トイレのニオイの原因はつまり?緩和させる方法

「うわ、トイレから嫌なニオイがする……」

この記事をご覧になっている方は、このような状況になっていてお困りのことでしょう。

実は、トイレがつまっていると、便器から嫌なニオイがすることがあります。

そこでこの記事では、トイレのつまりでニオイがする原因と、その解決方法について解説します。
今すぐにニオイを取りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイレつまりでなぜ臭くなるのか

まずは、トイレのつまりで臭くなる原因を解説します。

便器と排水口をつなぐ部分では、下水からの異臭や虫が登ってくることを防ぐために、水を溜め置いています。

この溜め置いている水は「封水」と呼ばれるものです。

普段から節水のために流す水を少量にしていると、十分な水流がないために、便器と排水口をつなぐ部分で糸くずや髪の毛がつまることがあります。
そうすると、排水するたびに糸くずや髪の毛が封水の溜め込みを邪魔してしまい、十分な封水が確保できなくなります。

そのため、つまってしまうと下水から異臭がきてしまうのです。

トイレのニオイを緩和させる方法

トイレのニオイを緩和させるには、つまりを直す必要があります。
以下に、直す方法を2つ紹介します。

方法①節水をせずに水を流す

1つ目の方法は、節水をせずに水を流すことです。

つまりの原因が節水による流す水の不足であれば、節水をせずに水を勢いよく流せば解決できるでしょう。
糸くずや髪の毛程度がつまっているだけの場合、流す水の勢いがあれば元通りになります。

方法②ラバーカップ(すっぽん)を使う

2つ目の方法は、ラバーカップを使うことです。

水を強く流してもつまりが改善されない場合は、つまりがひどくなっている可能性が考えられるため、ラバーカップを使ってみましょう。

便器のなかにラバーカップを当て、ゆっくりと押しこんで引き戻す作業を数回繰り返してください。
そうすると、つまりが直る可能性があります。

トイレつまりによる嫌なニオイは水を強く流して直してみよう

いかがでしたでしょうか。 便器からの嫌なニオイは、封水が足りなくなることで発生します。

水を強く流す、もしくはラバーカップを使うとつまりを解消でき、ニオイが取れる可能性があります。

それでもニオイがするときは「たうん水道修理センター」へ

トイレの水を強く流しても、ラバーラップを使っても、ニオイが取れない場合は・・・。

「たうん水道修理センター」まで、お気軽にご相談ください。

頑固なニオイもすぐに解決!
突然のトラブルにも素早く対応してくれるので、安心して任せられる修理業者です。

トイレのトラブルが発生したら、ぜひ連絡してみてください。