タオルによるトイレつまりを起こしやすい場面と簡単な直し方|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

タオルによるトイレつまりを起こしやすい場面と簡単な直し方

うっかりタオルやハンカチを流してしまい、トイレつまりを起こしてしまったことはありませんか?
タオルやハンカチなどの布製品は、便器に落としたことに気付きづらいためトイレつまりを起こしやすいです。

そこで本記事では、タオルやハンカチなどでトイレつまりを起こしやすいシチュエーションや直し方を紹介します。
タオルやハンカチなどの布製品を流して、トイレつまりを起こしてしまった方はぜひ参考にしてください。

タオルやハンカチなどでトイレつまりを起こすシチュエーションとは

タオルやハンカチなどでトイレつまりを起こすシチュエーションは、主に2つ挙げられます。

1つは、手を拭こうと出していたタオルを誤ってトイレに落とし、気づかずに流してしまう場合です。
特に、トイレで手を洗った後に使うタオルやハンカチなどは、小さいため落としたことに気付かないことがあります。

また、掃除中に誤ってレバーを引いてしまい、水と一緒に雑巾を流してしまうことも考えられます。
不安な方は、使用後や掃除の後に、便器のなかに物を落としていないか確認しましょう。

タオルやハンカチなどでトイレつまりを起こした場合の直し方

ここからは、タオルやハンカチなどで、トイレつまりを起こした場合の直し方を2つ紹介します。
つまっている場所によって対処法が異なるため、注意しましょう。

直し方①自分で取り出す

1つ目の直し方は、自分でトイレつまりを起こした物を取り出すことです。
便器内でタオルやハンカチがつまっているときは、自分で解決できる可能性が高いです。

つまっている物を取り出す際は、できるだけ水位を低くして、ゴム手袋や袋を使って取り出しましょう。
便器の少し奥にある場合は、割りばしを使うことも有効です。

また、自分で取り出す際は、つまりを解消するために強引に水を流すことはやめましょう。
便器から排水溝まで流れてしまい、排水溝でつまるリスクが高くなるので、自分で解決できなくなります。

直し方②専門業者へ依頼する

2つ目の直し方は、専門業者へ依頼することです。
便器に物が詰まっていない場合は、排水溝や別の場所でつまりを起こしている可能性が高いです。
こうなると、自分で解決することが難しくなるので、専門業者へ依頼することをおすすめします。

ただし、専門業者に依頼する際は、原因を確認してもらってから修理を依頼しましょう。

タオルでトイレつまりを起こしたら自分で解決するか業者へ依頼しよう

いかがでしたでしょうか?

タオルやハンカチなどの布製の物がつまってしまった場合は、自分で解決する方法と専門業者へ依頼する方法があります。
自分で解決する場合は、ゴム手袋を使うことや割りばしを使うなどして、便器でつまりを起こしていた物を取り出します。

つまりを起こしている場所が分からない場合は専門業者へ依頼するとよいでしょう。
その際はトラブルを防ぐため、あらかじめ見積もりを取っておくことをおすすめします。

専門業者へ依頼する際は、「たうん水道修理センター」をご利用ください。
迅速な対応を心がけておりますので、トイレつまりを起こした場合はぜひお気軽にご相談ください。