重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを直す方法を紹介

トイレがつまると焦ってしまう方も多いかもしれませんが、つまりの状況によってはご自宅にある重曹とクエン酸、もしくはお酢を組み合わせて使えば解決できるかもしれません。

そこで今回は、重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを直す方法を詳しく紹介します。
トイレがつまっていて、専用の器具がないため困っているという方はぜひ本記事で紹介する手順を参考にしてみてください。

重曹とクエン酸(お酢)を使って直せるトイレつまりの症状

トイレがつまってしまう原因はいくつかあります。
どのような場合でも重曹とクエン酸で解決できるというわけではないため、まずはこれから解説する条件が今回のトイレつまりの状況と合っているかどうかを確認しましょう。

便やトイレットペーパーなど、水に溶かすことができるものがトイレにつまっているという場合はこの方法が有効です。

そもそも重曹とクエン酸でトイレつまりを解消できる仕組みとは、この2つが化学反応を起こすことによって生じる泡を使ったものです。

この泡でつまりの原因となっている汚れを溶かすことでつまりを解消できるため、水に溶かすことのできる異物がつまっている場合のみ使えます。

反対に、猫砂やおもちゃ、生理ナプキンなどの水には溶けないものがつまっている場合はこの方法が使えません。

重曹とクエン酸(お酢)を使ってトイレのつまりを解消する方法

重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを直す場合、まずは以下のものを用意しましょう。

トイレつまりの解消に必要なもの

  • 重曹:1/4カップ
  • クエン酸(もしくはお酢):1/2カップ
  • 40~50℃のぬるま湯:便器の半分ぐらいの位置まで満たせる量

クエン酸が手元にない場合は、同じ成分を含むお酢でも代用可能です。

ここからは、具体的な作業の手順を紹介していきます。

手順①事前準備を済ませる

まずは、安全に作業を進めるための事前準備が必要です。
以下の順番で準備を進めましょう。

トイレつまり解消の事前準備の手順

  1. トイレのコンセントを抜く
  2. 換気扇を回す(ない場合は窓を開ける)
  3. ポンプなどを使って水をできるだけ汲んでおく

手順②重曹とクエン酸(お酢)をトイレに入れる

準備が完了したら、重曹とクエン酸を順番にトイレの排水口に入れていきます。
このとき、きちんと化学反応を起こせるように、投入する順番は必ず守りましょう。
少し待つと泡が発生するはずです。

手順③ぬるま湯をトイレに入れて1時間程度放置する

重曹とクエン酸が反応して泡が立ったことが確認できたら、ぬるま湯をトイレに注いでいきます。
腰の位置ぐらいの高さから少しずつ注いでいきましょう。
量は、排水口が浸かるぐらいの位置が目安です。

お湯を注いだら、便器のふたを閉じて1時間程度放置します。

手順④バケツで水を流してトイレの状態を確認する

1時間経過したら、つまりが解消されたかどうかを確認しましょう。
バケツを使って水を少しずつ流して、もし正常に水が流れるようであればつまりは解消できたといえるでしょう。

万が一、指定の手順に沿って作業を進めたにもかかわらず、水が流れないのであれば別の対処が必要かもしれません。
自己判断で無理に直そうとせずに、専門業者に相談することをおすすめします。

軽いトイレつまりであれば重曹とクエン酸を使えば解消できる

いかがでしたか?
重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを解決する方法を紹介しました。

この方法では、重曹とクエン酸が化学反応を起こすことによって発生する泡で、トイレにつまっている汚れを落とすという仕組みでつまりを解消します。
そのため、便やトイレットペーパーなどのようにトイレに流せるものがつまっている場合のみ使える方法です。

固形物を落としたことが原因によるつまりや、上記の方法を試しても解決できないつまりの場合は、「たうん水道修理センター」までご相談ください。