トイレのつまり?水流が少しずつ流れるときの改善方法を解説

トイレの水が少しずつ流れる原因は、もしかするとトイレのつまりによるものかもしれません。トイレのつまりはいろいろな原因によって起こりますが、できるだけ早く改善させたいですよね。

こちらでは、トイレの水が少しずつしか流れない原因や、その対処方法について解説しています。

トイレのつまりは誰もが1度は経験すると思います。

いざというときスムーズに対応できるよう、ぜひこちらの情報を参考に対処法を覚えておきましょう。

トイレで少しずつ水が流れる原因

トイレの水が少しずつしか流れなくなってしまった原因を考えてみましょう。

軽度のつまりが起きている

「軽度のつまり」というのは、少しずつでも水が流れている場合は完全につまっているわけではないと考えるためです。

つまりといってもさまざまな原因があり、トイレットペーパーの使いすぎでつまってしまっている場合もあれば、便器になにか排泄物以外の異物を落とし、そのまま流してしまった可能性もあります。

 

トイレットペーパーの場合は、あまり硬く詰まってしまうと状況が改善されませんが、少しずつでも溶け出せば時間をかけて正常な状態に戻るケースも多いです。

小物などの固形物になると、何度流しても溶けないのでずっとつ水道自体にトラブルが起きている

トイレ周りだけでなく、断水など水道自体にトラブルが起きている場合にトイレの水流が弱くなる可能性があります。

この場合は、トイレではなく水道自体の点検や修理が必要です。

トイレの軽度つまりを自分で直す方法

トイレが軽くつまってしまっている場合は、以下の対処法で改善される場合があります。

  • お湯を流す
  • 液体洗剤を流す
  • 通水カップを使ってつまっているものを取り除く
  • 手でつまっているものを取り除く

小物などの固形物は溶けることはありませんので、自力で取れないものは業者に依頼をして取り除いてもらうしかありません。

トイレットペーパーの場合はもともと水に溶けやすい性質なので、つまっていてもお湯を流すことで改善される可能性があります。

大きいバケツにお湯を用意して、便器に流したらしばらく置いておきましょう。

その後流したときに、つまりが改善されているかもしれません。

 

液体洗剤は排泄物がつまっているときに使用することで、つまりを解消できることがあります。

洗濯用洗剤にはたんぱく質を分解する作用があり、たんぱく質が含まれている排泄物を分解できるかもしれないからです。

ちなみに尿石によって軽いつまりが起こっている場合は、酸性の洗剤を流すことでつまりを改善できる可能性があります。

 

通水カップは圧力で詰まっているものを取り除くことができる道具です。

トイレに常備しているという人も多いのではないでしょうか。

通水カップはいろいろな物体のつまりを取り除くことができるので、こちらも活用してみてください。

これらの方法でも取れない場合、もしくはつまっているものが見えている場合は、ゴム手袋などをして直接手でつまっているものを取り除きましょう。

おむつなどを流してしまった場合は、お湯や液体洗剤では溶けないので、通水カップで手前に引き出してから手で取り除くしかありません。

トイレの水位が少しずつ下がる原因

トイレのトラブルの中でも、似たような状況で水位が少しずつ下がるのを経験したことがある方も多いかと思います。

似たような症状ですが、少し性質が異なるので、こちらに関しても知っておくと便利です。

詳しく知りたい方は、下記記事をご参照ください。

トイレの水位が下がる原因は?つまりとの関係や改善方法を解説

状況が改善されない場合は「たうん水道修理センター」へ

自分でできる対処方法を試してみてもトイレの水流が改善しない場合には、速やかに「たうん水道修理センター」へご相談ください。

「たうん水道修理センター」は、トイレや水回りのトラブルを迅速に改善してくれるプロの修理業者です。

 

手頃な価格でスピーディーに対応してくれる、とても頼れる存在です。ぜひ気軽に相談してみましょう。