【横浜市青葉区修理事例】トイレのつまり

状態

横浜市青葉区から、トイレに生理用品を流してつまらせてしまった、という相談が入りました。

トイレは異物を誤って流してしまいがちな箇所で、異物を流すと、つまりの原因となってしまいます。

トイレがつまると、逆流したり異臭の原因となり、使えなくなると大変不便となるため、いち早く専門の水道業者に相談をすることをおすすめします。

原因

トイレがつまってしまった原因は、誤って生理用品を流してしまったことよるものでした。

1日に何度も使うトイレはうっかり異物を落としてしまい、いつもの癖で水を流してしまうことが少なくありません。

異物を流してしまうと詰まりやすくなり、トラブルとなります。 

また、放置しておくと不便ですので、できるだけ迅速な対応を要します。

修理方法

トイレは、生理用品を流したことによって詰まっているのが分かったので、いったんトイレを外して、原因となった生理用品を取り除くことによって、つまりを解消することができました。

古いトイレだったので、トイレを外してつまりを解消させた後、再びトイレを元の場所に戻す際に、パッキンの交換も併せて行いました。

修理の時のポイント

修理の際にトイレを外すことで、つまりを取り除きやすくしました。

また、古いトイレだったので、つまりを解消し、トイレを再度設置するときに、各部のパッキンを新しいものに取り換えることで、今後のトラブルを発生しにくくしました。

お客様の声

トイレの中に誤って生理用品を落としてしまって、うっかり流したことで、排水管をつまらせてしまったので、大変困って「たうん水道修理センター」に相談をさせてもらいました。

夜だったのですが、すぐに対応をしてもらい、つまりが解消しトイレが使えるようになったのでとても安心しました。

古くなったトイレのパッキンを新しいものにしてもらえたので、助かりました。

今後、何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

トイレのつまりの原因である生理用品を取り除くために、トイレを一度外して、作業を行いました。

つまりを解消しただけでなく、トイレは古いものでしたので、パッキンを新しいものに取り換えることで、耐用年数を延ばすことができてよかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA