トイレつまりはパイプクリーナーで解消できる?簡単な使い方

トイレつまりが起きた場合に、排水管の汚れを洗浄する液剤や洗浄液を使いたいと考える方は多いのではないでしょうか?
実は、液剤タイプのパイプクリーナーはトイレがつまったには効果が薄く、真空式のパイプクリーナーが効果的といわれています。

本記事では、真空式のパイプクリーナーでトイレつまりを解消する使い方の手順を紹介していきます。
トイレがつまって困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

パイプクリーナーを使用して解消できるトイレつまりの症状

まず、パイプクリーナーを使用して解消できる、トイレがつまる主な症状を紹介します。
パイプクリーナーといっても、すべての原因に効果的であるというわけではないので、使いどころに注意しましょう。

症状①水が流れにくくなっている

トイレつまりの代表的な症状として、水が流れにくくなる場合や完全に流れないことがあります。

このときに注意したいことが、完全に水が流れない場合はパイプクリーナーでは解決できない可能性があるということです。

あくまで、レバーを回した時に水の流れが悪いといったことに有効であるため、注意が必要です。
水の流れが悪いまま放置してしまうと、余計に悪化して完全に水が流れなくなることが考えられます。

症状②便器内の水位がいつもより高くなっている

トイレつまりが起こった時には、便器内の水位がいつもより高くなっていることがあります。

便器内の水は封水と呼ばれており、排水管から立ち上る異臭を防ぐために水が張られています。

しかし、トイレがつまると封水が適切な水量に保たれなくなりどんどん水位が上がって、最終的に便器からあふれてしまうことが考えられます。

パイプクリーナーは、便器内の水位がいつもより高いと感じた場合に有効であり、完全にあふれてしまった場合にはつまりの解消ができない可能性があるので注意しましょう。

トイレつまりを解消するパイプクリーナーの使い方

トイレつまりに効果のある真空式のパイプクリーナーは、ラバーカップ(スッポン)と似た構造をしています。
空気圧で水を吸い上げることにより、トイレにつまっているものを動かして水を流すという仕組みです。

ただし、ラバーカップよりも効果が大きいといわれており、強い空気圧で勢いよく水を吸い上げることや押し出すことが可能です。
使い方としては、以下のようになります。

手順①便器の周りを新聞紙等で養生する

パイプクリーナーは、空気圧で便器内の水を吸い上げるため周囲に汚水が飛び散る可能性があります。

壁や床に汚水が飛び散ると衛生的にもよくないため、便器の周りを新聞紙やいらない布などを使って養生しましょう。

また、自分自身にも汚水が飛び散る可能性もあるため、汚れてもいい服でつかうことをおすすめします。

手順②便器の排水口に吸着させる

次に真空式パイプクリーナーのラバー部分を、便器の排水溝に吸着させます。

空気が入らないようにすき間なく吸着させることで、水を飛び散りにくくします。

ラバーカップを使ったことがある場合は、ラバーカップと同じように吸着させるとよいでしょう。

手順③ハンドルを上下に押し引きする

最後に、ハンドルを上下に押し引きして、つまりの原因となる物を動かします。

ハンドルを上に引き上げると水を吸引する仕組みであるため、つまりの原因となっている物をそのまま押し出して流すよりも引き上げて回収することをおすすめします。

空気圧で物を押し流してしまうと、排水管やもっと奥の部分でつまりを起こしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

トイレつまりには真空式パイプクリーナーが有効

いかがでしたでしょうか?

トイレつまりにはさまざまな原因がありますが、軽度な症状であれば真空式パイプクリーナーで解消できる可能性があります。
ラバーカップと同じように空気圧を使って、つまりの原因となっている物を動かします。

ただし、症状がひどい場合は専門業者に依頼して修理してもらうことをおすすめします。

「たうん水道修理センター」は、トイレのさまざまなトラブルを迅速に解決できます。
ぜひお気軽にお問合せください。