ハイター(漂白剤)でトイレつまりを直す方法

トイレつまりの原因にはさまざまなものがありますが、原因によってはご家庭にあるハイター(漂白剤)を使って解消できるかもしれません。

そこで本記事では、ご家庭で試せる、ハイターを使ってトイレつまりを直す方法を紹介します。
トイレがつまってしまってお困りの方はぜひご一読ください。

ハイターを使って直せるトイレつまりの症状

ハイターを使えば、どのようなトイレつまりであっても解消できるというわけではありません。
ハイターを使って解消できるのは、便やトイレットペーパーなどの水に流しても問題のないものがつまっている場合のみです。

そのため、おもちゃなどの固形物や、生理ナプキンなどの水に溶けないものをトイレに落としてつまらせてしまった場合は、この方法が使えません。

また、注意が必要なのは、固まった尿石が原因の場合のつまりもハイターでは解消できないという点です。
これは、ハイターがアルカリ性であることが理由です。
アルカリ性の薬剤では酸性の汚れを落とすことができますが、尿石はアルカリ性の汚れのため、同じアルカリ性のハイターでは落とすことができません。

ハイターでは解決できない症状の場合は、早急に専門業者に相談して対処してもらいましょう。

ハイターを使ってトイレつまりを直すやり方

トイレつまりの症状が上記で紹介した内容に当てはまるのであれば、ハイターを使って対処することが可能です。

ここからは、具体的な手順を紹介していきます。

手順①便器の水を汲んで水位を低くする

まずは、灯油ポンプなどを使ってトイレの水を汲みます。
このあと、残っている水にハイターを溶かすのですが、水が多すぎるとハイターが薄まって効果を発揮できない可能性があるため、ここで水を少なくしておく必要があります。

また、この段階で換気扇を回し始めて、トイレ内の換気をしっかりと行っておきましょう。
換気扇のないトイレの場合は、窓やドアを開けることで換気ができます。

手順②ハイターをトイレに入れてしばらく放置する

続いて、100cc程度のハイターをトイレに入れます。

このとき注意したいのは、ほかの薬剤と一緒に使用しないということです。
特に注意が必要なのは、「混ぜるな危険」とパッケージに書いてある薬剤です。
ハイターとの組み合わせによっては、人体にとって有毒な気体が発生して、最悪の場合は命を奪ってしまう可能性もあります。
ハイターを使ってトイレつまりを解消する際は、必ずハイター単体で使うようにしましょう。

ほかの薬剤を使っていないことを確認したうえでハイターをトイレに入れたら、30分程度放置します。

手順③少量の水を流して確認する

30分経過したら、トイレのレバーを「小」のほうに回して少量の水を流してみましょう。
ここで水が正常に流れたことが確認できたのであれば、つまりは解消できたということになります。

もし上記①~③の手順で作業を行っても水が流れない場合は、つまりが解消されていないということが考えられます。
自分では対処できない症状になっている可能性もあるため、早急に専門業者に連絡をとって対処してもらいましょう。

ハイターでトイレつまりを解消する際は安全性に気をつけよう

いかがでしたか?
ハイターを使ってトイレつまりを解消するための作業の手順を紹介しました。

トイレつまりの症状によってはハイターを使うことで簡単に対処できますが、換気やほかの薬剤との組み合わせなどの安全面には十分に気をつけて作業しましょう。

ハイターを使ってもつまりが直らない場合は、「たうん水道修理センター」までご相談ください。
東京・神奈川のトイレのトラブルに24時間365日スピード対応いたします。