トイレの汚水が漏れるのはどうして?根本的な原因と解決方法

水回りのトラブルは、生活に支障をきたすため非常に厄介です。
特にトイレの汚水漏れは、トイレが使えなくなるだけでなく、悪臭が発生したり、掃除の手間が増えたりと、様々な二次災害を引き起こします。

そこで本記事では、トイレから汚水が漏れる原因と、万が一漏れてしまった時の対処法を解説します。
トイレから汚水が漏れてお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

トイレから汚水が漏れる原因

トイレは便器やタンク・排水管や給水管など多くのパーツから構成されています。
1つのパーツに異常が起きるだけで、全体の稼働に影響を与えてしまいます。

それでは、汚水が漏れる原因は一体何でしょうか。
以下で、考えられる主な原因を見ていきましょう。

トイレつまりが発生している

排水管の道は広さが限られており、基本的に水溶性の物質しか流せません。
万が一、水に溶けない物質や固形物が流れてしまった場合、つまりを生じる恐れがあります。
また、トイレットペーパーや排泄物であったとしても、量が多かったり流す水が少なかったりすると、上手く流れずにつまってしまうかもしれません。

排水管がつまると水をせき止めてしまうため、汚水が溢れ出るリスクが高いです。

汚れが蓄積している

トイレの便器のS字部分である「堰(せき)」を超えた排水路には、排泄物やトイレットペーパー・その他の異物が溜まりやすいです。
意外と見落とされがちな尿石も蓄積されていきます。

トイレの便器や排水管に汚れがたまると、水が流れにくくなり、逆流して溢れ出るケースがあります。

排水管や汚水枡などの劣化・故障

同じトイレを長年使っていると、便器やタンク・排水管や汚水枡など、様々なパーツが劣化します。
また、普段使用していて見えない部分は、気づかないうちに故障している可能性も考えられます。

トイレの寿命は10年前後と言われているため、時が経つにつれ汚水漏れを引き起こす確率が上がっていくでしょう。

トイレから汚水が漏れた際の対処法

では実際に、トイレから汚水が漏れたらどう対処すべきでしょうか。

止水栓を閉める

トイレの止水栓は、給水量を調節する役目を果たしています。
まずは便器内の水がさらに増えるのを防ぐため、止水栓を閉めましょう。

止水栓はトイレタンク付近の壁や床にあります。
蛇口タイプでない場合は、マイナスドライバーや硬貨を使ってレバーを回してください。
止水栓を閉じれば、さらに水が溢れ出す心配は要りません。

汚水を汲み出す

汚水が漏れている時は、通常よりも便器内の水位が上がっているケースが多いです。
その場合は、便器内に溜まった水を汲み出しましょう。
バケツや給油ポンプ、半分に切ったペットボトルを使うのがおすすめです。

つまりを取り除く

汚水漏れの原因となっている根本的なつまりを取り除きましょう。
ただし、つまっている物により対処法が異なります。

まず、トイレットペーパーや人の排泄物など、便器の中に流して良い物が蓄積している場合、ラバーカップを使って吸引するのが手っ取り早いです。
ラバーカップは便器の凹みに押し当て、素早く引く作業を繰り返します。蓄積している物が引き上げられて、水が流れるようになります。

また、パイプクリーナーやハンガーを代用しても良いでしょう。
40〜60度ほどのお湯を流すと、つまっている物がふやけて柔らかくなり、水に溶けやすくなります。

一方で、固形物や非水溶性の物質が蓄積している場合は、慎重な対処が必要です。
目視できる範囲で止まっている場合は、ゴム手袋などを装着し手で取り出します。

マジックハンドやピックアップツールを使えば、手を便器に入れることなく、異物を取り出せるかもしれません。
異物が便器の奥や排水管の方で止まっている場合は、自力で解決するのが難しいです。
ラバーカップやハンガーなどを用いて無理に取り除こうとすると、さらに奥へ移動させてしまったり、便器や排水管を傷つけたりする恐れがあります。

すぐに業者に相談し、異物を取り除いてもらいましょう。

定期的なメンテナンスで汚水漏れを防ぐ

いかがでしたでしょうか。

今回は汚水漏れの原因や対処法を紹介しました。
経年劣化や故障・トイレつまりが原因で引き起こされるので、定期的なメンテナンスやトイレを大切に使うことで予防することが大切です。

定期的な点検や日頃の掃除を心がけるようにしましょう。
急な汚水漏れでお困りの方は、「たうん水道修理センター」へいつでもご相談ください。