固形物が原因のトイレつまりが起きたときの注意点と6つの解消方法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

固形物が原因のトイレつまりが起きたときの注意点と6つの解消方法

トイレには水やトイレットペーパー・人の排泄物以外は流せません。
しかし、トイレの収納棚に置いていたブラシやメガネ・ボールペンやスマートフォンをうっかり落としてしまうケースもあります。
固形物が便器の中に流れるとそれが便器内部でつまってしまい、うまく水が流れず水漏れなどのトラブルを招いてしまうリスクが高いです。

そこで本記事では、固形物によってトイレつまりが発生した時の注意点や対処法を取り上げます。
便器のなかに固形物を落としてしまってお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

固形物によってトイレつまりが起きた時にしてはいけない事

固形物が便器内に落ちてしまった時、急な出来事で慌ててしまう方も多いでしょう。
しかし、対処法を間違えてしまうと二次災害に発展する可能性もあるので、落ち着いて行動することが大切です。
以下で、トイレつまりの原因が固形物の場合にしてはいけないことを見ていきましょう。

放っておく

トイレつまりは放っておくと取れるという情報もあります。
しかし、放っておいてもよいのはティッシュペーパーや排泄物など、水に溶ける性質をもった物質が原因の時です。
これらの物質が蓄積している時は、数時間おくと物質が柔らかくなり自然と消えていきます。

しかし、非水溶性の固形物が引っかかっている時は、そのままにしてもつまりが解消することは決してありません。
原因が固形物であることが判明したら、放置せずに迅速に対処しましょう。

水で流そうとする

「水をたくさん流せばつまりも解消されるのではないのか」と思う方もいるでしょう。
しかし、水をたくさん流すと固形物はどんどん奥へといき、取りづらくなってしまう恐れがあります。

また、水が正常に流れないと便器のなかに溜まっている水位がどんどんと上昇していきます。
そのため、何度も繰り返して流してしまうと、便器から水が溢れてしまうので、この行為はしないようにしましょう。

無理にラバーカップを使う

トイレつまりを解消する道具として有名なものが、圧力を利用してつまりを押し流すラバーカップ(スッポン)です。

ただし、ラバーカップで押し流せるものは先ほど説明した、トイレに流してよい水に溶けるものに限られます。
メガネやボールペンなどの固形物を、ラバーカップを用いて無理に流そうとすると排水管や陶器でできた便器を傷つけてしまいます。

ラバーカップはつまりの原因が明確な時に最終手段として用いてください。

固形物によってトイレつまりが発生した時の対処法

では固形物が便器のなかに引っかかった時、どのように対処すればよいのでしょうか。

排水枡を塞ぐ

トイレには排水枡と呼ばれる、排水の中の汚れ・ゴミを水と分離させて溜め込み、水だけを排水管に流す装置があります。
固形物が便器に流れ込んだ場合は、まずは排水枡を塞いで、固形物が排水管へと流れるのを防ぎましょう。

ただし、集合住宅やマンションの場合は、個人の判断で排水枡を操作するのは危険です。
トラブルの原因とならないよう、管理人に相談しましょう。

通水テストをする

固形物がつまっているか、排水管へと移動してしまったかを確認します。
トイレットペーパーをピンポン球程度の大きさに6〜7個丸め、流してみてください。

固形物と一緒に排水枡にトイレットペーパーが流れてきたら、取り除きます。
トイレットペーパーが流れてこない時は、固形物が止まっていると予想されます。
反対にトイレットペーパーのみが流れてきた時は、固形物は既に排水管内にある確率が高いです。
いずれのケースでも、業者に相談してみましょう。

止水栓を閉める

つまりを直す作業を始める前は、止水栓を必ず閉めましょう。

止水栓とは水の量を調節する部品で、閉め忘れると作業中にタンクから水が漏れてしまう恐れがあります。
止水栓には蛇口タイプやドライバータイプ・内ネジタイプなどがあるため、必要な工具を準備しておきましょう。

手で取り出す

まず、トイレの中に手を入れる前に、衛生面を考慮してゴム袋をはめて水が手に触れないようにしましょう。
便器の中にはたくさんの病原菌があるので、素手で触れてしまうと病気になってしまう危険性があります。

つまりの原因が目で確認できる場合はそのまま取り出せばよいですが、仮に目視できる位置になくても、便器の奥まで手を伸ばせば届く可能性があります。

マジックハンドを使う

便器に手を突っ込むことに抵抗がある方は、マジックハンドや先端に爪がついたピックアップツールを使うのも有効です。

業者に依頼する

便器に固形物が流れ込んでしまった場合、自力でつまりを取り除くのは相当大変です。
無理して自分で作業したことで、破損させてしまう危険もあります。
困った時は専門の業者に依頼しましょう。
トイレつまりの解消は1〜2万円程度が相場です。

固形物によってトイレつまりが起きたら無理せず相談しよう

いかがでしたでしょうか。
今回は固形物が理由でトイレつまりが発生した時の対処法を解説しました。

うっかり固形物を流してしまった時は、落ち着いて行動しましょう。
自力で固形物を取れない時は、「たうん水道修理センター」へご相談ください。