ビニール袋を活用してトイレつまりを直す方法

急にトイレつまりが発生した際に、つまりを解決するラバーカップなどの道具がいつでもあるとは限りませんよね。
実は、道具がなくともビニール袋を使えばトイレつまりを解消できる可能性があります。

今回は、ビニール袋を利用してトイレつまりを直す方法を紹介します。
急にトイレがつまってしまい困っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ビニール袋を活用して直せるトイレつまりの症状

トイレつまりといっても、その原因や症状にはさまざまなものがあります。
どのようなシチュエーションのトイレつまりであってもビニール袋で解決できるというわけではありません。

以下に挙げたものが原因でトイレつまりが起こっている場合は、ビニール袋を活用して解決できます。

ビニール袋で解決できるトイレつまりの原因

  • トイレットペーパー
  • ティシュペーパー
  • 嘔吐物
  • 携帯電話
  • おもちゃ
  • おむつ・生理用品

ただし、トイレットペーパーやティシュペーパーに関しては、つまっている量が多すぎる場合は解決されないことが想定されます。
また、手の届かない配管の奥で異物がつまっている場合も同様にビニール袋を使っての解決は難しいでしょう。

つまっているものが見えない場合や原因が不明な場合は、業者に連絡して確認してもらう方法が安全です。

ビニール袋を活用したトイレつまりの直し方

ビニール袋を活用したトイレつまりの直し方には、2つの方法があります。

直し方①手で排水管口を出し入れする

1つ目の直し方は、手をビニール袋で覆いスッポンの代わりになるように、排水管口の水圧を変化させる方法です。

一連の手順は、以下になります。

ビニール袋を使って水圧を変化させてつまりを解消する手順

  1. 水の量を調整する
  2. 手をビニール袋で覆う
  3. 両手をこぶしにして水圧を加える
  4. 水を流して確認する

まず、水の量を確認してあふれそうな場合は、バケツなどを利用して水を減らしましょう。
逆に少ない場合は、こぶしで水圧をかけられる程度の水を入れるとよいです。

手をビニール袋で覆う際は、手首の部分を輪ゴムで留めると水の浸水を防ぐことができます。
また、ビニール袋が破損する場合に備えて2重にしておくと安心です。

こぶしを使って排水管口の部分をポンプのように上下させることで、次第につまりをなくすことができます。

直し方②手で固形物を取る

2つ目の直し方は、手で固形物を取り出す方法です。
一見、原始的なやり方になりますが、つまりの原因となっている固形物の位置が浅い場合は、すんなり取り除けることもあります。

一連の手順は、以下になります。

ビニール袋を使って異物を取り出す手順

  1. 水の量を調整する
  2. 手をビニール袋で覆う
  3. 手を排水口の奥に入れて固形物を取り出す
  4. 水を流して確認する

水の量を調整して、手にビニール袋をするところまでは、直し方①の手順と同じです。

固形物を取り出す際にうっかり落としてしまうとさらに奥につまることも考えられるため、できるだけゆっくり取り出すようにしましょう。

急なトイレつまりはビニール袋で解決しよう

いかがでしたでしょうか?

急にトイレつまりが起きてしまった場合に、スッポンなどの用意がないときはビニール袋を活用して対処することが可能です。

まずは、ビニール袋を手に巻いてスッポンの代わりになるようにこぶしを上下させてみましょう。
また、つまりの原因となっている固形物の位置が浅い場合は、手で取り除くことで解決できます。

自身で取り除くことができない場合は、早めに業者に連絡して確認してもらいましょう。
トイレつまりでお困りの際は、「たうん水道修理センター」までご相談ください。