トイレの水漏れを起こすパッキンはどれ?交換方法も解説

トイレで水漏れが起こる原因にはさまざまなものがありますが、その多くが各部品に接続されているパッキンの劣化だといわれています。

その素材からどうしても経年劣化を起こしてしまうので、気づかないうちに劣化をして水漏れが発生してしまうのは仕方がないことかもしれません。

水漏れが発生するのは突然なので、事前にどのパッキンが水漏れの原因となるのかを把握しておけば、交換用のパッキンを用意する、交換方法を理解しておくなどの対策を取ることができます。

 

そこでこちらでは、トイレの水漏れを起こしやすいパッキンの種類と、各々のパッキンの交換方法などについて詳しく解説しています。

トイレの水漏れ対策をしっかり取っておきたい方は、ぜひ参考にしてください。

トイレに使われているパッキンの種類

給水管の接続部分に使われているパッキン

トイレタンクに水を溜めるためにつながっている給水管には、接続部分にOリングパッキンが使われています。

このパッキンが劣化や破損してしまうと、給水管から水漏れが起こってしまいます。

タンクの底に使用されているパッキン

タンクに水を溜めておくためのフタ的な役割を果たしている「フロートバルブ」という部品は、パッキンと似た素材で作られています。

こちらも劣化や破損をしてしまうと、フタの役割が果たせなくなり、便器に水が流れ続けてしまいます。

止水栓についているパッキン

止水栓は水流の強さを調節したり、修理時に水を止めておくことができる部分ですが、こちらにもパッキンが使用されています。

止水栓のパッキンが劣化することで、水を止める働きができなくなって水漏れを起こしてしまうのです。

トイレのパッキン交換時に注意すべきこと

必ず止水栓を閉めたうえで作業する

止水栓が開いた状態で作業をすると、水漏れが悪化して便器の外まで水が溢れ出てしまいます。

集合住宅の場合は階下の住宅にも水が落ちてしまう場合がありますので、必ず止水栓を閉めて水が出ない状態にしたうえで作業してください。

パッキンのサイズを間違えない

自分でパッキン交換をする際にありがちなのが、パッキンのサイズ違いです。

パッキンはどれも似たような形や大きさなので、購入するときに間違えてしまう方は多いです。

必ずメーカーに確認をしたうえで購入するか、間違えないように品番などをチェックしてから購入してください。

力を入れすぎない

例えば給水管のパッキン交換を行うときは、給水管を取り外さなければなりません。

ナットを外してから給水管を取り外しますが、ナットを外すときに力を入れすぎてしまうと、ナットが折れて給水管自体が使い物にならなくなってしまいます。

ほかにも、作業中に無理をして力を入れると部品が割れてしまう、便器やトイレタンクに傷がついてしまう…といったことになりかねません。

かなりの力を入れないと部品が取れない場合は、業者に依頼をして対応してもらうのが賢明です。

パッキン交換でも直らない水漏れは「たうん水道修理センター」へ

パッキンを交換しても水漏れが解消されない場合、交換時に隙間ができてしまった可能性が考えられます。

しかしそれ以外にも原因があり、水漏れを起こしてしまっているのかもしれません。

そんなときは速やかにプロの修理業者に依頼をして、水漏れを直してもらうのが1番です。

 

「たうん水道修理センター」は、水回りのトラブルに幅広く対応してくれる修理業者。

豊富な実績と確かな技術で、トイレの水漏れもあっという間に直してくれます。

なかなか直らない水漏れにお悩みの方は、ぜひ「たうん水道修理センター」に相談しましょう。