尿石がトイレにつまる場合とは?すぐできる対処法

商業施設で働かれている方や店舗を運営している方などは、便器の掃除をする機会が多いでしょう。
トイレでつまりを起こしていると、原因がわからなくてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

つまりを起こしやすい原因となるものに、「尿石」と呼ばれるものがあります。

そこで、この記事では、尿石がつまるシチュエーションとつまったときの対処法を紹介します。
トイレを掃除するなかでつまりに直面し困っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

尿石とは

尿石とは、人間の尿に含まれている尿素やタンパク質などの成分が細菌になったもので、トイレのニオイの原因になります。
便器のなかで黄色い汚れになっているものが、尿石である可能性が高いです。
また、便器のなかでも、男性が使う小便器で発生しやすいです。

どんなときに尿石がつまる?

では、尿石はどのようなときにつまるのでしょうか。

基本的に、トイレをあまり掃除しないと、つまりを起こす可能性が高いです。

定期的に便器を掃除しているとしても、排水管や便器の奥など通常だと掃除をしないような場所に付着することがあります。

完全につまりを予防するのは難しいですが、普段から掃除をしていると汚れが落ちやすくなるでしょう。

トイレの尿石つまりを直す方法

つまりを解消するには、どのように対処すればいいのでしょうか。
以下に、その対処法を2点紹介します。

対処法①ラバーカップ(すっぽん)を使う

1つ目の対処法は、ラバーカップを使うことです。

ラバーカップは、トイレつまりを解消するときに使われる器具で有名ですが、この場合でも使うことができます。
ただし、便器内に十分な水量がないと効果を発揮できないため、便器に水があるときに活用するようにしましょう。

手順としては、ラバーカップを排水口に押し付け、ゆっくりと押し込み引く動作を繰り返してください。
この一連の動作を複数回行うと、つまりを解消できる可能性があります。

なお、小便器でラバーカップを使う場合には、便器の蓋とそのなかにあるトラップを外してから行うようにしましょう。

ただし、ラバーカップでのつまり解消は一時的な解決策です。

尿石は便器や排水管にこびりつくため、ラバーカップの押し出す力や吸引力では根本的な解決にはなりません。
しっかりと対処するには、専用の薬剤を使用することがおすすめです。

対処法②酸性のトイレ用洗剤を使う

2つ目の対処法は酸性のトイレ用洗剤を使うことです。

尿石はアルカリ性なので、アルカリ性の逆の性質を持つ酸性の薬剤を使うと解消できます。
また、酸性のトイレ用洗剤は市販されているため、手軽に入手できます。

尿石がつまっている箇所に対して酸性のトイレ用洗剤を使うと、黄色い汚れが簡単に落ちるでしょう。
黄色い汚れが落ちることでつまっている尿石を溶かせます。

ラバーカップを使うよりも簡単かつ有効性が高いので、尿石のつまりには酸性のトイレ用洗剤を使うことがおすすめです。

尿石つまりは酸性のトイレ用洗剤を使って解消しよう

いかがでしたでしょうか。
今回は、数あるトイレつまりの原因の内、尿石のつまりについて紹介しました。

尿石は、トイレのニオイの原因の元になるアルカリ性の黄色い汚れです。
ラバーカップを使う、もしくは酸性のトイレ用洗剤を使うことでつまりを解消できるでしょう。

「たうん水道修理センター」では、東京や神奈川地域を中心に、トイレつまりのレスキュー隊として活動しています。

トイレがつまってお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。