トイレつまりは放置しても大丈夫?トイレつまりの原因を確かめよう|東京・神奈川・千葉のトイレつまり・水漏れ修理|たうん水道修理センター

トイレつまりは放置しても大丈夫?トイレつまりの原因を確かめよう

「トイレの水が流れない」「なかから水が漏れた」など、日常では急なトラブルに悩まされることも少なくありません。
時間がなくすぐに対処できない時や、対処法がわからずどうすれば良いか分からない時など、放置してしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、トイレつまりを放置しても問題ない事例とダメな事例を取り上げます。
急なトイレつまりにお困りの方は、とるべき行動を見分けるための参考にしてください。

トイレつまりは放置してもいい?

一般的に、トイレつまりは流した物が蓄積したり、配管の途中でものが引っかかったりすることで引き起こされます。
そのため、トイレを安心して長く使うには、日々のお手入れと適切な使用をすることが欠かせません。

意外にも、つまりは放っておいても自然に解決することがあります。
ただし、放置して良いかどうかはその原因に左右されるので、原因を正確に突き止めることが重要です。

放置しても大丈夫なトイレつまりとは

基本的に、水・トイレットペーパー・人の排泄物などのトイレに流して良い物が原因で引き起こされたつまりは、放置しても支障ありません。

トイレットペーパーは、繊維の短い広葉樹でできたパルプが用いられている上、でんぷんが含まれているため、水に触れると溶けるので繊維同士がほぐれやすいです。
ただし、大量に流れ込んでしまうと、便器のなかにつまってしまう場合があります。

日本製のトイレットペーパーであれば、2〜3時間何もせず置いておくことで、ふやけて自然と流れる可能性が高いです。
しかし、海外製のものは水で分解不可能な物質が使われている製品もあるため、他の対処が求められます。

排泄物がつまりの原因と考えられる時も、1〜2時間放置してみましょう。
水に浸ることで排泄物が自然と柔らかくなり、流れやすくなります。

「流せるウェットティッシュ」や「流せるトイレブラシ」などは、場合によっては詰まってしまう場合があります。
トイレットペーパーと比べて分解に時間を要するため、半日〜1日程度そのまま様子を見ましょう。

つまりを放置しても直らない場合は、頑固なつまりが発生している可能性が高いので、ラバーカップで吸引したり、お湯でふやかしたりしてみるのも一つの手段です。

放置してはいけないトイレつまりとは

トイレットペーパーや排泄物以外の、流してはいけない物がつまっている時は、別の対処が求められます。
水に溶けない物質や固形物は放置しても柔らかくなったり小さくなったりせず、つまりが取れることはありません。
また、状況が悪化するリスクもあるため、正しく迅速な対処が不可欠です。

例えば、ティッシュペーパーは繊維が長く結束力が強い針葉樹のパルプでできている上、樹脂を混ぜ込んで繊維同士がほぐれにくくしています。
そのため、水に長時間浸かっても分解されないので、放置してはいけません。
また、オムツや生理用ナプキンは粘着力と吸水力があり、流すと便器の奥で膨らんで、陶器や配管内にくっついてしまう恐れがあります。
ラバーカップで吸い上げようとすると便器を傷つけるリスクが高いため、専門の業者に相談しましょう。

さらに、スマートフォンやブラシ・ボールペンなどの固形物を落としてしまった時は、排水管のカーブを曲がりきれずに引っかかっている恐れがあります。
目視できる位置で止まっている時は、ゴム手袋を装着して衛生面に注意しつつ手を突っ込んで取り出してみましょう。
見えないところで止まっている場合、放っておいても事態は変わりません。
ラバーカップやお湯を使っても解消できないため、すぐに業者に連絡するのが賢明です。

トイレつまりを放置すると悪臭が漂ったり、下の階へ水が漏れてしまったりする恐れがあります。
集合住宅やマンションにおいては、近隣住民に迷惑をかけてしまうため、すぐに管理人や業者に相談しましょう。

トイレつまりは正しい対処を

いかがでしたでしょうか。
今回はトイレつまりを放置して大丈夫な事例とダメな事例について取り上げました。
トイレつまりを放っておいても解決する可能性は限られています。
できるだけ早く原因を見分け、正しく対処しましょう。

放置したり、自力で対処したりしても解決されない場合は、「たうん水道修理センター」へご連絡ください。