バケツやポンプ
  • ゴム手袋

手順

まずは、便器内の水分量を調節します。
トイレがつまっている時は通常よりも水位が高いケースが多いため、ポンプやバケツを使って水を汲み出しましょう。
この時点では、通常の水位よりやや高い程度に留めておきます。

続いて、バケツや容器内でスプーン半分程度のオキシクリーンをお湯で溶かします。
オキシクリーンを扱う際は、素手ではなくゴム手袋を装着した方が安全です。

専用のオキシ液が完成したら便器に注ぎ、2〜3時間放置します。
水位が下がっていれば、トイレつまりの原因が溶けたと考えられます。

最後に、「小」ボタンやレバーの半回転で水をゆっくり流し、つまりが解消されたかを確かめましょう。

トイレのメンテナンスは定期的に

いかがでしたでしょうか。
今回は、オキシクリーンを使用したトイレつまりの解決方法を紹介しました。
オキシクリーンを使用してもつまりが直らない場合は、「たうん水道修理センター」へお問い合わせください。