【川崎市麻生区事例】洗面台と洗濯排水の設置

状態

川崎市麻生区のご家庭から、洗面化粧台の設置と、洗濯用の排水を新たに設置するご依頼がありました。

買ったばかりの家で、内装と水回りのリフォームの一環ということでした。

何もないところに、新しく排水を設置するためには、慎重な作業をすすめることが必要となってきますので、専門の水道業者に相談をすることをおすすめします。

原因

今回は水漏れなどのトラブルが原因ではなく、依頼主が中古の家を購入したばかりで、内装などのリフォームの一環として、新しく洗面化粧台を設置し、洗濯のための排水も設置したい、というご依頼でした。

新しく排水管を設置するためには、専門的な知識が必要不可欠となりますので、慎重な対応が必要です。

修理方法

内装リフォームの一環として、新しく洗面化粧台と、洗濯用の排水菅の2か所の排水を、何もない場所に新しく設置するために、前もって、念入りな打ち合わせを何度も繰り返しました。

家の中の配管の位置を入念に調べた上で、慎重に作業をすすめ、ご希望どおりの場所に、洗面化粧台と洗濯用の排水を設置完了しました。

修理の時のポイント

現状何もないところに対しての作業なので、あらかじめ敷かれている配管の位置を間違えて作業を行うと、家全体に被害が及ぶような、大変なことになってしまいます。

そのため、工事の前に、念入りな打ち合わせをする 設置後をしっかり打ち合わせして間違えないように気を配りました。

お客様の声

中古の家を購入したので、新しい住まいでの暮らしを快適にするために、洗面化粧台と洗濯用の排水を新しく設置してもらうよう「たうん水道修理センター」に相談をさせてもらいました。

何度も打ち合わせをしてもらって、慎重に作業を行ってもらえたので、安心して洗面化粧台と洗濯機を使えるようになりました。

今後も、何かあった時には「たうん水道修理センター」に依頼しようと思います。

担当からの一言

今回は、リフォームの一環として新しく洗面化粧台を設置し、洗濯用の排水を設置するという作業を行いました。

事前に配管の位置を間違えないように打ち合わせて、慎重に作業し、ご希望通りの場所に排水管の設置できましたので、よかったです。

「たうん水道修理センター」では、24時間受付しており、水トラブル全般に対応しています。お困りの際は気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA