トイレつまりが起きたけどスッポンが無い!代用品とつまり解消方法を解説|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレつまりが起きたけどスッポンが無い!代用品とつまり解消方法を解説

トイレの詰まりは、水の流れが悪くなったり、異音がするなどの症状が現れる事があります。

日常生活である程度水が流れる場合もありますが、トイレつまりをそのままにしておくと、問題が悪化する恐れがあります。

そのため、早急な対処が重要です。

この記事では、家にスッポン(ラバーカップ)が無い場合でも、トイレのつまりを解消できる方法を5つご紹介します。

身近にある道具を使って簡単に行えるつまり解消法を探していますので、試してみる価値は十分にあります。

これらの方法を試す事で、プロの業者に頼る前に自分で問題を解決できる可能性があります。

トイレの詰まりは、快適な日常生活に影響を及ぼすため、迅速に対応することが肝心です。

記事に記載されている方法を参考にして、お困りの際は是非実践してみて下さい。

それでも解消しない場合は、専門の業者に相談することをオススメします。

安全かつ効果的な対処法で、日常生活の快適さを取り戻しましょう。

目次

トイレつまりが起きたけどスッポンが無い!代用品とつまり解消方法を解説

トイレの詰まりは家庭で起こりうる一般的な問題ですが、スッポンが手元に無い場合でも、解消できる方法がいくつか存在します。

この記事では、スッポンを使わずにトイレつまりを解消する5つの方法をご紹介します。

ペットボトルを使った解消法:柔軟性のあるペットボトルを使って、圧力をかける事でトイレつまりを解消します。

針金ハンガーを使った解消法:伸ばした針金ハンガーを使って、つまりの原因を取り除く方法です。

重曹とお酢を使った解消法:これらの家庭にある素材を利用して、化学反応を起こし詰まりを解消します。

お湯とバケツを使った解消法:お湯を使い圧力を加えることで、トイレつまりを解消する方法です。

ラップを使った解消法:トイレの便器をラップで覆い、圧力を加えることで詰まりを解消します。

また、トイレが詰まった際によく行われがちな「とりあえず水で流す」という方法は、基本的に避けるべきです。

水を流すだけでは詰まりが解消されることはほとんどなく、むしろ水が溢れて状況を悪化させる事が多いです。

詰まり解消作業に移る前には、以下の2点を念頭に置く事が重要です。

水を流さないこと:追加の水が詰まりを悪化させる可能性があります。

止水栓を止めること:水の流れを止めて、作業中の水溢れを防ぎます。

これらの方法を試す際は、安全に留意しながら慎重に作業を行って下さい。

これらの方法で解消されない場合は、プロの業者に相談する事をオススメします。

安全かつ効果的な対処法で、日常生活の快適さを取り戻しましょう。

トイレがつまったけどスッポンが無い!代用品その①:ペットボトル

トイレの異物を取り出す際、一般的には「スッポン」という棒の先にお椀型のゴム素材が取り付けられた道具が使用されます。

これは「ラバーカップ」とも呼ばれ、専門業者にもよく使われています。

しかし、スッポンが手元に無い場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

以下では、ラバーカップを使用せずに、トイレのつまりを解消する方法について解説します。

手始めに、ペットボトルを利用したトイレつまり解消法を紹介します。

用意するもの

・ペットボトル
・ゴム手袋
・ハサミまたはカッター(ペットボトルをカットするため)

手順1:ペットボトルの底を切り取る

まずペットボトルを用意し、底部から約3cmの位置をハサミまたはカッターで切り取ります。

この際、なるべく硬い素材のペットボトルを選ぶと良いでしょう。

炭酸飲料やお茶、スポーツドリンクのペットボトルがおすすめです。

手順2:ゴム手袋を装着し、ペットボトルを便器内に挿入

キャップを外したペットボトルを、ゴム手袋を着用した状態で便器の穴に押し込んでください。

手順3:ペットボトルを押し引きして異物を取り除く

ペットボトルの口を指で密閉しながら押し引きを行い、異物を取り除きます。

この作業を行う時は、便器内の水が飛び散る可能性があるので、顔や服にかかる事がないよう注意が必要です。

また、ペットボトルはラバーカップに比べて硬い素材でできている為、強く押し込むと便器を傷つける恐れがあります。

作業の際は優しく、丁寧に行うようにしましょう。

この方法を用いる事で、専門の道具がなくてもトイレのつまりを効果的に解消する事ができます。

安全かつ慎重に作業を行い、トイレの快適な使用を回復させましょう。

トイレがつまったけどスッポンが無い!代用品その②:針金ハンガー

トイレの深いところで発生した詰まりを解消する際には、針金ハンガーが非常に役立ちます。

ただし、トイレのパイプを傷つけないように注意が必要です。

その為、できるだけ柔らかく細いハンガーを選び、ハンガーを変形させるためのペンチも用意しておくと良いでしょう。

用意するもの

・柔らかい針金ハンガー
・ペンチ

手順1:針金ハンガーを変形させる

まずは三角形のハンガーの頂点近くをペンチで切り、三角形の3辺が一本の棒になるように伸ばします。

素手で曲げられる程度の柔らかいハンガーを使います。

硬いハンガーは、便器の奥で曲がらず、異物に届かない可能性があります。

手順2:ハンガーの先端をリング状にして便器の排水口に挿入

次に、まっすぐにしたハンガーの一方の先端をリング状に丸め、便器の排水口に挿入します。

リングの大きさは500円玉程度が適切です。

リング状にした先端を便器の排水口に挿入しますが、ハンガーが奥に行かない場合は無理に作業を続けないでください。

手順3:詰まりを小刻みに動かして異物を除去

ハンガーが詰まりの場所に届いたら、小刻みに動かして異物を少しずつ除去します。

この際、排水口を傷つけないように優しく動かすことが大切です。

手順4:水の流れが改善されたら、バケツの水を流す

詰まりが解消され、水の流れが改善されたら、バケツで少しずつ水を流し入れます。

水がスムーズに流れるようになったら、作業は完了です。

固形物が原因の場合は、奥に押し込むのではなく、前に引き出す動作を行います。

ただし、ハンガーを便器の奥に深く挿入しすぎると、抜けにくくなったり、針金によってパイプを傷つけたりするリスクがあるため、慎重に作業を行う事が重要です。

安全かつ効果的な方法でトイレの詰まりを解消し、快適な使用を回復させましょう。

トイレがつまったけどスッポンが無い!代用品その③:重曹とお酢

トイレつまりが起きた場合、物理的な方法で異物を取り除くのも一つの解決策ですが、重曹とお酢を使う化学反応を利用する方法も効果的です。

重曹とお酢は、食品としても使用される安全な素材で、薬剤に対する不安がある方にも安心して使用できます。

以下の手順に従って、この方法でトイレの詰まりを解消してみましょう。

用意するもの

・重曹150g(約計量カップ1/4)
・お酢またはクエン酸100ml(約計量カップ1/2)
・便器の半分ほどのお湯(約45℃)
・バケツ

手順1:止水栓を閉めて便器内の水を減らす

誤って水を流してしまうことを避けるため、まずトイレの止水栓を閉めてください。

止水栓は通常、トイレタンクの横にあります。

わからない場合は水道の元栓を閉めることもできます。

止水栓を閉めたら、便器内に溜まった水をバケツで汲み取ります。

これは重曹とお酢(またはクエン酸)が詰まり部分に直接届くようにするためです。

手順2:重曹150gを排水口に投入

次に、水を取り除いたら重曹150gを排水口に投入します。

このとき、お酢を先に投入すると炭酸ガスの泡が十分に発生せず、効果が低下するので注意してください。

手順3:お酢100mlを排水口に投入

重曹の後にお酢100mlを排水口に加えます。

手順4:泡の発生を確認

お酢を加えた後、重曹とお酢の反応によって炭酸ガスの泡が発生するのを確認します。

泡が十分に発生していない場合、効果が半減する可能性があります。

手順5:約45℃のお湯を高い位置から排水口に流し込む

十分な泡が確認できたら、約45℃のお湯を腰の高さから排水口に少しずつ流し入れます。

高い位置から流し入れることで、炭酸ガスの泡を奥まで浸透させることができます。

この際、お湯を一気に入れ過ぎないよう注意し、排水口が浸かる程度に留めてください。

手順6:30分から1時間放置

お湯を入れた後は、30分から1時間放置します。

手順7:バケツのお湯で詰まりが解消されたか確認

放置した後、バケツのお湯を再度少しずつ流し入れ、トイレつまりが解消されたかを確認します。

この際、トイレのレバーで水を流してはいけません。

この方法で流れが改善されない場合は、固形物が原因である可能性があります。

重曹とお酢(またはクエン酸)が手元に無い場合は、アルカリ性の食器用洗剤や塩素系の漂白剤でも代用できます。

これらの洗剤は特に固形物に効果的で、便器内の水を減らしてから多めに使用すると効果が期待できます。

安全かつ効果的に作業を行い、トイレの快適な使用を回復させましょう。

トイレがつまったけどスッポンが無い!代用品その④:お湯とバケツ

ここで紹介するのは、お湯とバケツのみを使用した簡単なトイレのつまり解消法です。

この方法は、主に紙や汚れが原因のつまりに有効ですが、固形物による詰まりの場合は逆効果となる可能性があるため、その点は注意が必要です。

用意するもの

・バケツ
・約45℃のお湯1L〜1.5L

手順1:止水栓を閉めて、便器内の水を減らす

まず、間違って水を流すリスクを避けるために、トイレの止水栓を閉めて水を止めます。

止水栓は通常、トイレタンクの横に位置しています。

止水栓を閉めたら、次に便器内に溜まっている水をバケツを使用してできるだけ汲み取ります。

便器に水が残っていると、お湯を適切に流し込むことができません。

もしバケツで水を汲み取るのが難しい場合は、灯油ポンプなどを使うと便利です。

手順2:腰の位置からお湯を流し込む

便器内の水を取り出したら、バケツに入れた約45℃のお湯を腰の高さくらいからトイレの排水口にゆっくりと流し込みます。

この際、トイレつまりの原因となっている汚れにお湯が届くように意識してください。

また、お湯が溢れないように水量を調整しながら行います。

手順3:1時間程度放置

お湯を流し込んだ後は、そのまま約1時間放置します。

この時間を設けることで、つまりの原因となっている汚れが浮き上がりやすくなります。

手順4:再びお湯を流し込んで確認

放置した後、トイレつまりが解消されたか確認するために、再度バケツのお湯を少しずつ流し込みます。

この際、トイレのレバーを使用して水を流すのは避け、便器から水が溢れ出るリスクを回避してください。

お湯を少しずつ流し込む事が重要です。

この方法でつまりが解消されない場合、トイレに固形物が詰まっている可能性が高いため、専門の業者に相談する事をオススメします。

安全かつ効果的な方法でトイレの快適な使用を回復させましょう。

トイレがつまったけどスッポンが無い!代用品その⑤:ラップ

ここで紹介するのは、ラップを使用したトイレのつまり解消法です。

この方法は特に、水に溶けるものや排泄物が原因でトイレがつまっている場合に有効ですが、固形物による詰まりには対応していません。

もし水に溶けるものや排泄物が原因でトイレがつまっていると思われる場合は、この方法を試してみてください。

用意するもの

・ラップ

手順1:ラップで便器の穴を完全に覆う

まずは便器のフタと便座を上げて、便器の穴を完全に覆うようにラップで密閉します。

耐久性を高めるために、複数枚のラップを重ねて使用すると良いでしょう。

手順2:レバーを引いて水を流す

ラップで便器の穴をしっかり覆ったら、トイレのレバーを引いて水を流します。

この時、ラップが膨らむのが見られます。

手順3:膨らんだラップを押して圧力をかける

ラップが膨らんだら、その上から手で押し圧力をかけます。

この圧力によって排水口への圧力が増し、トイレつまりを解消する事ができます。

一度では解消されない場合は、繰り返し行い、水が流れるようになるまで続けてください。

手順4:水の流れが確認できたらラップを取り除く

水が流れるようになったら、トイレつまりが解消された証拠です。

その後は、便器の穴を覆っているラップを取り除き、ゴミ箱に捨ててください。

ラップはトイレに流してはいけません。

万が一、ラップをトイレに落としてしまった場合は、必ず取り除いてください。

このラップを使った方法は、簡単でありながら効果的なつまり解消法です。

ただし、使用する際は注意深く行い、安全に作業を進めるようにしてください。

安全かつ効果的な方法でトイレの快適な使用を回復させましょう。

トイレつまりが起きたけどスッポンが無い!代用品とつまり解消方法を解説まとめ

トイレの詰まりは、たとえ現時点で支障がない程度に水が流れている場合でも、放置することは避けるべきです。

流れ方が通常と異なる、または水を流す際に異音がするなどのサインがあれば、これは早めに対処する必要があるというサインです。

もし、家にスッポンが無い場合でも心配する必要はありません。

身近にあるアイテムを使用して、トイレつまりに対処する事が可能です。

この記事で紹介したような方法を試してみる事で、自分でトイレつまりを解消できるかどうかを確かめることができます。

しかし、もし、

「自分で対処を試みても詰まりが解消されない。」

「手が届かない箇所で詰まりが発生している。」

そのような状況でしたら、プロの水道修理業者に依頼する事をオススメします。

トイレつまりは、状況に応じて適切な方法で対処する事が重要です。

プロの知識と技術に頼ることで、トイレの問題を安全かつ効果的に解決し、快適な生活を取り戻しましょう。

トイレのトラブルは、日常生活に直結する問題なので、迅速かつ適切な対応が求められます。

自分で解決できる場合はその方法を試し、必要な場合は専門家の手を借りる事で、トイレの問題を解決しましょう。

トイレつまりが自分で解消できないときはプロの専門業者に連絡しよう

トイレつまりが起きた時に、代用品を知っておくと、いざというときに役に立ちます。

軽微なトイレつまりなら、簡単に解除できるので、覚えておきましょう。

また、トイレつまりに苦労しないためには、つまりの予防も大切です。

ご紹介した方法で、どうしてもトイレつまりが解消できなかった方は、プロの水道業者にいち早く連絡するのが最適です。

東京都・神奈川県・千葉県のトイレのつまりや水漏れ修理は、「たうん水道修理センター」が素早く対応します。

出張・見積もりも無料で対応している為、気軽にご相談下さい。

24時間365日、お困りの際、いつでもお電話・メールお待ちしています。

横浜市のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

東京都・神奈川県・千葉県の全域対応
トイレつまり・キッチン・お風呂、
水道のトラブル即解決
たうん水道修理センター

今すぐ相談/無料見積

0120-991-43424時間365日受付中

0120-991-434

今すぐ相談/無料見積 24時間365日受付中

タップで
無料電話
無料電話
お気軽に
お電話下さい

神奈川県の対応エリア

  • 横浜市(青葉区・都筑区・港北区・緑区・戸塚区・瀬谷区・鶴見区・港南区・保土ケ谷区・神奈川区・西区・中区・南区・旭区・磯子区・金沢区・栄区・泉区)
  • 川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)
  • 相模原市(緑区・中央区・南区)  
  • 横須賀市
  • 鎌倉市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 茅ヶ崎市
  • 秦野市
  • 伊勢原市
  • 小田原市
  • 南足柄市

東京都の対応エリア

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 町田市
  • 多摩市
  • 八王子市
  • 立川市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 青梅市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市

千葉県の対応エリア

  • 千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)
  • 柏市
  • 市川市
  • 市原市
  • 浦安市
  • 船橋市
  • 習志野市
  • 四街道市
  • 八千代市
  • 野田市
  • 流山市
  • 松戸市
  • 成田市
  • 富津市
  • 南房総市
  • 八街市
  • 大網白里市
  • 旭市
  • 我孫子市
  • 山武市
  • 茂原市
  • いすみ市
  • 印西市
  • 勝浦市
  • 香取市
  • 鎌ケ谷市
  • 鴨川市
  • 木更津市
  • 君津市
  • 佐倉市
  • 白井市
  • 匝瑳市
  • 袖ケ浦市
  • 館山市
  • 銚子市
  • 東金市
  • 富里市