トイレタンクの水量が少ない3つの原因と対処法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレタンクの水量が少ない3つの原因と対処法

トイレタンクに水がたまりづらくなり、水量、水圧ともに弱くてなかなか汚物が流れず、イライラした経験はありませんか?

本記事では、タンクの水量が少ない原因と原因別の対処法について紹介します。
自分で修理する方法も解説しますので、業者に連絡する前にぜひチェックしてくださいね。

トイレタンクの水量が少ない3つの原因

トイレタンクの水量が少ないと、流す際の水量、水圧ともに弱くなってしまいます。
水量が少ない原因には大きく以下の3つが挙げられます。

  1. 止水栓
  2. ゴムフロート(フロートバルブ)
  3. 浮き球

それぞれについて見ていきましょう。

原因①止水栓

水量が少ない原因で、見落としがちなのが止水栓です。
点検や掃除の際に止水栓を閉めて、開け忘れていると水が出なくなります。

また、止水栓が充分に開けられていないと、水の流れが制限されてトイレタンクにたまりづらくなります。
トイレタンク内の水量が少ない時は、まず止水栓を確認してみましょう。

原因②ゴムフロート(フロートバルブ)

止水栓の次に確認すべきは、タンク内のゴムフロートです。

トイレタンク内の栓の役割を果たすゴムフロートが劣化していると、しっかりとタンク内の水をせき止められません。
常に便器内に水が流れ出ている、いわゆる水漏れの状態になってしまいます。

ゴムフロートが古くなっているかはどうか目で見ても分かりにくいため、実際にゴム手袋を着用した手で触れてみましょう。
ゴム手袋に黒いものがついたり、ひび割れを感じたりしたら、交換のタイミングです。

原因③浮き球

止水栓・ゴムフロートともに異常が無い場合は、給水量を調整しているボールタップの浮き球部分にひびが入っていたり、割れたりしていないかをチェックしましょう。

浮き球に異常があると、タンク内に水がたまりづらくなります。

トイレタンクの水量が少ない場合の対処法

水量が少ない場合に、自分でできる対処法を紹介します。
水道業者に連絡する前に、ぜひ試してください。

  1. 止水栓を開ける
  2. ゴムフロートを交換する
  3. 浮き球を交換する

順番に解説します。

対処法①止水栓を開ける

トイレの止水栓は、閉める時に回した回数と同じ分だけ回して開けるのが基本です。
開けすぎてしまうと、タンクから水が溢れてしまうおそれもあるので、注意しましょう。

止水栓の開き具合の調整方法

  1. タンクのフタを外して浮き球を手で押し下げる
  2. 止水栓を徐々に開く
  3. 水面がオーバーフロー管の上部1cm以内におさまるように止水栓の開き具合を調整する
  4. 浮き球から手を離す
  5. 水面がオーバーフロー管の先端から2~3cm以内かを確認する

2~3cm以内でない場合は、再度浮き球を手で押し下げて止水栓の開き具合を調整しましょう。

対処法②ゴムフロートを交換する

ゴムフロートが古くなったことにより、水量が少ない場合は取り換えが必要です。
ゴムフロート自体はホームセンターなどで購入できますよ。

交換の際はチェーンも一緒に交換しましょう。
ほとんどのゴムフロートはチェーンもセットにされて販売されています。

また、異なる種類のゴムフロートを購入してしまうと、取り換えられないおそれがありますので、購入の際はできるだけ現物を持っていった方が良いでしょう。

ゴムフロートやフロートバルブの交換手順

  1. 止水栓を閉める
  2. タンクのフタを外す
  3. タンク内の水をレバーを回して抜く
  4. 劣化したゴムフロートとチェーンを外す
  5. 新しいゴムフロートに取り換える
  6. 止水栓を開いて水を流す
  7. 問題が無ければタンクのフタを戻して交換完了

初めての方でもゴムフロートの交換はできますが、不安がある場合は業者に依頼しましょう。

対処法③浮き球を交換する

ボールタップの浮き球が要因で水量が足りないのであれば、ボールタップごと交換が必要です。
ボールタップもゴムフロート同様、ホームセンターなどで購入できます。

ボールタップの交換手順

  1. 止水栓を閉める
  2. タンクのフタを外すバーを回して水を抜く
  3. レバーを回してタンク内の水を抜く
  4. モンキーレンチを使ってナットを外す
  5. 古いボールタップを取り外す
  6. 新しいボールタップを取り付ける
  7. 止水栓を開いて標準水位で止まるかチェックする
  8. 問題が無ければタンクのフタを戻して取り換え完了

ボールタップはナットで留められている分、ゴムフロートを取り換えるより難しいです。
不安がある場合は業者に依頼して交換してもらいましょう。

トイレタンクの水量が少ない場合は部品を交換しよう

いかがでしたでしょうか。

トイレタンクの水量が少ない要因には、止水栓・ゴムフロート・浮き球の3つが多いです。
ゴムフロートや浮き球はホームセンターなどで購入できるので、ご自身でも取り換えられます。

もしも止水栓の調整やゴムフロート、浮き球の交換に不安がある場合は、お気軽に「たうん水道修理センター」までご連絡ください。