タンクレストイレのつまりや水漏れ原因と自分でできる修理方法を解説

タンクレストイレはタンクのついているトイレよりも構造がわかりにくいので、水漏れが起きてしまったときの対処方法がわかりにくいと感じる人が多いようです。

しかしタンクレストイレも実は比較的わかりやすい構造なので、小さな故障であれば自分で修理をして水漏れを直すことができます。

タンクレストイレのつまりにおいても、原因がわかれば自分で対処できるケースも少なくありません。

こちらではタンクレストイレとトイレタンク付きのトイレの違いや、タンクレストイレの構造、タンクレストイレで水漏れしてしまった場合の対処方法などについて解説しています。

タンクレストイレでトラブルが発生してしまった際は、ぜひ参考にしてください。

タンクレストイレとは?タンク付きトイレとの違い

タンクレストイレはこれまで一般的だったタンク付きトイレのように、トイレタンクが便器の後ろに設置されていません。

そのためすっきりしたトイレの空間を作ることができ、また掃除などの手入れも楽です。

タンクレストイレは水道管とトイレが直接つながっていて、水も直接ながれるという特徴があります。

またタンク付きトイレはタンクに水が溜まらないと次に流す際しっかり流れませんが、タンクレストイレは水道と直接つながっているので、水が溜まるまで待たなければならないということがありません。

ただし、タンクレストイレは水を流す際に電気を使用します。

そのため停電時にトイレを使用したいというときは、水を流すことができないというデメリットがあります。

タンクレストイレが水漏れする原因

タンクレストイレで水漏れが発生する主な原因としては、給水管とトイレをつなげている部分にトラブルが発生しているというケースが挙げられます。

給水管が故障や破損をした、つないでいるナットに不具合が生じたという場合、水漏れが起こることが多いです。

そのほか、便器と床の隙間から水漏れしてしまうこともあります。

この場合は排水管の故障が原因です。

排水管の水漏れは排泄物が流れる関係で臭いが出てしまうことがあるので、自分で修理するよりも速やかに業者を依頼することが賢明です。

ちなみにタンクレストイレの水漏れを防ぐためには、定期的なメンテナンスが有効です。

タンクがないので自分の目で内部の部品が劣化しているかどうかを確認しづらいため、業者にメンテナンスを依頼して、トラブルが発生する前に劣化している部品を交換したり、調整してもらうことで水漏れを防げます。

タンクレストイレの水漏れを自分で直す方法

タンクレストイレは、タンク付きトイレのように目に見える部品がほとんどないこと、また水道管関連になると素人では対処しにくいことから、自分で修理して水漏れを直すということは難しいかもしれません。

ただしタンクレストイレの水が止まらないというときは、フラッシュバルブと呼ばれる部品を交換することで改善される可能性があります。

フラッシュバルブは水量の調節を行う部品のことですが、ゴミが詰まりやすいので、正常に水が流れず流れっぱなしになってしまうことがあります。

詰まったゴミを掃除したりパッキンの交換を行うことで、水が流れっぱなしになってしまう現象を解決できる可能性があります。

 

フラッシュバルブのパッキンを交換方法は、部品がついているカバーを取り外し、ナットなど設置されている部品を分解します。

その後部品周りをきれいに掃除して、その後部品を交換します。

部品交換やタンクレストイレの手入れを行う場合は、止水栓を必ず閉めたうえで行いましょう。

 

作業が終わったら、忘れずに止水栓を開けてください。

タンクレストイレもタンク付きトイレも同様ですが、使用期間によってはパッキンなどの部品が製造されていない可能性もあります。

メーカーに問い合わせて部品がない場合は、速やかに業者を手配して別のトイレに交換してもらうといった対応が必要なケースもあることを覚えておきましょう。

備え付けのトイレタンクがある場合

今回の記事ではタンクレストイレの水漏れについて述べましたが、自宅のトイレに備え付けのトイレタンクがあるという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、トイレタンクの水漏れ原因と修理方法について解説ではトイレタンクの水漏れ原因を詳しく述べております。

詳しく知りたい方は、是非ご参照ください。

自分で直せない水のトラブルはプロに依頼する

タンクレストイレの水漏れの原因や、自分で行える修理方法についてご紹介しました。

自分で対処しても水漏れが改善しない場合はプロの力を借りましょう。

「たうん水道修理センター」はトイレの水漏れをはじめ、水に関するトラブルに幅広く対応してくれる修理業者です。

迅速かつ丁寧に修理してくれるので安心して任せられます。

自分で解決できない水のトラブルが発生した際は、「たうん水道修理センター」を頼りましょう。