油が原因でトイレつまりが起きた場合の対処法|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

油が原因でトイレつまりが起きた場合の対処法

トイレつまりの原因にはさまざまなものがありますが、状況によっては油が原因でつまってしまう場合もあります。
トイレに油を多く含んだ食べ物を流してしまうと、つまりの原因になってしまうのです。

そこで今回は、油が原因でトイレつまりが起きた場合の対処法を紹介します。
トイレつまりでお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

油によってトイレつまりが起きる理由

食べ物やドレッシングなどに含まれている油は、水に溶けにくいことに加えて固まりやすい性質があります。
そのため、油を含んだ食べ物をトイレに流すと、排水管に油が付着することで水の通りが悪くなり、トイレつまりの原因になります。

特に、ラーメンの残り汁は多くの油が含まれており、つまりの原因になる可能性が高いため、
安易に流すことはやめましょう。

油が原因でトイレがつまった場合の対処法

トイレつまりが起こる場合は、さまざまな原因があるため、油によってつまりが起きていることを特定することは非常に困難です。

そのため、明確な原因が特定できなかった場合に、油が原因の1つとして予想されるときの対処法を紹介します。

手順①排水桝と屋外配管の状態を確認する

まずは、排水桝と屋外配管を確認してみましょう。
その際に、水が濁っている場合や悪臭がする場合は、油によるつまりが起こっていることが予想されます。

また、排水桝に白い物質が浮いている際は、油が固まった「オイルボール」と呼ばれるものである可能性が高いです。
オイルボールが浮いていることを確認できたときは、早めに排水桝を掃除をするようにしましょう。

手順②業者に依頼する

手順①で油の固まりを確認できた場合は、すぐに業者に掃除の依頼をすることをおすすめします。
排水桝や屋外配管の油のつまりが原因でトイレつまりが起きている場合は、配管の高圧洗浄という専門的な作業が必要になるためです。

油でトイレつまりが起きたら業者に依頼しよう

食べ物に含まれている油は排水管に付着しやすいため、トイレに流すとトイレつまりの原因になります。

油が原因でトイレつまりが起きていることが考えられる場合は、業者に依頼して高圧洗浄してもらうことをおすすめします。
トイレつまりにお困りの際は、「たうん水道修理センター」にご相談ください。