【横浜市瀬谷区修理事例】洗濯排水のつまり

状態

横浜市瀬谷区にあるご家庭から、洗濯機を使うと水が上がってくるという相談、修理の依頼が入りました。

洗濯機からの汚れによる排水管がつまってしまうと、洗濯機を設置している洗濯板から水が逆流してしまい、水が上がるだけでなく、水浸しになることもあります。

個人で修理は難しいので、早めに専門の水道業者に相談してみることをおすすめします。

原因

今回、洗濯機を稼働すると、洗濯板のスレスレまで水が上がってしまった原因は、洗濯物から出た汚れが洗濯排水を通って排水管にたまり、固まってしまい、逆流をしたことによります。

洗濯機の洗濯板に排水が逆流すると、床が水浸しになるだけでなく、階下などに水漏れするトラブルにつながってしまい、甚大な被害となる可能性もあるので、迅速な対応を要します。

修理方法

洗濯機の洗濯排水が汚れでつまっていることが分かったので、一度洗濯機の下の洗濯板を取り外しました。そして、電動トーラーを排水管に入れ、先端のワイヤーで、つまりを解消することにしました。

排水口の掃除も念入りに行い、汚れを取り除きました。

つまりを解消した後は、洗濯板を元通りに置きなおし、洗濯機を設置しなおしました。

修理の時のポイント

洗濯板に水が逆流をした原因は汚れだと分かったので、電動トーラーでつまりを解消し、汚れを丁寧に掃除しました。

排水口は見えづらい場所にあるため、ごみが溜まっていても気づきづらいので、電丁寧に除去するようにしました。

お客様の声

洗濯機を使うと水が上がってくるようになり、毎日使うところなので困って「たうん水道修理センター」に相談しました。

すぐに原因を突き止めて、修理をして排水が流れるようになって安心しました。

洗濯機の排水のつまりは、普段の洗濯から出てきたゴミや汚れがたまりに溜まったものだと知って、びっくりしました。

すぐにつまりを解消してもらえて、排水口の掃除もしてもらえたのでよかったです。

今後も何かあった時には「たうん水道修理センター」さんへお願いしようと思います。

担当からの一言

洗濯物などから出た汚れが排水にたまって、固まりが詰まって逆流をした結果、洗濯板に水が上がってくることが分かりました。

電動トーラーでつまりを取り除き、排水口は見えづらい場所にあるので掃除も行いました。

最終的には、つまりも解消することが出来てよかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA