トイレの水位が下がる原因は?つまりとの関係や改善方法を解説

便器に入っている水の水位が下がるのは、つまりが原因なのでしょうか?

こちらでは、トイレに溜まっている水の役割や、水位が下がる原因、また自分で水位を正しい状態に戻すための方法について解説しています。

トイレのトラブルは急に起こるので慌ててしまいがちですが、予備知識があれば落ち着いて対処できます。

ぜひこちらの情報を参考に、予備知識をおさえておきましょう。

トイレの水がない!水位が下がる原因

トイレの水とひと言でいっても、トイレタンクの水が少なくなってしまうケースや、便器の中に溜まっている水が減ってしまうなどいろいろな症状があります。

トイレタンクの水位が下がる原因としては、止水栓を閉めてしまっている場合や、トイレタンクの栓の役割を持つゴムフロートが劣化してしまい、水が少しずつ流れ出しているといったことが考えられます。

 

便器内に溜まっている水を「封水」といいますが、封水が少なくなってしまう原因には、排水管に異物や汚れがつまってしまったり、集合住宅の場合は気圧の変化によって水位が下がる場合などがあるようです。

いずれにしても一定の水位を保っていないと、トイレの使用に影響をきたしてしまいますので、何らかの方法で改善しなければなりません。

トイレにたまる水の役割

先に触れた封水には、排水管から発生している臭いが上がってこないようにする役割があります。

トイレだけでなく、キッチンや浴室にも封水ができるように設計されている住宅がほとんどです。

トイレは水回りの中でも特に配管の臭いが強いので、封水が少なくなってしまうとトイレに悪臭が上がってきてしまいます。

当たり前のように見ていたトイレの水ですが、れっきとした役割があったのですね。

トイレの水位が下がるのを自分で直す方法

  • トイレタンクの鎖やゴムフロートを交換する
  • 便器にお湯を流す
  • 排水管のつまりを改善する
  • 排水管の空気圧に対応する

トイレタンクの水が下がっている場合は、トイレタンク内の鎖やゴムフロートといった部品を交換することで、従来どおりの水位まで水が溜まるようになる可能性があります。

封水が少なくなっている場合は排水管のつまりが原因の場合がありますので、つまりを改善することが先決です。

排水管につまっているものが何かによっても対処法は変わってきますが、トイレットペーパーや排泄物、汚れなどは、お湯を流すことで溶け出しつまりが改善される場合がありますので試してみてください。

 

お湯を流してもつまりが改善されない場合は、通水カップなど物理的につまりを改善する道具を使ってつまっているものを取り除きましょう。

封水が少ない状態でラバーカップを使用すると、水がハネてしまう場合があります。

つまっているものが飛び散ったときにすぐ対処できるよう、便器の周りに新聞紙を敷くなどして養生をしておくと安心です。

 

気圧によって封水が下がる場合は、排水管の空気圧の変化に対応できるよう、排水管の大きさを変更したり、外から空気を入れられるように通気管を設置するといった対処が有効です。

ただし賃貸物件の場合は自己判断で対応できないため、管理会社や大家さんに相談のうえで行うようにしてください。

トイレつまりで水が少しずつ流れる状況について

トイレのトラブルの中でも、似たような状況で水が少しずつしか流れないのを経験したことがある方も多いかと思います。

似たような症状ですが、少し性質が異なるので、こちらに関しても知っておくと便利です。

詳しく知りたい方は、下記記事をご参照ください。

トイレのつまり?水流が少しずつ流れるときの改善方法を解説

自分で直らない症状は「たうん水道修理センター」へ

自分で対処しても状況が改善されない場合は、「たうん水道修理センター」に依頼をして修理してもらうのもひとつの方法です。

「たうん水道修理センター」は豊富な知識と実績から、迅速にトイレのトラブルを解決してくれます。

無理に自分で直そうとせずに、プロの力で素早く解決して快適にトイレが使用できるように対処しましょう。