トイレつまりを悪化させない!すぐに気付ける4つの前兆とは|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレつまりを悪化させない!すぐに気付ける4つの前兆とは

トイレつまりを起こしてしまう前に、気づいて対処したいとお考えの方は多いのではないでしょうか?
実は、トイレがつまる際にはさまざまな前兆があります。

そこで本記事では、トイレつまりを悪化させたくないという方向けに、つまる前に見られる前兆を4つ紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

トイレつまりの前兆4選

トイレがつまる前には、主に4つの前兆があります。
早い段階で適切な対応をすることで、大きなトラブルに発展することを防げます。

前兆①便器からの水の流れが弱い

水を流したとき、今までよりも水の流れが弱いと感じたら、トイレがつまる前かもしれません。
その場合、排水管の中で何かしら問題が起きている可能性が高いです。

流れが弱いからといって突然水が止まることはほとんどないため、緊急性が低く放置されやすい症状です。
しかし、放置してしまうと悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。

前兆②タンクから流れる水が少ない

タンクから流れる水が少なくなってきたら、どこかでつまりが始まっているかもしれません。
原因としては、タンク内の水が少ないことや水道管の不具合が考えられます。

水道管の不具合の場合は、適切な対処しないとどんどん水流が弱くなっていくので、早めの対処が必要です。

前兆③水を流した後の水位が高い

水を流した後、普段より便器内の水位が高い場合もトイレつまりが始まっている可能性があります。

この場合、排水管がふさがりつつあり、いつ完全にふさがるのかが分からないため、非常に危険な状態です。
放置を続けると便器から水があふれることもあるので、注意しましょう。

前兆④コポコポと音が鳴る

水を流したとき、便器からコポコポと異音が聞こえる場合も注意が必要です。

タンクやウォッシュレットから音が出ている場合は、比較的簡単に確認ができますが、便器の中や床から音がする場合は、早めに業者に問い合わせて点検してもらいましょう。

トイレつまりの前兆を感じたら早めに業者に相談しよう

いかがでしたでしょうか。

トイレつまりにはさまざまな前兆がありますが、どれも正常な状態では起こり得ない症状です。
早めに気付いて適切な対処を行うことで、大きなトラブルに発展することを防げるでしょう。

「たうん水道修理センター」では、水回りのトラブルについて365日24時間受付対応をしています。
お困りの際は、お気軽にたうん水道修理センターまでお問い合わせください。