シャワートイレが水漏れ!原因と対処方法を解説

最近はシャワートイレの設置率が上がり、自宅のトイレのほとんどがシャワートイレを採用しているといっても過言ではないと思います。

シャワートイレなどトイレの構造が複雑になると、水漏れなどのトラブルが発生した際の対処法に困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

シャワートイレの水漏れは頻繁に起こるものではないと思われますが、いざというときのために知識を頭に入れておくと、とても便利です。

 

こちらでは、シャワートイレで水漏れが起こる原因と、その対処法について詳しく解説しています。

シャワートイレに多い水漏れの症状

シャワートイレの水漏れで多い症状のひとつとして、「ノズルから水がたれ続けている」というものが挙げられます。

ノズルの奥のほうから水がたれている場合もあれば、洗浄水が出る穴からポタポタとたれている場合もあり、ノズルの水漏れといっても症状はさまざまです。

シャワートイレの動作を操作するためのボタン部分下部から水が漏れているというケースもあります。

シャワートイレはあらかじめ温水を溜めておくタイプと、瞬時に温水を沸かすタイプがあり、溜めておくタイプだとパッキンの劣化などの理由から水漏れを起こしてしまうことがあります。

そのほか、シャワートイレにつながっている給水管から水漏れが発生することもあるようです。

これにも、給水管やパッキンの劣化などさまざまな理由が考えられます。

シャワートイレの水漏れを自分で直す方法

  • 給水管を交換する
  • 給水フィルターを交換する
  • 水抜栓を交換する
  • ノズルを交換する

止水栓を開けたままだと、水漏れが悪化して床や階下に浸水してしまう可能性があります。

いずれの作業を行う場合も、トイレの止水栓を必ず閉めてから行ってください。

給水管を交換する

給水管とウォシュレットをつないでいる部分から水漏れを起こしている場合は、給水管の劣化や破損が原因である可能性が高いです。

その場合は、給水管の交換を行うことで水漏れが改善されます。

給水フィルターを交換する

トイレを正面から見て、左側の部分から水漏れをしている場合は、給水フィルターが汚れやなどで目詰まりを起こし、水が漏れてしまっている可能性があります。

この場合は、給水フィルターを交換することで水漏れを解消できます。

水抜栓を交換する

水抜栓本体、もしくはパッキンが劣化することで水漏れを起こすケースも少なくありません。

この場合は、水抜栓やパッキンを交換すると水漏れが解消されます。

ノズルを交換する

洗浄ノズルの劣化も水漏れの原因のひとつです。

この場合ノズルを交換することで水漏れが解消されるケースが多いですが、シャワートイレを操作する操作盤に異常が発生した場合にも、ノズルから水漏れを起こす場合があります。

操作盤の故障の場合は、ノズルを交換しても水漏れは直らないので、業者に連絡をして操作盤自体の交換修理を行わなければならない場合もあるようです。

 

水漏れの原因となっている部品を交換することで、水漏れが解消できるケースは多いです。

ただ、ほかのパーツを分解して部品交換を行わなければならない場合が多く、慣れていないと交換後正しく部品を戻せなかったり、部品を破損させてしまう可能性があります。

自分で直らない場合は「たうん水道修理センター」へ

無理に自分で行うよりも、業者に対応してもらうほうがスムーズな場合もあります。

こちらでご紹介した対処方法を試しても状況が改善されない場合は、速やかにプロの力を借りるのがベストです。

 

「たうん水道修理センター」はトイレをはじめとする水回りのトラブルを解決するプロ。

豊富な実績から、どんな水漏れでも迅速に対処してもらえます。

シャワートイレの水漏れにお困りの方は、ぜひ気軽に問い合わせてみてくださいね。