自宅にあるハンガーで直せる!?トイレつまりを簡単に直す方法

トイレつまりは日頃の汚れの蓄積や異物の混入により急に発生します。
朝方や夜間では、つまりを解消できるお店や専門業者の営業時間外である可能性が高く、対処に困る方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、自宅にあるハンガーでトイレつまりを簡単に直す方法を紹介します。
トイレの不調が気になる方、ハンガーが本当に有効なのかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

トイレつまりはハンガーで直せる?

一般的にトイレつまりを自分で直す手段として挙げられるのが、ラバーカップ(スッポン)を使った方法です。
ラバーカップを排水口に押し当て、圧力を利用してつまっているものを吸い上げます。
しかし、ラバーカップを自宅に常備しておらず、買いに行く時間がない方もいるでしょう。
そこで、ラバーカップの代用品として使えるものが、針金のハンガーです。

パイプクリーナー(ワイヤーブラシ)が先端のヘッド部分でつまりを取り除くように、針金ハンガーでつまり部分に穴を開けて、水の通り道を作ります。
針金ハンガーは比較的軽い力で加工可能で、トイレつまりに対する一時的な応急処置に利用できます。

ほとんどの家庭に常備されていることから、誰でも簡単に使えるでしょう。
最近ではプラスチック製のハンガーが増えていますが、万が一の時に備えて針金製のハンガーを数本ご家庭に用意しておくことをおすすめします。

ハンガーはどんなトイレつまりに有効?

ハンガーは全てのトイレつまりに有効なわけではありません。

水に溶ける性質をもち、トイレに流せるものが原因の場合だけに効果を発揮します。
例えば、トイレットペーパーや人の排泄物が大量に流れた結果、つまりが起きてしまっている時は、分解させながら押し込めることで解消できるでしょう。

反対に、トイレに流せない固形物や水に溶けない物質が原因と考えられる場合は、注意が必要です。
例えば、生理用品やオムツは吸水性が高く、便器の奥や配管内で膨らむ可能性があります。
ハンガーで無理に押し込むとつまりをさらに悪化させ、大規模な工事が必要になるかもしれません。

また、おもちゃやボールペン・スマートフォンなどの固形物は、配管の曲がっている部分で引っかかるケースが考えられます。
その場合はハンガーで取り除くのは難しく、無理に取ろうとすると陶器でできたトイレを傷つけるリスクも大きいです。
場合によっては、特殊な除去剤や漂白剤を使う必要も出てきます。
原因となっている物質の特徴を正しく見分け、焦らずに適切な対処を心がけましょう。

トイレつまりをハンガーで直す方法

では実際に、ハンガーでどのようにつまっているものを取るのでしょうか。
準備するものや手順を見ていきましょう。

準備するもの

まずは、以下のものを準備します。自宅にある身近なものばかりです。

トイレつまりを直すために準備するもの

  • 針金ハンガー
  • ペンチ
  • バケツ
  • ゴム手袋や軍手
  • 新聞紙やビニールシート

手順

まずは、針金ハンガーを素手やペンチなどを使って加工します。
怪我をしないためにもゴム手袋や軍手を装着してください。
ハンガーの取手部分が邪魔であれば、切り落としても問題ありません。

全体を真っ直ぐに伸ばした後、片方の先端部分を丸めて輪っかを作りましょう。
輪っかはパイプクリーナーのヘッド部分のように、つまりを削ったり押し込んだりする役目を果たします。
また、円形にすることによって便器内部や配管を傷つけるリスクを抑えます。
輪っかの大きさは排水管を通れる程度に調整しましょう。

水が飛び跳ねる可能性もあるため、作業を始める前に床や壁を新聞紙やビニールシートで保護しておくのがおすすめです。
準備が整ったら、ハンガーの先端部分を便器の奥の配管の方へと差し込みます。
ゆっくりと上下左右に動かしながら、つまりの原因を探してください。
ハンガーがつまりの原因部分に触れたら、小刻みに動かしてゆっくりと削っていきます。
つまりが分解されると、徐々に水が流れるようになります。

ハンガーを取り出したら、バケツを使い便器に水を流してみましょう。
問題なく流れれば、トイレつまりは解消したと考えられます。

身近なもので手軽にトイレつまりを解決!

いかがでしたでしょうか。
今回はハンガーを利用したトイレつまりの解消方法について紹介しました。
トイレの構造は複雑で、少しの汚れの蓄積や異物の混入で、水が流れなくなってしまいます。
まずは原因を確かめてから、身近なもので対処してみましょう。

自力では難しい場合は無理に直そうとせず、業者に相談するのがおすすめです。
トイレつまりにお困りの方は、「たうん水道修理センター」へお気軽にお問い合わせください。