水道管凍結の予防とは?5つの対策方法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

水道管凍結の予防とは?5つの対策方法

冬の寒さは、水道管にとって大敵です。

凍結すると、水道管が破裂し、深刻な水漏れや様々な問題を引き起こす可能性があります。

この記事では、水道管の凍結を防ぐ為の5つの対策方法を紹介します。

初心者の方でも簡単にできる方法を中心に、詳しく解説していきます。

水道管の凍結って何?

冬季には、雪国でなくとも夜間に気温が低下し、水道管内に残った水が凍結する事があります。

これが原因で、朝になって蛇口から水が出なくなるトラブルが発生する事があります。

更に深刻な問題として、氷が膨張して水道管自体が破裂する恐れもあります。

一般的には、水道管の凍結は気温がマイナス4度以下になった時に起こりやすいとされています。

しかし、特定の条件下では、マイナス1度からマイナス2度の気温でも水道管が凍結するリスクが高まります。

・風が強い日
・水道管が外部に露出している
・家の日陰に蛇口や水道管が設置されている
・標高の高い地域
・何日か家を留守にした後
・降雪が続いた後

上記の場合は、特に注意が必要です。

水道のトラブルは日常生活に大きな影響を及ぼすため、冬季における水道管の凍結はできるだけ回避したいものです。

そこで、水道管の凍結を防止するための対策を5つご紹介します。

・蛇口の水を少量流し続ける
水の流れを保つことで凍結を防ぎます。

・水道管の水抜きを行う
使用しない水道管の水を抜いておくことで凍結を防ぎます。

・水道管を保護する
断熱材で覆うなどして、水道管を寒さから保護します。

・水道管に水滴をつけない
水滴が凍結することで管が破裂することがあるため、注意が必要です。

・水道管にヒーターを取り付ける
凍結防止用のヒーターを設置して、水道管を暖かく保ちます。

これらの対策には、日々の簡単なものから、DIYの要素を含むものまで様々あります。

ですので、ご自宅の状況に合わせて、適切な方法を選択しましょう。

適切な凍結防止対策を行う事で、冬季における水道トラブルを未然に防ぐ事ができ、安心して過ごす事が可能になります。

水道管凍結の予防・対策方法その1:蛇口の水を出し続ける

この方法は、水道管の凍結を防止する為の最もシンプルで効果的な対策の一つです。

水道管内に水が常に流れている状態を保つ事で、水が凍結するのを効果的に防ぐ事ができます。

水を出し続ける量の目安としては、鉛筆ほどの太さの水流が理想的です。

この程度の流量であれば、水道管内の水を十分に動かし続けることができ、凍結を防ぐのに効果的です。

しかし、ポタポタと水滴が落ちる程度の流量では不十分です。

それだと、逆に蛇口や管の一部で水が凍結してしまうリスクがありますので注意が必要です。

特に、冷え込みが予想される夜間に、この対策を実施することがおすすめです。

夜間は気温が特に低下することが多いため、この時間帯に水道管の凍結が起こりやすくなります。

寝る前に蛇口を微かに開けておくだけで、翌朝の水道管凍結のトラブルを避ける事ができます。

この簡単な対策を取ることで、水道管凍結による様々なトラブルを未然に防ぐ事ができ、安心して冬を乗り切る事が可能になります。

ただし、水を無駄に使わないように、適切な流量を保つ事が重要ですので、そのバランスには気を付けましょう。

水道管凍結の予防・対策方法その2:水道管の水抜きをする

水道管の中に水が残っていなければ、水道管が凍結する事は防げます。

特に台所周りでは、給湯器やボイラーに設けられた止水栓や水抜き装置を利用する事で、冬場の水道管凍結対策を行う事が可能です。

寒い季節には、夜寝る前に水道管の水抜きを行う習慣をつける事が非常に重要です。

この習慣を身につける事で、気温が下がっても水道管内の水が凍結してしまうリスクを減らすことができます。

また、東北地方や新築のマンションなどでは、電子制御式の水抜き装置が設置されている事があります。

このような先進的な設備は、使い方や存在を事前に確認しておくと、冬の凍結対策に大いに役立ちます。

住んでいる地域の気候や住宅の設備に合わせた水道管の凍結対策を行う事は、冬場の生活を快適に過ごす為に非常に重要です。

特に寒冷地では、日常的な水道の使用に注意を払い、水道管の凍結を未然に防ぐための措置を講じましょう。

これにより、寒い季節でも安心して水道を利用する事ができます。

水道管凍結の予防・対策方法その3:水道管を保護しておく

ホームセンターで見つける事ができる水道管凍結防止グッズには、水道管に巻き付けるための保温テープや断熱材があります。

これらは冬季における水道管の凍結を防ぐための非常に効果的なアイテムです。

また、外に設置されている蛇口を寒さから保護するために、家庭にあるタオルや毛布を使用する方法もあります。

これらの材料を蛇口に巻き付け、紐でしっかりと固定することで、蛇口の凍結防止に役立ちます。

これらの凍結防止対策は、基本的にDIYで行う事が可能です。

簡単な手順で設置できるため、特別な技術や知識が無くても実施できます。

ただし、もっと専門的な対策を求める場合や自信がない場合は、指定給水装置工事業者に依頼することも一つの選択肢です。

これには費用が発生しますが、プロによる確実な作業で、水道管や蛇口を厳しい冬の寒さから守る事ができます。

水道管の凍結防止は、トラブルを未然に防ぐ為に非常に重要です。

適切な対策を講じる事で、冬の寒さによる水道トラブルを回避し、安心して暮らすことができます。

自分でできる範囲での対策から、専門家に依頼する事まで検討し、状況に合わせた最適な処置を選ぶ事が肝心です。

水道管凍結の予防・対策方法その4:水道管に水滴をつけない

この対策は、水道管だけでなく、蛇口が凍結して回せなくなる事も防ぐ事ができる有効な手段です。

特に屋外の水道管や蛇口は、雨などで濡れた状態になりがちです。

雨によって濡れた水道管や蛇口は、そのまま放置すると冬季の低温で凍結しやすくなります。

その為、水滴がある場合は拭き取り、できるだけ乾燥した状態を保つ事が重要です。

同様に、室内においても水回りの水道管や蛇口は定期的に拭いて乾かす事がオススメです。

特にキッチンやバスルームなど、日常的に水を多く使う場所では、水滴が残りやすい為、こまめに拭いて乾燥させると良いでしょう。

このように、水道管や蛇口を定期的に拭いて乾かすことは、凍結防止の為に非常に効果的な方法です。

水滴を放置すると、氷点下の気温で凍結し、水道管や蛇口の破損につながる恐れがある為、冬季には特に注意が必要です。

この簡単な対策を行う事で、冬の水道トラブルを防ぎ、安心して生活する事ができます。

水道管凍結の予防・対策方法その5:水道管にヒーターをつける

北海道や東北地方のような雪が多い地域では、冬季に水道管が凍結する問題が頻繁に発生します。

この問題に対処する為、多くの家庭では特別な対策を講じています。

その一つが、水道管に電熱式ヒーターを取り付ける事です。

この電熱式ヒーターは、ケーブル状になっており、水道管に直接巻き付けて使用します。

ヒーターが発する熱が水道管を温め、凍結を防ぐのです。

このシステムは非常に効果的で、厳しい冬でも水の供給を確保するのに大いに役立っています。

水道管を温める事で、管内の水が凍る事を防ぎます。

これは特に、気温が氷点下に下がる事が多い地域で重要です。

凍結した水道管は破裂する恐れがあり、それによって水漏れや水の供給の中断が起こる可能性があります。

したがって、電熱式ヒーターのような予防策は、このような地域においては不可欠なのです。

また、この方法はコスト効率も良く、設置が比較的簡単であるため、多くの家庭で採用されています。

ヒーターは水道管の周囲に巻き付けるだけで、特別な工事や大掛かりな設備は必要ありません。

そのため、住宅所有者自身が設置することも可能です。

このように、電熱式ヒーターは北海道や東北などの雪国における水道管凍結問題の効果的な解決策として、広く利用されています。

冬季の厳しい寒さにも関わらず、家庭で安定した水の供給を維持する為の重要な役割を果たしているのです。

水道管凍結の予防とは?5つの対策方法まとめ

水道管の凍結は、冬の間に多くの家庭が直面する問題です。

しかし、この問題には予防策があり、適切な対策を講じる事で、冬のトラブルを未然に防ぐ事ができます。

ここでは、初心者でも簡単に実行できる5つの効果的な水道管の凍結対策をご紹介させていただきました。

これらの方法を実践する事で、冬の寒さに立ち向かい、安心して季節を乗り切る事ができます。

水道トラブルは、たうん水道修理センターへ

水道管凍結の予防は、できる限りの対策を講じる事によって、防ぐ事は可能です。

水道が使用できない状態になってしまうと、生活する上で大きな支障が出てしまうかと思います。

万が一、水道トラブルが発生してしまった際には、たうん水道修理センターまでお気軽に、ご相談・お問い合わせ下さい。

高クオリティかつ迅速に対応致します。

24時間・365日、お電話・メール対応中です。

横浜市のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

東京都・神奈川県・千葉県の全域対応
トイレつまり・キッチン・お風呂、
水道のトラブル即解決
たうん水道修理センター

今すぐ相談/無料見積

0120-991-43424時間365日受付中

0120-991-434

今すぐ相談/無料見積 24時間365日受付中

タップで
無料電話
無料電話
お気軽に
お電話下さい

神奈川県の対応エリア

  • 横浜市(青葉区・都筑区・港北区・緑区・戸塚区・瀬谷区・鶴見区・港南区・保土ケ谷区・神奈川区・西区・中区・南区・旭区・磯子区・金沢区・栄区・泉区)
  • 川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)
  • 相模原市(緑区・中央区・南区)  
  • 横須賀市
  • 鎌倉市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 茅ヶ崎市
  • 秦野市
  • 伊勢原市
  • 小田原市
  • 南足柄市

東京都の対応エリア

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 町田市
  • 多摩市
  • 八王子市
  • 立川市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 青梅市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市

千葉県の対応エリア

  • 千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)
  • 柏市
  • 市川市
  • 市原市
  • 浦安市
  • 船橋市
  • 習志野市
  • 四街道市
  • 八千代市
  • 野田市
  • 流山市
  • 松戸市
  • 成田市
  • 富津市
  • 南房総市
  • 八街市
  • 大網白里市
  • 旭市
  • 我孫子市
  • 山武市
  • 茂原市
  • いすみ市
  • 印西市
  • 勝浦市
  • 香取市
  • 鎌ケ谷市
  • 鴨川市
  • 木更津市
  • 君津市
  • 佐倉市
  • 白井市
  • 匝瑳市
  • 袖ケ浦市
  • 館山市
  • 銚子市
  • 東金市
  • 富里市